ローディング中

Loading...

「朴葉味噌」を食べたことありますか?飛騨高山の郷土料理で、白いごはんに乗せて食べれば何杯もいけるおいしさです。いったいどんなお味噌なのか詳しくご紹介します。さらに基本の作り方からアレンジレシピもまとめたので、ぜひ試してみてくださいね。

朴葉味噌とは?

飛騨高山の郷土料理「朴葉味噌」

朴葉味噌(ほうばみそ)は岐阜県の飛騨高山地方に伝わる郷土料理で、お味噌に薬味や山菜を混ぜ朴の葉っぱの上で焼いたものです。朴葉味噌とよばれる名前の由来は、朴(ほう)の葉の上に味噌をのせ、火を通して焼いて食べるから。朴葉は飛騨高山地方ではたくさん収穫でき、丈夫な葉であることから、お皿のように使って火を通すことができます。お餅を朴葉で包むとカビが生えないともいわれるほど殺菌作用もあり、さらに食欲をそそる香りがあります。朴の葉は食べ物との相性がとてもいいのです。

朴葉味噌の発祥は、飛騨の厳しい冬の季節に、凍った漬物とお味噌を朴葉の上で合わせ温めて食べたことがはじまりといわれています。現在では、味噌にお野菜や、しいたけなどのきのこ類を混ぜていただくようになりました。飛騨高山地方の名産として人気があり、現地で食べたりお土産としても買って帰る観光客が多いといいます。

朴葉味噌の特徴

飛騨の味噌は、塩気が控えめで甘みを感じる味です。朴葉味噌は、このお味噌をそのまま焼くのではなく、ねぎやしいたけ、えのきなどのきのこ類を細かく切ったものを、混ぜ込みます。料理酒やみりん、お砂糖などでお好みの味に調整して、味に深みを増します。具材を混ぜ込むことによって、一般的なお味噌にはない食感も楽しめますよ。食べてみると、朴葉の上で焼くことででる香ばしさや香りを十分に感じることができます。白いごはんにのせると、朴葉味噌のおいしさでお箸がどんどん進むとか。飛騨高山の名産、飛騨牛との相性も抜群だといいます。

簡単!朴葉味噌の作り方

香ばしさがたまらない朴葉味噌。まずはご自宅でもできる基本的な作り方をご紹介します。初めての人におすすめです。朴葉が手に入らないという人もご安心を。朴葉の代わりにアルミホイルでも作れますよ。

お味噌と砂糖、食べやすい大きさに切ったお野菜を混ぜ合わせて朴葉の上に乗せ焼けばできあがり。白いごはんやお肉のソースにぴったりです。アルミホイルでもおいしくできます。

朴葉味噌のおすすめの組み合わせ

牛肉

朴葉味噌と牛肉はとってもマッチするんです。お味噌の甘みで、子供から大人まで楽しめる味になっています。白いごはんとも相性抜群!スタミナをつけたいときにおすすめです。夏バテ対策にもなります。

牛肉、朴葉味噌に加えて、蒸し焼きしたナスも一緒に炒めてみてください。お好みでさらに野菜を加えるのも◎。

ブリ

ブリと合わせて食べるときも、基本的な朴葉味噌の作り方を手順通りに行います。お味噌が香ばしく焼けたらフライパンからあげ、同じフライパンでブリを焼きます。ブリには何も味付けをせず、焼き色がついたらできあがった朴葉味噌の上にのせて、お味噌と絡めてブリをいただきましょう。味噌焼きのブリがいいおかずになり、どんどんごはんがすすみますよ。

ごはん

できあがった朴葉味噌は、そのまま白いごはんにのせるだけで、どんぶり一杯をぺろっと食べられるくらい食欲をそそるメニューになります。朴葉味噌は味が濃いめなので、少しの量でもたくさんのごはんを食べられますよ。

また、おにぎりに朴葉味噌をトッピングしても、おいしい朴葉味噌おにぎりに仕上がります。塩をいつもより少なくしておにぎりを作り、フライパンで軽く焼いたものに朴葉味噌をのせ、少し焼き色をつけたら朴葉味噌おにぎりのできあがり。オーブントースターで焼けば、カリッとした食感も楽しめます。作り置きでもすぐに出せるので、おすすめです。

朴葉味噌を使ったレシピ

朴葉味噌厚揚げ

厚揚げに朴葉味噌をのせてカリッと焼いて、大葉と合わせてすっきり食べられるひと品です。大葉や油揚げの水分が残らないようにするのが、おいしく食べるポイントで。ひと口サイズにすればみんなが食べやすくなり、大人数のパーティーメニューにも向いています。

作り方は簡単。厚揚げと朴葉味噌を合わせ焼きます。十分に水気を切った大葉を仕上げに乗せれば完成です。

里芋の味噌焼き

朴葉味噌と仕上げのバターだけで味付けをした、お野菜たっぷりのパスタです。朴葉味噌の旨みで苦手な人でもお野菜がおいしく食べれるとか。小さなお子さんにもおすすめです。朴葉の上にのせていただくパスタは、香ばしくて気分もあがりますよ。ブラックペッパーとの相性もよく一気に洋食に早変わりする朴葉味噌を、ぜひ味わってくださいね。

茹で上がったスパゲッティに朴葉味噌、オリーブオイルを絡めそこに炒めた豚肉、きのこ類などを加えます。仕上げにバターを添えればできあがり。朴葉味噌とバターの濃厚なコラボレーションを楽しんで。

朴葉味噌でステーキ

朴葉の香りが食欲をそそる、変わり種のステーキです。

まずは朴葉を水に浸し、下味をつけたお肉を少し焼きます。十分に焼きあがるまえに皿にあげ、お肉の油で舞茸を炒めてください。

水からあげた朴葉に味噌を塗り、お肉と舞茸を乗せたら、その上にも味噌を塗りましょう。
それをフライパンに入れ、蓋をした状態で数分加熱。朴葉が焦げないよう注意し、焼きあがったらお皿に移して白髪ねぎを乗せたらできあがり!

鮭の朴葉味噌焼き

鮭には抗酸化作用があるアスタキサンチンが豊富に含まれるといわれています。抗酸化作用とは、過度に増加すると老化やシミの原因とされる活性酸素を強く除去する働きをするそうです。健康が気になる人はぜひ食べておきたい鮭を使った、朴葉味噌のレシピをご紹介します。

鮭、朴葉味噌、玉ねぎなどをアルミホイルで包んでオーブンで焼きます。フライパンとはひと味違ったアルミホイルの包み焼きならではの味わいが楽しめます。

ごはんが進む!香ばしい朴葉味噌

飛騨高山の郷土料理で香ばしさがおいしい朴葉味噌。白いごはんに合うのはもちろん、万能の調味料としても使うことができます。お肉やお魚、お野菜とあらゆる食材と合わせて料理を楽しめますよ。

ご自宅で朴葉味噌を作る際は、朴葉があればさらに旨みとおいしさが味わえますが、アルミホイルでも代用できます。アルミホイルはお店で手軽に手に入るので、いつでも試せますね。お味噌に混ぜる具材や調味料の量を変えながら、お気に入りの朴葉味噌を作ってみてはいかがでしょうか。
▼飛騨高山にはほかにも絶品グルメがたくさん!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

おつまみ

とろりと半熟の卵は、見るだけで嬉しくなってしまいますね。でも、半熟にするのって結構難しいもの。ましてや煮物で半熟卵なんてハードルが高すぎる…なんて心配いりません!フライパンで簡単にできるレシピです。…

あさり スープ ラーメン 冷やし中華 おつまみ 〆ご飯

夏は冷たい麺が食べたくなりますね。〆には冷やしラーメンが最高!普通のスープもいいけれど、あさりの旨味たっぷりのお手製スープはいかがでしょう?今回は、「あさりの冷やしラーメン」のレシピをご紹介。ゼラチンで煮凝り…

炊き込みご飯 レシピ

簡単でおいしい!とめんどくさがり屋さんの間で噂の明太子パスタソースの炊き込みご飯。『マツコの知らない世界』でも紹介され、大絶賛されていたんですよ。今回は筆者が実際に作ってみました!詳しい作り方やアレンジレシピ…

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

普通のたまねぎよりも甘みがあって柔らかい新たまねぎを使ったレシピを紹介します。新たまねぎは生で食べても加熱しても美味しいので、ぜひこちらのレシピをお試しくださいませ♡

スイーツ レシピ お菓子 まとめ

今回は「ロースイーツ」の簡単レシピをご紹介します。小麦粉や砂糖を一切使用していないので、低カロリーでからだにやさしいスイーツとして注目されているんですよ!ダイエット中の方はもちろん、健康志向の方は特におすすめ…

まとめ カレー

カレーを作る時というのはキャンプなどのアウトドアで大勢人数がいるとき、もしくは数日先までカレーと腹を決めて、大量に作るときが多いですね。しかし、悲劇が起きるのは二日目で飽きはじめたとき・・。そんなときにはこの…

レシピ まとめ

辛味や香りが強く、インパクト大の玉ねぎ。今回はお野菜やお肉におすすめの玉ねぎドレッシングレシピを8つご紹介!血液をサラサラにし整腸効果も高い玉ねぎは、ダイエットにもおすすめ。ぜひ試してみてくださいね。

レシピ 韓国料理 まとめ

夏は食欲が落ちる時期です。でも冷たいものや食べやすいおそうめんなどで過ごしていては夏の暑さは乗り切れませんよ!そこで、スタミナ+ピリ辛の韓国料理レシピをご紹介!暑いときにこそピリ辛!辛いのが好きな方はお好きな…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

銀座 パスタ ランチ

デカ盛りドカ食い派におすすめ!「銀座 ジャポネ」に行ってきたよ!凄まじいボリュームのパスタにカレーマンも思わずたじろいでしまうが、見事に完食!翌日には既に恋しくなる魔法のパスタ、それが「ジャポネ」のパスタなの…

スイーツ レシピ

あなたのお家に「ワッフルメーカー」は眠っていませんか?食事からスイーツまで、あっと驚く簡単レシピをご紹介します!ワッフルのカリカリとフワフワ食感はどの料理にも合うんです♩あなたのアイデア次第でワッフルメーカー…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る