ローディング中

Loading...

秋野菜の定番「かぼちゃ」。鮮やかなオレンジ色とホクホクした甘さがたまらないですよね。また、お食事メニューからスイーツまで、レシピに幅があるのも特徴的です。さて、そんなかぼちゃですが種類はどのくらいあるのでしょうか?詳しくご紹介します。

秋はかぼちゃがおいしい季節

暑い夏が終わると、いよいよ味覚の秋、収穫の秋がやってきます。そんな秋に欠かせない野菜と言えば「かぼちゃ」です。煮物からスイーツまで幅広く活躍してくれるかぼちゃは、栄養価も高く、保存性も高い事から、常備しておくと便利な野菜です。そんな優秀な野菜、かぼちゃについて詳しくご紹介しましょう。

種類豊富なかぼちゃ

最近ではスーパーでも珍しい品種のかぼちゃも見かけるようになりましたが、一言に「かぼちゃ」といっても、たくさんの種類がある事をみなさんご存じですか?主に日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃの3つに分類され、そのなかでも、また品種によってさまざまな特徴があります。私たちが普段目にするかぼちゃからハロウィンでおなじみの飾り用のかぼちゃまで、用途もいろいろあるんですよ。

それでは、ひとつずつ詳しくご紹介していきます。

西洋かぼちゃ

現在日本で流通しているほとんどのカボチャが、実は「西洋かぼちゃ」といわる種類のかぼちゃで、おふくろの味としてご家庭で馴染みのある「かぼちゃの煮物」は、西洋かぼちゃが使われていたんですね。

黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)

現在広く一般的に流通しているカボチャ「黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)」は、西洋かぼちゃの代表品種でスーパーでよく見かけるのがこのかぼちゃです。外皮は黒緑、果肉はオレンジ色で、 日本かぼちゃよりもカロリーが高く、ビタミンCをはじめとするビタミン類も豊富です。ほくっとした口当たりと程よい甘みが特徴です。

日本かぼちゃ

少し変わった形をした「日本かぼちゃ」は、表面がごつごつと愛嬌のあるかぼちゃです。「西洋かぼちゃ」に押され気味ではありますが、日本を代表する野菜として、根強い人気があります。

黒皮かぼちゃ

肉質がねっとりして色も上品な、「黒皮かぼちゃ」は、 カロリーは西洋かぼちゃの半分なのでダイエット中のビタミン補給に最適なかぼちゃです。舌触りがきめ細やかで煮崩れしにくい為、日本料理には欠かせません。見た目は濃いめの黒緑でデコボコとした形が特徴です。

ペポかぼちゃ

ペポカボチャは、カボチャ属の園芸作物として私たちの目を楽しませてくれます。色鮮やかで形も可愛いく種類もさまざまあり、日本では「おもちゃカボチャ」とも呼ばれています。お部屋のインテリアとして売られているオレンジのカボチャはハロウィンには欠かせないかぼちゃです。近年では人気もかなり上昇してきているようです。

プッチーニ

ハロウィンと言えば「ジャック・オ・ランタン」。そのランタンを作るためによく見かけるかぼちゃ「プッチーニ」。実は食べてもおいしいんです。そのほかにも「スモールシュガーパイ パンプキン」や「朱姫」などオレンジが綺麗でさまざまな種類のかぼちゃを部屋に飾るのもかわいいですね。

なかには大きなかぼちゃも!

オモチャかぼちゃの巨大種「アトランティック・ジャイアント」は、育て方によっては100kgを超えるほど大きくなります。主に海外での栽培が盛んで各地でジャンボカボチャ大会が行われています。日本でも秋の農業祭などのイベントで展示されたり、重さを競う大会もあるようです。大きくすることに情熱を注いで育てるので、食べることはできません。大きな身体でPR効果も抜群な「アトランティック・ジャイアント」は店舗装飾用などで販売されたりもしています。作るのに失敗するとスイカより小さくできてしまうこともあれば、300kgにもおよぶものもあるそうです。

おいしいかぼちゃを見分けるコツ

それでは、おいしいかぼちゃを見分ける秘訣はどうすればよいのでしょうか。実は、とっても簡単に見分ける方法が3つあります。
1. 持ったときにずっしり重いもの
熟成され中の身が詰まっている証拠です。
2. 皮の色が濃いもの、黄色い部分の色がより赤っぽいもの
かぼちゃは収穫してから時間が経つにつれ、でんぷんが糖へと変化をして甘みを増す野菜です。熟成して甘みが強くなると皮の色はどんどん濃くなっていきます。黄色い部分は中身の色と比例しているため、よりオレンジが濃いものを選びましょう。
3. ヘタの切り口が乾燥して堅くなっているもの
かぼちゃを収穫するときにカットするヘタは、時間が経つほどにからからに乾いてコルクのようになります。ですので、乾燥しているということは、より熟成されおいしい証拠なんですよ。
そのほかにも、左右が対称な形のものや、皮が固くて厚く、艶やハリがあるものが、おいしいかぼちゃです。カットされて販売されているものは、種がふっくらとしてワタが綺麗なものを選ぶとよいでしょう。

秋はいろいろなかぼちゃを楽しもう

かぼちゃには、βカロチンやビタミンといった、美容と健康によい栄養素もたっぷりと含まれています。そのほかにカルシウム、鉄、カリウムなどもバランスよく含まれていて、栄養面でとても優れている野菜です。見た目よし、味よし、栄養たっぷりのかぼちゃを使って、おいしい料理と楽しい時間をゆっくりと過ごす秋もいいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

もうすぐ年末。大掃除をする方も多いのではないでしょうか?特にキッチン、換気扇などの油汚れは落とすのがとても大変です。そんな時に力を貸してくれるのが重曹。今回は、そんな重曹についてやクエン酸との使い分け、つけ置…

夏はもちろん、秋冬にも食べたくなるアイスクリーム。風邪をひいたときにも食べてもよいのでしょうか?風邪のときに食べると得られる効果やその注意点など、真相を詳しくご紹介します。意外にも喉が腫れたときにもおすすめな…

レシピ

秋になると食べたくなる柿。実は、ミカンよりもビタミンCが豊富だとご存知でしたか?二日酔いを予防したり、便秘改善による美肌に期待が持てたりと、すぐれた食材なんですよ。そんな柿のインナービューティーパワーと簡単お…

そば 和食

お師匠さんも忙しくて思わず走ると書いて、師走。忘年会やら大掃除、年賀状書きなどを終えて大晦日にいただくのが年越しそばです。細く長くという、庶民の切ない願いが込められているのはご存知の方も多いでしょう。その由来…

くるみ レシピ

秋に旬を迎えるナッツ類の中でも、特に人気の高いくるみは小粒ながら高栄養!特に良質オイルやビタミンEなど美肌作りや生活習慣病予防にうれしい栄養が豊富です。そのまま食べるのはもちろん、デザートやお料理にも幅広く使…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート スイーツ レシピ まとめ

リオオリンピックが開催された国・ブラジルで定番お菓子の「ブリガデイロ」が、日本でもいま注目を集めています。ブリガデイロが生まれたきっかけや、基本の作り方からプレゼントに最適なアレンジレシピまでご紹介します。

青菜をてんこ盛りした「草鍋」が、インスタで話題になっています。ダシがきいたスープで、しゃぶしゃぶのようにさっとくぐらせて食べる野菜が、絶品だという評判なんです。どんなスープで、どんな野菜をしゃぶしゃぶするのか…

keiko39

「笑う門には福来る」をモットーに日々奮闘中。。。の主婦です。全国の...