ローディング中

Loading...

「レーベンブロイ」というビールをご存じですか?ビール大国であるドイツでは、伝統ある銘柄として知られているのですが、その名前を初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなレーベンブロイの魅力について、たっぷりとお伝えします!

ドイツ伝統のビール「レーベンブロイ」

みなさんは、ドイツビールと言えばどんな銘柄を思い浮かべますか?
ビール大国であるドイツには、本当にさまざまな種類が出回っています。ビール好きの人なら、一度は訪れてみたい国なのではないでしょうか。

今回は、数あるドイツビールのなかから、「レーベンブロイ」という銘柄をご紹介したいと思います。聞いたことがある人も、そうでない人も、きっとこの記事を読み終わるころには、レーベンブロイが飲みたくなっていること間違いなしです!

「レーベンブロイ」とはどんなビール?

レーベンブロイは、ドイツ・ミュンヘンの「レーベンブロイ社」から生産されている銘柄のひとつです。ドイツには、「ビール純粋令」というビールに関する法律が設けられているのですが、それに基づき、麦芽・ホップ・水のみで造られている、伝統的なミュンヘン式のビールなんですよ。

レーベンブロイ誕生の歴史

レーベンブロイが誕生したのは、今から600年以上前の1383年のこと。ドイツにあったホテル「Zum Löwen(獅子の宿屋)」の主人が生み出したのがはじまりとされています。それ以降、ミュンヘン発のビールとして、世界各国のビール愛好家にした親しまれるようになりました。

レーベンブロイは日本でも生産されている

ミュンヘン発のドイツビールであるレーベンブロイですが、なんと日本でも生産されているのです!1983年からアサヒビールがライセンス生産をおこなっており、手軽に本場の味を楽しめるというのは、かなり嬉しいですよね。

もちろん、伝統的な造り方はアサヒビールにも受け継がれており、副原料は使用せずに生産されています。本格的なビールを、楽しんでみませんか?

気になるレーベンブロイのお味は?

濃厚な苦味

先述のとおり、ドイツのビールに関する法律「ビール純粋令」で、原料は麦芽・ホップ・水・酵母のみと定められているので、純粋に麦芽とホップの苦みと、濃厚な味わいを楽しむことができます。

どんなビールよりも「ビールらしい」味わいのするレーベンブロイが、ビール愛好家の人たちから愛されている理由は、そこにあるのかもしれませんね。

しっかりとしたコク

レーベンブロイならではの苦味と、爽快な炭酸の刺激のあとに感じるのは、しっかりとした麦のコク。これぞ、ただ苦いだけでないドイツビールの真髄とも言えるでしょう!麦芽とホップの風味をストレートに堪能できるビールは、まさに至福ですよね。

なめらかな口当たり

レーベンブロイを語る上で欠かせないのが、そのすっきりとしたのどごしと、まろやかなコクやキレの絶妙なバランス。口当たりはなめらかなので、思わずスイスイ飲んでしまいそう!その飲みやすさも、世界的に人気となる理由のひとつなんですね。

レーベンブロイのアルコール度数

一般的に、ビールのアルコール度数は5%前後とされています。レーベンブロイも例に漏れず、およそ5%ほど。お酒をあまり飲まない人にとっては、すこし強いと感じるかもしれませんが、特別強いというわけでもないので、機会があったらぜひ飲んでみてください。

もちろん、アサヒビールにて国内ライセンス生産されているレーベンブロイも、アルコール度数5%ほど。きちんと、本場の造り方を受け継いでいることが分かりますね。

自宅でドイツビールを堪能!

レーベンブロイ 缶タイプ

http://macaro-ni.jp/34137

出典:www.amazon.co.jp

レーベンブロイ 350ml缶×24本

¥4690

Amazonで購入
レーベンブロイ社の伝統的な醸造法にしたがって、アサヒビールが国内でライセンス生産している製品です。麦芽100%ならではの芳醇な香りと、まろやかなコクを手軽に味わうことができます。缶タイプなので、ふたを開けるときにプシュッと小気味いい音が。それも、おいしく味わうためのひとつのスパイスになりますよ。

レーベンブロイ 瓶タイプ

http://macaro-ni.jp/34137

出典:www.amazon.co.jp

レーベンブロイ 334ml 瓶×12本 【ドイツビール】

¥2400

Amazonで購入
アサヒビールが国内でライセンス生産している製品の、瓶タイプです。本場のような雰囲気で、瓶からそのまま飲むのが好きな方におすすめ。同じビールでも、缶で飲むのと瓶で飲むのとでは、すこし味わいが違ってくるかも……?飲み比べしてみるのもいいですね!

レーベンブロイの魅力、伝わった?

いかがでしたでしょうか。
世界のビールのなかでも、王道中の王道とされる「レーベンブロイ」は、ぜひドイツグルメの定番であるハムやソーセージと一緒に味わっていただきたいです。ビールからほんのり香る麦芽とホップのフレーバーが、スモーキーなハムやソーセージと絶妙にマッチしますよ。やはり、ドイツビールにはドイツのおつまみがぴったりです。

レーベンブロイは、普段外国のビールを味わう機会があまりない人も、日本のビールと味の系統が近いので、初めて飲んでも抵抗なく飲みすすめられる味。ぜひ、いつもとちょっと違うビールを飲みたくなったとき、レーベンブロイを選んでみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

東京ミッドタウンで、開業10周年を記念したイベント「東京ミッドタウン テンスアニバーサリー エンニチ)」が3日間限定で開催されます。クラフトビール祭、デジタル屋台などコンテンツが盛りだくさん!ぜひ足を運んでみ…

ロサンゼルス アイスクリーム

ロサンゼルスのダウンタウンにあるお店「リトルダメージ」。いまそこの『ゴスアイスクリーム』が全米のメディアに取り上げられて話題沸騰!漆黒のゴスアイスクリームを求めて連日長蛇の列ができるお店の情報や、人気のゴスア…

コーヒー

『スターバックス コーヒー 東京ミッドタウン店』がリニューアル。「空間」「商品」「サービス」のいずれをも最も優れたかたちで取り揃えられており、国内のスターバックスの中で“最高峰のコーヒー体験&rd…

スイーツ 食べ歩き

カリフォルニアからまたまた進化系スイーツが登場しました!その名も「ワッフルポップ」。カラフルにデコレーションされたワッフルポップは、フォトジェニックな見た目でSNSでも大人気なんです。そんなワッフルポップの魅…

神戸 ビアガーデン

神戸メリケンパークの新たなランドマークとして、食と自然とカルチャーを発信するカフェレストラン「フィッシュインザフォレスト」にて屋内ビアガーデンが開催されます。近郊野菜や季節の素材が使われたデリや窯焼き料理が楽…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チョコレート スイーツ まとめ

こんなのあるの!?と思われるようなちょっと変わったチョコをプレゼントして差別化をはかるのはどうでしょうか。

蒲田 餃子 中華 まとめ

蒲田の餃子は栃木県出身の僕も侮れないと思ってます。 ちなみに歓迎という蒲田のお店で餃子10人前を一人で食べたことがあります(笑)

食べ歩き 鎌倉 デート お土産 まとめ

鎌倉で寺社仏閣などを見るのは大きな楽しみのひとつですが、欠かせないのはグルメ。特にスイーツには目がない!なんて人も多いですよね。今回はそんな鎌倉で食べ歩きをするときにおすすめの「小町通り」の人気商品をご紹介。…

調味料 まとめ

みなさんご存知「伯方の塩」。もはや塩の代名詞といっても過言ではないぐらいの知名度ですよね。ところで、「伯方の塩」の原産地を知っていますか? 伯方でしょって? いやいや、違うんですよ。なんと生産地は意外すぎるあ…

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

ホワイトデー 和菓子 スイーツ まとめ

もうすぐホワイトデーですね♡男性の皆さんは特に何をお返しするか悩むのではないでしょうか?チョコなどは定番ですが、ここはあえての和菓子にしてみてはいかがでしょう?今回は絶対喜ばれそうな和菓子を3つご紹介します♫

群馬 お土産 まとめ

群馬県で購入するおすすめのお土産をご紹介します。名産品のこんにゃくやお菓子、大福など見た目がかわいく、センス抜群のお土産がずらり!世界遺産にもなった富岡製糸場、素晴らしい自然の尾瀬や榛名山、伊香保温泉などで遊…

お弁当 まとめ

今お弁当のアイデアがぎゅっとつまっているのがインスタグラム。その中でも特に「seiko_sato」さんのお弁当のアイデアが素晴らしかったので注目。一体どの様なアイデアにあふれているのでしょうか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

ハンバーガー

現在も期間限定で行われている「マックフライポテト全サイズ150円」のキャンペーン。ポテト好きとしては嬉しいのですが、何だかついこないだもやっていたような気が…どうして年に何回もこのキャンペーンは…

マヨネーズ 調味料

世界一マヨネーズを消費する国ってどこだと思いますか?意外や意外、それはロシアだったんです!でも全然マヨネーズのイメージってないですよね。なんでもロシアの気候が関係しているんだとか。そこで今回は、世界一のマヨネ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...