ローディング中

Loading...

パンを大量に書いすぎてしまってさぁ大変。食べられる量であれば冷蔵ですが、数日分はあると思ったら冷凍する方も多いはず。でも、その冷凍法、正しくやれてますか?また解凍できていますか?今回は冷凍したパンでもおいしく食べる方法をご紹介します。

食べきれないパンをどうしていますか 

パン屋さんでのおいしそうなパンや、スーパーでたくさんセールになって買いだめしたり、突然、たくさんのパンをいただいてしまったり……。
みなさんもそういうことが時々ありませんか?おいしくて頑張って食べても、賞味期限のことを考えると日持ちしそうになく、固くなり、カビが心配になったり。そういう時はどうしていますか?
冷蔵庫に入れる?それとも冷凍する?実はパンを冷凍するのはやり方をうまく守れば、驚くほど購入時に近いと思うほど、おいしくいただけるんですよ。ご存じでしたか?
今回は、パンの冷凍保存方法から、上手な解凍方法についてご紹介していきたいと思います。

冷凍方法

ラップに包んでから、ジップロックで密封

冷蔵庫に入れて保存するという考え方もありますが、フルーツやクリームを使ったパンを一時的に保管する以外は冷蔵庫に入れるのはオススメできません。冷蔵だと早く生地が劣化してしまいます。
パンを入手したら即決断!余りそうならすぐ冷凍すると考えておいたほうが新鮮においしくいただけます。まずはパンを小分けにします。食パンやロールパンでしたら1枚(個)ずつ、フランスパンや大き目のパンはスライスしてラップに包みます。あんパンやクリームパン、惣菜パンなども冷凍できますよ。
個別にラップにつつんだあとにジップロックなどのジッパー付き袋に入れ、乾燥を防いで空気に触れないようにするのがポイントです。空気をなるべく抜くようにするのがコツですのでジッパー袋は大きすぎない、パンの大きさにあったものを選んでくださいね。

解凍方法

パンの種類によって、適した解凍方法があり、よりおいしくいただくことが出来ますので覚えておくと便利です。

自然解凍(お弁当にオススメ)

サンドイッチがおすすめです!どのパンも基本的には食べる前日の冷蔵庫にいれて自然解凍させるのがベストですが、自然解凍にもっとも適しているのは、サンドイッチです。お弁当にもっていく時にオススメします。サンドイッチを冷凍するというイメージはあまりありませんが、具材を工夫することでとてもおいしいお弁当になります。
この場合は前日から冷蔵庫で解凍せず、朝、冷凍庫から出し、4~5時間後のお昼頃に丁度いい具合になっているはずです。具材ですが、冷凍に向いていない水気がでるものや冷凍すると極端に食感が変わってしまうような食材はNGです。
一番のオススメは固形でなく、ペースト状にできるもの。クリームチーズやジャム類、また、ハムや薄めにスライスしたチーズなどがいいようです。卵は調理する、かぼちゃやさつまいも(スイートポテトにする)のペーストなども向いています。

電子レンジの場合

トースターで焼く前の下準備に!特になかみのある総菜パン、菓子パン、厚みのあるパンに!電子レンジは単独で使うよりも、電子レンジで少しあたためてからトースターで焼くというように組み合わせて使うのがベスト。
具材がはいっているものなどにおすすめです。電子レンジの機能は全体に中まで均一に熱を通しますので、トースターでは熱が届かない部分をカバーしてくれます。電子レンジに長く入れすぎるとこちこちに固くなって食べれなくなりますので、10~30秒以内で一度様子をみてください。ラップを忘れずに!そのあと、トースターで少し焼いてみてください。
菓子パンはバターの多いものやクリームが入っているものなどは、自然解凍したあとにレンジにかけるなど、工夫してみてください。メロンパンや表面が砂糖でコーティングされたものは電子レンジでは、べたべたになってしまいますのでアルミホイルなどをかぶせてオーブントースターにどうぞ。

トースターの場合

薄くスライスした食パンやフランスパンなどにおすすめ!前述したように前夜に冷蔵庫にいれて自然解凍させておくのが一番失敗がありません。直接、凍ったまま、焼いてしまうと中まで熱が浸透せず、表面は焼けすぎ、中は凍ったままという悲惨な状態になることも。トースターの温度を低めにセットすれば大丈夫なこともあります。
厚みのあるクロワッサンなどは凍ったままの場合、あらかじめトースターを10分ほど空焼きし、スイッチはオフにしてから、パンを入れて数分おきます。ふっくらとおいしく出来上がります。少し焦がしたい場合はそのあとに作動させてください。
そのほか、パン生地だけのパンには霧吹きで水をスプレーしたあとにトーストするとおいしく焼けます。総菜パンや菓子パンにはアルミホイルをかぶせて低温でじっくりと10分ほど焼くといいようです。

フライパンの場合

食パンやスライスした薄めのパンに!ベストな方法はまずキッチンペーパーなどでパン全体を包み水分をとります。その後、電子レンジで1分ほど加熱(500wの場合・1~2枚で・ワット数やパンの枚数によって調節してください)し、何もひかないフライパンで弱火~中火でひっくり返して焼きます。

再冷凍はオススメしない

パンの種類によりおいしくいただける期間は、多少違いますが、どのパンも2週間~1ヶ月くらいは大丈夫です。それ以上たつと水気が抜けてしまったり、味が落ちてしまう可能性がありますので2週間前後を目安に食べきってください。
また一度、解凍したものは再冷凍はオススメいたしません。パンに限らず、すべての食品にいえることですが、食感が驚くほど変わってしまったり、微生物などの細菌繁殖の心配もあります。

冷凍パンでもパン♩おいしいおすすめレシピ

「ベーグルフレンチトースト苺添え」

卵、牛乳、砂糖を混ぜた液に冷凍ベーグルを半分にして一晩浸けおき、翌日、フライパンにバターをひいて焼きます。苺はグラニュー糖をまぶし、ラップをして電子レンジでコンフィをつくって完成。苺とクリームチーズを添えていただきます。

「サクサク♪パン耳ラスク」

冷凍された食パンの耳をオープン皿にならべて焼きます。フライパンにバターを熱し、グラニュー糖をくわえ、そこに焼いたパンの耳をからめます。再びオーブン皿にならべてオーブンで焼きます。

「フムスと余ったパンで作る簡単クラストdeお気軽ピザ 」

ひよこ豆のペースト(フムス)とパンをフードプロセッサーにかけます。ラップでひとまとめにして薄くのばして、クラフト風の生地をつくります。お好きな具材をのせてオーブンで焼き、パルメジャンチーズをかけて出来上がり。

「冷凍パンでおいしい☆ハンバーグ」

冷凍パンをじわじわと牛乳にひたして、ハンバーグへ活用するアイデア。ボリュームも出ますし、お子さんも喜ぶ簡単活用ですね。

冷凍してもおいしいパンをいただこう

いかがでしたでしょうか。冷凍したパンをおいしく食べる方法をご紹介しました。自然解凍から電子レンジ、トースターを使い分けることによっても違いがでますし、ハンバーグはとても活用しがいがありますよね。せっかくのおいしいパンをいつまでも、おいしくいただきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

たまごかけご飯をはじめ、出汁巻きやオムライスなど、何かとたまご料理が大好きな日本人。しかし、商品やお店によって「卵」と表記されているものもあれば「玉子」と書かれていたりなど、バラバラですよね。これらはいったい…

スイーツ ドーナツ パン

ひとことで子ども用のおもちゃと簡単には侮れないアイテム「スクイーズ」。本物そっくりで触るとなんともいえない感触に癒やされるこの不思議な物体は、種類もさまざまで、自分でも作れるとあって、小学生から大人女子にまで…

夏はもちろん、秋冬にも食べたくなるアイスクリーム。風邪をひいたときにも食べてもよいのでしょうか?風邪のときに食べると得られる効果やその注意点など、真相を詳しくご紹介します。意外にも喉が腫れたときにもおすすめな…

スイーツ パン

今年も「ベストお取り寄せ大賞」の発表の季節がやってきました!macaroni編集部も審査員として参加。2016年のお取り寄せグランプリに輝くのは一体?さらに10周年を記念して、雑誌CREAとコラボしたムック本…

サンドイッチ 大阪 パン

大阪には意外にもおしゃれなサンドイッチのお店がたくさんあるんです。栄養バランス・具のボリューム・パンの生地でさえもこだわりを持つお店ばかりです。この記事では大阪でおいしいサンドイッチが食べられるベーカリーや専…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

バター まとめ

最近は深刻なバター不足...スーパーの棚からバターがなくなったなんて話も耳にしますが、じゃあバターの代用品になる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバター代わりの食材についてお話したいと思います。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

ほっと一息つきたいときに飲みたくなるスターバックスのコーヒー。そんな癒しに満ちたあの味、家庭でも味わえるってご存知ですか?今回は、多彩にそろったスターバックスの家庭用コーヒーをみんながどんな風に楽しんでいるの…

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

ふりかけ

お菓子メーカーのコイケヤからご飯にかけるスナック菓子が登場しています。様々なふりかけを手掛けるニチフリ食品株式会社とコラボレーションし、カラムーチョやすっぱムーチョ、スコーン和風バーベキュー味、ドンタコスのふ…

寿司

2月といえば節分の季節ですよね。「鬼は外!福は内!」と、豆をまくのが恒例のご家庭も多いと思います。そこで今回は節分におすすめのアイデアレシピのご紹介。恵方巻きにも使えるかわいい鬼の飾り巻き寿司のアイデアを、ま…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...