世界中で愛されるシャンパーニュメゾン「テタンジェ」。飲んでおくべき1本はどれ?

「テタンジェ」といえば、シャンパーニュを代表するメゾン。フランスはもちろん、世界中の高級レストランに、そのシャンパンは置かれています。そんな、多くのファンに愛されているテタンジュがどれだけ魅力的か、そのワインとともにご紹介しましょう。

テタンジェとは?

テタンジェは、テタンジェ家がオーナー兼経営者を務める大手シャンパーニュメゾンです。

第一次世界大戦(1914~18年)後に1734年創業のフォレスト・フルノー社を買い取り、シャンパン事業に進出しました。1930年ごろからテタンジェのブランドでシャンパンを売り出しています。ファミリー経営のメゾンならではの、伝統を受け継いだシャンパンは、その高い品質で世界中から愛されています。

テタンジェのシャンパンの特徴

テタンジェは、288ヘクタールの広大なぶどう畑を保有し、自社で手入れしています。テタンジェが消費するぶどうの半分は、自社のぶどう畑で賄われていますが、残りの半分は、長期的に契約しているワイナリーや協同組合から、選びぬいたワインとぶどうを購入しています。

テタンジェのぶどう畑は日当たりがよく、「白い丘」と呼ばれる石灰質の土壌です。栽培するぶどうの品種のほとんどはシャルドネ。この地でできるワインはミネラルを豊富に含み、繊細でフレッシュな香り、白花・柑橘系のニュアンスをもった味わいが特徴です。

シャルドネは長期熟成に最適な品種であり、空気のように軽いと評され、高品質で上品なワインに仕上がります。熟成が進むと、繊細さを保ちながらブレッド&バター風味のニュアンスに変化していきます。

テタンジェのシャンパンの秘けつは、ブドウ畑と石灰質のセラー(熟成室)にあるといわれています。セラーは白亜紀の石灰石が切り出された地下洞窟で、修道院の地下礼拝堂でした。涼しい気温と湿度が適度に保たれるため、最高に熟成されたシャンパンができあがります。

テタンジェの価格帯

テタンジェの販売代理店であるサッポロビール(株)の参考小売価格
ブリュット レゼルヴ 6,700円(税抜き)
ノクターン 8,000円(税抜き)
プレリュード 9,500円(税抜き)
コントドシャンパーニュ 22,000円(税抜き)
ロゼ 9,000円

※すべて750mmℓ。販売店によって価格は変動します。

テタンジェのおすすめシャンパン

テタンジェ ブリュット レゼルヴ

多くのメゾンでは、発酵させた新しいワインや倉庫に保管しておいたリザーブのワインをブレンドします。数十種類のワインをブレンドしているメゾンもあります。ブレンド技術の高いメゾンは必然的に安定したシャンパーニュを供給できますので、互いに切磋琢磨している技術です。

ブリュット レゼルヴは複数のワインをバランスよくブレンドし、瓶内2次発酵後、セラーで3年以上熟成させています。シャルドネ種の使用比率を高くしていますから、優れた芳香が広がり、エレガントでバランスのとれたフレッシュな味わいに仕上がっています。さらに、軽快な口あたりと喉ごしから、寿司や刺し身など日本食にも合うと言われています。

ブリュット(Brut) は糖分の分類名称のひとつで、糖分添加量の少ない辛口という意味です。世界的に辛口のシャンパンが主流となっていますので、消費されるシャンパンの90%以上がブリュットです。

テタンジェノクターン

味による分類でノクターンは「セック」(半甘口)に分類されます。ほのかな甘みのあるシャンパーニュです。長い熟成の後、ドザージュ(補糖)とよばれる最後の工程で「門出のリキュール」を添加し、なめらかで柔らかく、成熟した芳醇な味わいに仕上げています。

あと口は甘美なフレーバーにあふれており、ノクターン(夜想曲)を連想させる味わいです。

テタンジェプレリュード

特級畑「グラン・クリュ」で栽培されたぶどうだけを使用。シャルドネとピノ・ノワールの2種類をブレンドして作られている、ブレンド技術の粋を集めたシャンパーニュです。

デリケートでクリーミーな泡がリズミカルにスパークリングし、口の中で音楽を奏でているかのような感覚が広がります。

ブレンドは元の性質以上の特性を引き出し、まったく別の独創的なワインを造り出す技術。今後も発展を続ける技術という意味も含め、プレリュード(前奏曲)と名付けられたのでしょう。

テタンジェコントドシャンパーニュ

最高級のシャルドネが収穫できた年に、シャルドネだけを使って作られ、約10年かけてゆっくり熟成されます。最初にフレッシュで洗練された果実味があり、熟した果実の香りが続きます。口に含むと、滑らかで生き生きとしており、グレープフルーツとかすかなスパイスの風味がする洗練された味わいが特長です。

なんとも繊細で、品が良すぎるぐらい品がよいと評されています。名前は、十字軍の遠征からシャルドネの祖となる苗木を持ち帰ったシャンパーニュ伯爵ティボー4世に敬意を表して名付けられています。

テタンジェロゼ

特集

SPECIAL CONTENTS