ローディング中

Loading...

「カニカマりんご」をご存知ですか?SNSのお弁当写真などで見かけるかわいいりんご。このりんごの正体、実はカニカマなんです。これからの行楽シーズン、お弁当に入れたら子供も大喜び間違いなし!今回は、そんなカニカマりんごの作り方をご紹介します。

みんなワクワクお弁当!

これからの季節、毎日のお弁当以外にも、学校行事や旅行などでお弁当を持参する方も多いではないでしょうか。家ごはんよりもお弁当のほうがモリモリ食べてくれるという子供たちもいますよね。

たまにならいいけれど、日々作るとなると卵焼き、ソーセージ、からあげ、ミニトマトなど、いつもの顔ぶればかりになってしまい、新しいおかずを考えてもなかなか出てこなかったりします。

そこで今回は、そんなマンネリ化しがちなお弁当を、パッと華やかにしてくれる、かわいいアイデアおかずをご紹介!明日のお弁当に入れてみてはいかがでしょうか?

カニカマで作るりんごがかわいい!

子供にも大人にも愛されるカニカマ。カニカマは1本(6.5g)当たり6kcalと、脂質が少なく低カロリーな食材です。そのまま食べたり、サラダやお寿司に入っていたりと、いろいろな用途で使えて、スーパーやコンビニでも手軽に入手できます。値段もお手頃で、主婦の懐にはありがたいですね。

そして、これからの季節、秋から冬にかけて旬となるまんまるフォルムがかわいいりんごは、見ているだけで元気になれそうな鮮やかな色が魅力ですね。

カニカマりんごはカニカマを使って、りんごを作る“デコおかず”なんです!カニカマはそのままお弁当に入れても美味しいですが、ちょっとひと手間をかけるだけで華やかに演出してくれるおかずに大変身します。

簡単に作れるのも嬉しいポイント

作り方は超簡単!
いくつかバリエーションがあるようですが、主な材料はカニカマと黒ごまです。ハムを巻いたり、卵を巻いたり、葉っぱ部分を何にするかで少し材料は異なりますが、メイン食材はたったふたつだけ。そしてなんといっても、火を使わなくていいんです!とてもお手軽ですね。

簡単なのにお弁当箱の中で存在感があって、ふたを開けると思わず嬉しくなるカニカマりんご。私も毎日娘のお弁当を作っていますが、日々マンネリ化したおかずに苦悩しています。栄養はもちろんですが、できればおいしく楽しく食べて欲しいですよね。カニカマりんごをお弁当に入れたら、きっと子供も大喜び間違いなしです!

カニカマりんごはこれだ!

鮮やかでインパクトのあるカニカマりんごがお弁当の中に入ると、彩りがよく、かわいらしさとワクワク感がパワーアップします!キュートなりんごは存在感があり、ふたを開けたときの喜ぶ顔が目に浮かびますね。写真映えもするので、InstagramなどSNSのお弁当写真では“デコおかず”としても人気のようです。

Instagramでハッシュタグを“カニカマりんご”と検索すると、いろいろな種類のカニカマりんごが出てきます。ハムを巻いてあるものや薄焼き卵を巻いたもの、チーズを巻いてる人もいました。ごまの代わりにひじきを使ったり、家にあるものをアレンジして自由な発想で作れるのも楽しいですね!

Instagramでカニカマりんごをチェックしたい方は、下記リンクをどうぞ▼

カニカマりんごの作り方

シンプルなカニカマりんご

材料は、カニカマと黒ごまだけのシンプルレシピです。
カニカマの赤い部分をはがし白い部分と分けます。残った白い部分を半分に切り、赤い部分に置き、巻いていきます。巻いたら切って、黒ごまで種をつけ、葉っぱ飾り用の枝豆と一緒にピックで刺したら完成です。とても可愛い仕上がりですね。

魚肉ソーセージを使ったカニカマりんご

こちらは、魚肉ソーセージを使ったレシピです。
まず、魚肉ソーセージをピーラーで薄くカットします。カニカマをスライス魚肉ソーセージに置いて巻いてカットしたら、葉っぱピックを刺し、黒ごまをつけて完成です。魚肉ソーセージを巻くことで彩りが鮮やかになり、食べ応えもありそうですね。

ハムを使ったカニカマりんご

こちらは、ハムを使ったレシピです。
やることは、魚肉ソーセージのときと同じ。カニカマをハムの上に置き、端から巻いてカットするだけです。枝豆や葉っぱ型のピックを刺せば、なんともかわいらしい仕上がりに。カットするときは爪楊枝などで刺し、巻きがほどけないように注意してください。かわいい上に食べやすいなんて嬉しいですよね。

カニカマりんごでキュートなお弁当に

いかがでしたでしょうか?

簡単なのにかわいいカニカマりんごは、いつものお弁当にプラスするだけでキュートな印象にしてくれるデコおかずです。

お弁当を作っているとき、おかずを詰め終わると、微妙にできてしまった空間に頭を悩ませた経験がある方も多いのではないでしょうか。私も、朝の忙しい時間に冷蔵庫をガサゴソと見ながら、最後のひと品を何にしようか悩んだことのあるひとりです。そんなとき、カニカマと黒ごまでささっとかわいいおかずを作ることができたら、お料理上手な気分になれますね。

毎日のお弁当づくり、ちょっとしたひと工夫で、笑顔がこぼれる楽しいお昼ごはんの時間になります。みなさんも、明日のお弁当で作ってみてはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お茶 お茶漬け お弁当

10年連続でミシュランの星を獲得する日本料理店「銀座 うち山」と、「キリン 生茶」が初コラボした『鯛ひつまぶし弁当』が期間限定でごちクルサイトにて発売されます。予約1ヶ月待ちと言われる名店の名物「鯛茶漬け」と…

レシピ お弁当

ウインナーの飾り切りといえば、タコやカニが一般的ですよね。でも、年に一度のこどもの日にはお子様の成長を願って「ウインナーこいのぼり」を作ってみませんか?作り方はとっても簡単。いつものお弁当が一気にお祝いムード…

ハム レシピ お弁当

「ハムカツだよ〜!」とサーブすれば「分厚いハム⁉︎」とびっくりされそうな「ポテサラハムカツ」のレシピをご紹介します。厚さの秘密はポテトサラダ。薄いロースハムでも間にポテサラを挟めばボリューミーに♩コロッケのよ…

おにぎり お弁当

まるでスイカのようなおにぎり、その名も「スイカおにぎり」をご存知でしょうか。とってもキュートなビジュアルで、夏にぴったりのおにぎりなんです。今回は、夏の風物詩でもあるスイカをモチーフにした、楽しい「スイカおに…

お弁当 レシピ 作り置き 鶏肉 まとめ

ヘルシーなささみを使って、お弁当のおかずを作ってみませんか?今回は、レンジでできる簡単レシピから、チーズや梅と合わせた絶品おかずまで、お弁当にぴったりなささみ料理をご紹介!お弁当おかずの新定番になりそうな予感…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

バジル ローズマリー まとめ

普段料理をするとき、いつも決まったハーブばかり使っていませんか?ハーブの使い分けを覚えることで、あなたの料理の幅がぐっと美味しくなりますよ。それぞれのハーブの特徴と相性の良い料理ジャンルを紹介します。

レシピ まとめ

ホイル焼きというと、「魚のホイル焼き」が浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はあんなものもこんなものもホイルに包んで焼くとおいしいんです。そんなレシピを今回はご紹介していきます。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

うどん 山形 レシピ

山形県の郷土料理といえばいも煮やしそ巻きが有名ですが、忘れてはいけないのがこの「ひっぱりうどん」です。最近ではメディアで紹介されることも増えてきたので、聞いたことがあるかもしれませんね。この変わった名前にはど…

食事中、ざくっと口の中を噛んでしまった瞬間!痛いですよね……。血豆になったり、口内炎になったり地味に痛みます。また、噛んでしまう時は立て続けに噛んでしまうのに、噛まない時はしばらく…

宇田もひ

鎌倉に住み、東京へ出稼ぎ。 主人と娘(1歳児)と猫2匹と暮らしてい...