ローディング中

Loading...

パンが余りすぎて冷凍したい!という皆さんに、冷凍パンをおいしく食べられる解凍方法をご紹介。レンジやトースターなど、パンの種類やシーンに合わせた解凍の仕方があるので、ぜひ試してみてくださいね。冷凍しても解凍次第でフワフワ感が楽しめますよ。

解凍次第でおいしくなる冷凍パン

パン屋さんでのおいしそうなパンや、スーパーでたくさんセールになって買いだめしたり、突然、たくさんのパンをいただいてしまったり……。
みなさんもそういうことが時々ありませんか?おいしくて頑張って食べても、賞味期限のことを考えると日持ちしそうになく、固くなり、カビが心配になったり。そういう時はどうしていますか?
冷蔵庫に入れる?それとも冷凍する?実はパンを冷凍するのはやり方をうまく守れば、驚くほど購入時に近いと思うほど、おいしくいただけるんですよ。ご存じでしたか?
今回は、パンの冷凍保存方法から、上手な解凍方法についてご紹介していきたいと思います。

余ったパンの冷凍方法

ラップに包んでから、ジップロックで密封

冷蔵庫に入れて保存するという考え方もありますが、フルーツやクリームを使ったパンを一時的に保管する以外は冷蔵庫に入れるのはオススメできません。冷蔵だと早く生地が劣化してしまいます。
パンを入手したら即決断!余りそうならすぐ冷凍すると考えておいたほうが新鮮においしくいただけます。まずはパンを小分けにします。食パンやロールパンでしたら1枚(個)ずつ、フランスパンや大き目のパンはスライスしてラップに包みます。あんパンやクリームパン、惣菜パンなども冷凍できますよ。
個別にラップにつつんだあとにジップロックなどのジッパー付き袋に入れ、乾燥を防いで空気に触れないようにするのがポイントです。空気をなるべく抜くようにするのがコツですのでジッパー袋は大きすぎない、パンの大きさにあったものを選んでくださいね。

レンジ以外も!冷凍パンの解凍方法

パンの種類によって、適した解凍方法があり、よりおいしくいただくことが出来ますので覚えておくと便利です。

自然解凍(お弁当にオススメ)

サンドイッチがおすすめです!どのパンも基本的には食べる前日の冷蔵庫にいれて自然解凍させるのがベストですが、自然解凍にもっとも適しているのは、サンドイッチです。お弁当にもっていく時にオススメします。サンドイッチを冷凍するというイメージはあまりありませんが、具材を工夫することでとてもおいしいお弁当になります。
この場合は前日から冷蔵庫で解凍せず、朝、冷凍庫から出し、4~5時間後のお昼頃に丁度いい具合になっているはずです。具材ですが、冷凍に向いていない水気がでるものや冷凍すると極端に食感が変わってしまうような食材はNGです。
一番のオススメは固形でなく、ペースト状にできるもの。クリームチーズやジャム類、また、ハムや薄めにスライスしたチーズなどがいいようです。卵は調理する、かぼちゃやさつまいも(スイートポテトにする)のペーストなども向いています。

電子レンジの場合

トースターで焼く前の下準備に!特になかみのある総菜パン、菓子パン、厚みのあるパンに!電子レンジは単独で使うよりも、電子レンジで少しあたためてからトースターで焼くというように組み合わせて使うのがベスト。
具材がはいっているものなどにおすすめです。電子レンジの機能は全体に中まで均一に熱を通しますので、トースターでは熱が届かない部分をカバーしてくれます。電子レンジに長く入れすぎるとこちこちに固くなって食べれなくなりますので、10~30秒以内で一度様子をみてください。ラップを忘れずに!そのあと、トースターで少し焼いてみてください。
菓子パンはバターの多いものやクリームが入っているものなどは、自然解凍したあとにレンジにかけるなど、工夫してみてください。メロンパンや表面が砂糖でコーティングされたものは電子レンジでは、べたべたになってしまいますのでアルミホイルなどをかぶせてオーブントースターにどうぞ。

トースターの場合

薄くスライスした食パンやフランスパンなどにおすすめ!前述したように前夜に冷蔵庫にいれて自然解凍させておくのが一番失敗がありません。直接、凍ったまま、焼いてしまうと中まで熱が浸透せず、表面は焼けすぎ、中は凍ったままという悲惨な状態になることも。トースターの温度を低めにセットすれば大丈夫なこともあります。
厚みのあるクロワッサンなどは凍ったままの場合、あらかじめトースターを10分ほど空焼きし、スイッチはオフにしてから、パンを入れて数分おきます。ふっくらとおいしく出来上がります。少し焦がしたい場合はそのあとに作動させてください。
そのほか、パン生地だけのパンには霧吹きで水をスプレーしたあとにトーストするとおいしく焼けます。総菜パンや菓子パンにはアルミホイルをかぶせて低温でじっくりと10分ほど焼くといいようです。

フライパンの場合

食パンやスライスした薄めのパンに!ベストな方法はまずキッチンペーパーなどでパン全体を包み水分をとります。その後、電子レンジで1分ほど加熱(500wの場合・1~2枚で・ワット数やパンの枚数によって調節してください)し、何もひかないフライパンで弱火~中火でひっくり返して焼きます。

再冷凍はオススメしない

パンの種類によりおいしくいただける期間は、多少違いますが、どのパンも2週間~1ヶ月くらいは大丈夫です。それ以上たつと水気が抜けてしまったり、味が落ちてしまう可能性がありますので2週間前後を目安に食べきってください。
また一度、解凍したものは再冷凍はオススメいたしません。パンに限らず、すべての食品にいえることですが、食感が驚くほど変わってしまったり、微生物などの細菌繁殖の心配もあります。
▼まるで焼きたて!?冷凍パンがおいしくなるリベイク法はこちら

冷凍パンでも美味!おすすめレシピ4選

サクサクきな粉パン

9等分にカットした食パンを温めておいた油に入れ、中火〜弱火で片面1分ずつ焼きます。きな粉、砂糖、塩を混ぜておき、お皿の上で揚げ焼きした食パンにまぶして完成です。

絶品ふっくらハンバーグ

耐熱皿にみじん切りにした玉ねぎ、バターを加えて、レンジで温めます。冷凍食パンをすりおろし器で削り、牛乳に浸します。ボウルに合挽き肉、下処理したたまねぎ、パン粉、卵、マヨネーズ、塩こしょうを入れ、混ぜ合わせます。

ハンバーグの形に成形し、フライパンで両面こんがり焼いて、蓋をして弱火で8分加熱します。お好みでチーズをのせてできあがり!

「フムスと余ったパンで作る簡単クラストdeお気軽ピザ 」

ひよこ豆のペースト(フムス)とパンをフードプロセッサーにかけます。ラップでひとまとめにして薄くのばして、クラフト風の生地をつくります。お好きな具材をのせてオーブンで焼き、パルメジャンチーズをかけて出来上がり。

「冷凍パンでとろーりパングラタン」

冷凍パンをレンジで20秒加熱しておきます。パンとソーセージは食べやすい大きさに、玉ねぎは薄切りにしておきます。沸騰させたお湯に玉ねぎ、ソーセージを中火で茹で、牛乳とコンソメの素を入れ、煮溶かします。

カットしたパンを入れてスープを吸わせ1〜2分煮込みます。グラタン皿に移し、チーズをトッピングしたら、余熱しておいたトースターで5分ほど焼いてできあがり。

上手に解凍しておいしいパンを食べよう

いかがでしたでしょうか。冷凍したパンをおいしく食べる方法をご紹介しました。自然解凍から電子レンジ、トースターを使い分けることによっても違いがでますし、ハンバーグはとても活用しがいがありますよね。せっかくのおいしいパンをいつまでも、おいしくいただきましょう。
▼知っておくと便利!冷凍保存で賢くクッキングしよう♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

自宅で晩酌する際も、外食する際も、サワーはとても人気のあるお酒の一つです。そもそもサワーとはどんなお酒なのでしょうか?チューハイ、ハイボールと何が違う?サワーにまつわるさまざまな疑問についてお伝えします。

パン

カリッとした香ばしさと具材の旨味を堪能できる、イングリッシュマフィンレシピをご紹介します!サンドやトーストに使用するとおいしい具材や、基本的な食べ方、さらに人気のアレンジレシピがずらり。ワンプレートに盛り付け…

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

パン

横浜赤レンガ倉庫前イベント広場で開催される「パンのフェス2017」に、東京・汐留のブーランジェリー タテル ヨシノ プリュスから、フォワグラを使った「ブリオッシュ オ フォワグラ」が登場!世界三大珍味を使用し…

スイーツ パン ホテル ハロウィン

パレスホテル東京のペティスリーショップ「スイーツ&デリ」が、キノコや栗をふんだんに使ったブレッドや洋梨のスイーツを発売!10月からは、ハロウィンキャラクターをモチーフにした、思わず笑みを誘うユニークなスイーツ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ 花見 お弁当 まとめ

春はお花見の季節です。お弁当やお酒、料理を持ち寄る機会も増えることと思います。そこで、今秘かにブームな粋でかわいい風呂敷を「5」つご紹介!お酒の瓶や弁当箱など、どんなものでも一枚で包めて安定感抜群!分かりやす…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

唐揚げ レシピ

カラリと揚げたジューシーな唐揚げは、みんなが大好きなおかずの代表格。でも、揚げ物って結構手間がかかって大変だったりしますよね。そこで今回は、揚げない唐揚げのレシピをご紹介したいと思います。少ない油で簡単に唐揚…

レシピ まとめ

りんごを余らせてしまうこと、ありますよね。そんな時におすすめしたいのがコンポート。レンジで簡単に作れる上に、保存しやすくなりますよ。今回は基本の作り方から、コンポートを使ったアレンジレシピまでご紹介!余ってい…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る