ローディング中

Loading...

いつもの料理にぎゅっとかけるだけで、その料理がますますおいしくなる「カボス」。でも今あなたがしぼっているのは本当にカボス?それともすだち?カボスとすだちの違いから、カボスの保存方法、カボスを使ったおすすめレシピをご紹介します。

料理をさらにおいしくする「カボス」

そっと添えてあるだけで、料理の格がワンランクアップするカボス。天ぷらなどの揚げ物には味をやわらげてくれたり、焼き魚においては生臭さを消してくれたりと、料理の味を引き立ててくれる名脇役ですよね。

そのほか、胃液の分泌を正常化してくれる作用もあるため、胃の弱い方や食欲不振の時に食欲を増進させてくれる効果もあるのだとか。さらに、カボスにはビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、美容と健康にとっても良いヘルシーフードなんですよ。

カボスの特徴、名前の由来

カボスはゆずの近縁種で枝には鋭い刺があり、翼葉は大きく、緑色のうちに収穫されます。熟してくると黄色くなり、酸味が落ちてしまうそうです。

原産地はヒマラヤ地方で、日本には醍醐帝のころに渡ってきたと言われています。竹田の岡藩や臼杵の稲葉藩で、自家用・医療用としても庭先栽培されていたようです。

カボスの語源は、昔はその皮を刻んで蚊いぶしに用いられたことから、「蚊いぶし」がなまって「かぶす」になり、「かぼす(カボス)」になったとする説が、もっとも有力とされています。

カボスとすだちの違い

ところで、カボスとすだちの違いってご存じですか?カボスもすだちも緑色の柑橘類で、どちらも薬味として使うので、お店で出てきたときにこれってすだち?カボス?とわかってない方も多いのではないでしょうか。

そんな見ためも風味もよく似ているカボスとすだちですが、一番わかりやすい違いはその「大きさ」だったのです。

カボス

・テニスボール大(150g)
・大分県産がほとんど
・上品な香り
・酸味が弱め

すだち

・ゴルフボール大(40g)
・徳島産がほとんど
・清々しい香り
・酸味が強め
このように、実際に比べてみるとその違いは歴然で、見分け方は大きい方がカボス、小さい方がすだちです。どちらもビタミンCが多く含まれている果物で、酸っぱいのが特徴ですが、カボスの方が酸味が少し弱め。

料理以外にも!カボスの上手な使い方

カボスと言えば、やはり生のままぎゅっとしぼるのが定番ですね。刺身や焼き魚等の薬味としてかけると、独特の豊かな香りで素材の持つ風味を損なうことなく、料理の味をぐんと引き立ててくれます。ほかにも皮をあしらえたり、スライスして使用することもできますし、鍋料理のポン酢や、酢の物等に使ってもおいしいです。

カボスの名産地である大分県では、味噌汁やうどんなどの麺類、焼酎などにも少し果汁を垂らして風味を付けることもあるそうですよ。お味噌汁にカボスとはびっくりですね。しぼって入れてもいいですし、皮を削ってそのまま入れるもの良いそうです。意外な組み合わせに感じますが、カボスの酸味と味噌の風味が相性バツグンなのだとか。一度試してみたいですね。

カボスの上手な切り方

まずは、切る前にカボスをまな板の上でコロコロと転がします。このときに少し力を込めて転がすと、あとでしぼりやすくなります。カボスを切る際はまず横半分に切り、それをさらにくし形に切ります。そうすることによって、しぼる際にカボスの果汁が飛び散るのを防げるのです。

カボスの上手なしぼり方

果汁と風味を同時に楽しむためには、カボスの切り口を上向きにし、やや斜めにしてしぼるといいようです。この時、ぎゅっと力強くしぼるのではなく、じわじわとゆっくりしぼるのがポイントです。

ついついこういった柑橘系の薬味は切り口を下にしてしぼりたくなってしまいますが、上向きでしぼることによって外皮に含まれる香りも損なわずにすみます。それに、種が料理の中に落ちてしまうのも防げますね。

レモンやすだちなど、カボス以外の柑橘系薬味をしぼる際にも試してみてください。

料理以外の活用方法

使い終わったカボス、捨てるのはちょっと待って!

カボスはしぼったあともお掃除お風呂に活用できちゃうんです。よく、レモンやみかんを使ったお掃除方法が紹介されていますが、それと同じ方法でカボスも使うことができます。

しぼり終わったカボスを持って、直接汚れた台所のシンクを磨いたりもできますし、カボスをお湯で煮詰め、そのエキスでフローリングなどのお掃除にも使えます。クエン酸が多く含まれているので、カボスで磨くだけでピカピカにすることができますね。

ほかにも、手ぬぐいなどで包んだカボスをお風呂に浮かべてカボス風呂にすることもできます。カボスの香りに包まれて、いつもより贅沢なバスタイムを過ごしましょう。

カボスの保存方法

ポリ袋に入れて冷蔵庫

果実をそのまま保存するのであれば、ジップロックなどに密封して冷蔵庫に入れておけば1ヶ月ほど持ります。ただし、カボスが黄色くなってしまう前に使いきりましょう。熟してしまうと酸味が抜けてしまい、せっかくの風味が損なわれておいしくなくなってしまいます。

また、切ったものを保存する際は断面にしっかりとラップをして冷蔵庫に入れておきましょう。

果汁をしぼってビン保存

しぼってから保存するのであれば、熱湯消毒したビンの中に少量のお酢とともに保存することで長持ちさせることができます。これなら、いちいちしぼる手間もなくなりますし、レモン汁のような要領で使うことができますよ。

冷凍保存

しぼった果汁を製氷皿に入れて冷凍保存すれば、1年ほど保存することもできます。その際は、種をしっかり取り除いてくださいね。製氷皿で冷凍すれば、使いたいときに使いたい分だけ取り出せて便利です。

カボスを使ったおすすめレシピ5選

それでは、カボスを使ったオススメレシピをご紹介したいと思います。

1.カボスゼリー

カボスの果汁に砂糖と寒天を加えるだけで作れる、とってもシンプルなカボスゼリー。普通の容器に入れて作ることもできますが、せっかくだからカボスを繰り抜いて容器にしたらおしゃれさも香りもアップします!

2.カボスシロップ

梅シロップなどと同じ要領で作ることができるカボスシロップ。お水やソーダ、お酒でお好みの濃さで飲んでみてくださいね。梅で作るシロップよりもカボスのシロップのほうが、氷砂糖が早く溶けるので、すぐ飲めるようになるのもうれしいところです。

3.自家製ポン酢

鍋物や魚料理、豆腐料理などに欠かせないポン酢。おうちでも作れるってご存じでしたか?
意外と簡単に作れてしまうので、ぜひカボスが大量に手に入ったら挑戦してみたいですね。自分で作れば、お好みの味に調整できますよ。

4.トマトのカボスおろし

晩ご飯のおかずにあと一品、というときに簡単に作れてしまう料理です。さっぱりとしたトマトとカボスの酸味が、食欲をそそります。いつもは料理に添えられている大根おろしも、これなら立派な副菜としていただけますね。

5.カボスビール

ビールにカボス!これは合いそう……!
作り方も簡単、お好きなビールにカボスをしぼっていれるだけ。カクテル気分も味わえそうですね。いつものビールに少し刺激がほしいときに、ぜひお試しください。

カボスの風味の虜に!

いかがでしたでしょうか。

そもそもカボスってどういうものなのか、すだちとはどう違うのか、その上手なしぼり方からカボスを使ったレシピまでご紹介させていただきました。

今までは、お店で出てきた緑色の柑橘類を何気なくしぼっていたと思いますが、今度からはまずはそれがすだちなのかカボスなのか、というところから気にしてみてください。テニスボールほどの大きさならカボス、ゴルフボールならすだちです。そしてしぼる際は切り口を上に!風味を逃さずにしぼりましょう。

カボスのことをきちんと知って、あなたもカボスの虜になりましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーグ スープ レシピ まとめ

子供から大人まで大好きなハンバーグには、どんなスープをつけ合わせていますか?ハンバーグとスープでバランスのよい献立は?今回は定番スープから意外な材料を使ったスープまで、ハンバーグと合わせて食べたいスープをレシ…

サラダ レシピ まとめ

焼肉屋さんで定番メニューといえばチョレギサラダ!肉料理の付け合わせにぴったり、野菜がたっぷり食べられるのが魅力ですね。ところでチョレギサラダってどういう意味?今回はチョレギサラダのドレッシングやさまざまな人気…

レシピ キムチ まとめ

ごはんのお供として日本人に長年愛されている「納豆」。パラパラのチャーハンにして食べると、また違った食感や発見がありますよね。今回は、納豆チャーハンの厳選レシピを紹介します。和風はもちろん、ピリ辛キムチや洋風な…

タコライス エスニック レシピ まとめ

おしゃれで作るのも難しくないタコライス。でも、一緒に食べる献立に悩んだことはありませんか?今回はタコライスに合うスープや副菜、サラダ、揚げ物、焼き物などをレシピ付きでまとめてご紹介します!ぜひ参考にしてくださ…

カレー

お店で食べるドライカレーやキーマカレー。その違いは知っていますか?どちらも身近なメニューですが、いざ聞かれるとはっきり答えられない方も多いのでは。今回は、ドライカレーとキーマカレーの違いをご説明します!おいし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ごぼう レシピ おしゃれ まとめ

少しずつ暖かくなってきましたね。もうすぐ"新ごぼう"の季節です。やわらかくて、上品な優しい香りが特徴。今回は、ごぼうを使った美味しいレシピをご紹介します。

おにぎり レシピ まとめ

天かすはうどんや蕎麦への人気のトッピングとしてだけではなく、簡単アレンジレシピにも使えるんです。味に強い特徴がないため、いろいろな素材と相性がよく、たくさんの料理に使うことができますよ。ご自宅にある方は試して…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

スイーツ ワッフル 秋葉原

ワンハンドで食べられる「クレイズド ワッフル(CRAZED WAFFLE)」がヨドバシAkiba1Fにオープン。細長い形とゴージャスなトッピングができる、すべて手作りの新感覚のワッフルです。バラエティ豊かなラ…

ジャム まとめ レシピ

ゆずが美味しい季節になってきましたね。最近、SNSで話題となっている「ゆずジャム」。一度作れば保存も利くし、いろいろなレシピに応用できる優れものです。そんな「ゆずジャム」の基本的な作り方と、使い方のアイデアを…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...