ローディング中

Loading...

「ベジマイト」をご存じですか?オーストラリアではポピュラーな調味料で、思わず吐き出したくなるような独特の味なのだとか。とはいえ、その摩訶不思議な味わいにハマる人も多いそうですよ!今回は「ベジマイト」の正体や食べ方についてご紹介します!

思わず吐き出す強烈な味!?

3つのベジマイト

Photo by Lipowski Milan / Shutterstock.com

オーストラリアやニュージーランドではお馴染みの「ベジマイト」。オーストラリアでは冗談半分に国民食といわれることもあるほどポピュラーなのに、ほかの地域ではめったに見られません。実はこのベジマイト、はじめて食べると思わず吐き出したくなるほど強烈な味なのだそう。ですが、その個性的な味が逆にクセになるとハマる人も結構いるんです。

オーストラリアやニュージーランド以外の人からは疎まれることの多い食品ですが、今回はベジマイトの魅力と、そのベジマイトを使ったおいしいレシピなどを紹介いたします。

ベジマイトとは?

ベジマイトとは、さまざまな野菜をイースト菌で発酵させたもので、その独特の塩辛い味とビール酵母のような香りが特徴の発酵食品です。見た目はチョコレートクリームのような黒いペーストで、独特の臭気を持つため、一般的には理解できない味とされています。

さらにこのベジマイト、アメリカでは輸入が禁止になっているんです。それほど危険な食品なのでしょうか?あの強烈な匂いが危ないからとか、あれを口にしたらマズすぎて気が狂うからとか、いろいろな憶測が飛び交いました。

気になる真相はというと、ベジマイトには葉酸が含まれていることが理由でした。実は、アメリカでは葉酸はパンとシリアルにしか添加してはならないんです。そのため輸入が禁止されているんですね。

摩訶不思議!ベジマイトの味

驚愕の風味

オーストラリアのスーパーでは、ベジマイトはピーナツバターやジャムが置いてある場所に並んでいます。見た目がチョコレートペーストなので、間違えて食べてしまい大変なことになった、みたいなこともあるようですよ。味は八丁味噌とアンチョビとチーズと醤油を足したような独特な塩辛さです。そして発酵臭がかなり強烈です。

ベジマイトの仲間たち

ベジマイトと似たものに「マーマイト」があります。マーマイトはイギリスが発祥で、ビールを醸造したあとにでる酵母粕をそのまま食べていたのが元になっています。ビールを発酵させるには酵母が必要で、できあがったビール液の底には役目を終えた酵母が沈殿しています。その酵母の粕から作られたのがマーマイトなんです。

味はベジマイトもマーマイトも塩辛くて苦いのですが、マーマイトには砂糖が入っているので、ベジマイトよりも少し甘めです。色はベジマイトのほうが少し黒く、マーマイトのほうは少し茶褐色です。固さはベジマイトのほうがに少し固めで、香りはどちらも似ています。
ほかにも「マイファーストベジマイト」や「チーズベジマイト」というものもあります。マイファーストベジマイトはお子さま用のベジマイトで、食塩50%カット、各種栄養を増強など普通のベジマイトとは成分が違います。チーズベジマイトはチーズ入りでかなりマイルド。初めて食べるベジマイトとしては、マイファーストよりこちらの方がおすすめだそうです。

ベジマイトの原料と栄養

ベジマイトはイースト菌抽出物を元に作られており、麦芽抽出物も入っています。ビタミンB群が豊富で、B1、B2、B3 、葉酸も含まれおり、なかでもB1と葉酸は1食分で成人女性の1日に必要な量の50%が摂れるそうです。栄養価がとても高く体にいいので、ベジタリアンの間では素晴らしい栄養源として認められているんですね。

ベジマイトの食べ方

基本は、パンに塗ってトーストで食べるのがシンプルでいいですね。ここまで読んでいただいて、ベジマイトはマズい!と認識された方が圧倒的だと思いますが、たとえば日本の味噌や醤油をそのまま舐めて「あぁ、おいしい」という人はどれくらいいるでしょうか。ベジマイトも同じで、そのまま舐めたら「なんじゃこりゃ?」となるわけです。

というわけで、ベジマイトをパンに塗ってトーストにすれば、意外と日本人の口にも合うような味に仕上がるそうですよ。焼くことによって、香ばしい醤油の匂いと味そのものになるのだとか。これはもう、食べてみるしかないですね!

ベジマイトを使ったレシピ

1.ベジマイト漬けの豚丼

味噌や醤油のような風味を感じるベジマイトは、豚肉との相性も抜群!豚バラ肉やこま切れ肉にベジマイトやお砂糖で作った合わせ調味料を漬けて、玉ねぎやキャベツ、トマトなどの野菜と一緒に炒めます。ごはんの上に盛り付けて、丼ぶりにしたら完成!ベジマイトのコクと豚肉の旨みでごはんがすすみますよ。

2. ベジマイト納豆サンド

納豆とベジマイトというパンチのきいた組み合わせもいかがでしょうか?まずは、納豆にベジマイトを混ぜ合わせておきます。1枚のパンにはクリームチーズを塗って、もう1枚のパンにはベジマイト納豆をのせてトーストします。焼きあがったら、大葉をはさんでサンドしたら完成です。

3. ナスとピーマンの甜麺醤炒め

ナスとピーマンと片栗粉をまぶした鶏むね肉をごま油で炒め、ベジマイトと甜麺醤で味付けします。ベジマイトはこっくり甘辛味や甜麺醤とよく合うんですね。濃い味付けだとベジマイトが気にならないようですよ。さらに甜麺醤だけよりもコクがアップするのだとか。

ベジマイトのお菓子にも注目!

ベジマイトチョコレート

ぷっくりとした形の板チョコタイプの「ベジマイトチョコレート」。チョコレートの中には、キャラメルのベジマイトシロップが入っています。おいしく食べるコツは、チョコを口の中で割って、キャラメルベジマイトを舌の上で転がし、味わうことなのだとか。ちょっと勇気がいりそうですね。

マーマイト入りベーグルチップス

マーマイト入りのベーグルをカリカリに焼いてチップスにした、というコンセプトのスナック菓子です。塩気が若干強めで、マーマイト特有の、後味に残る苦みもしっかり再現されています。だけど日本人にしてみたら、少し焦げた醤油煎餅のようで、意外とイケる味かもしれませんね。

ベジマイトを買いたいときは

ベジマイトは日本でも売られています。店頭販売では「カルディコーヒーファーム」、「明治屋」、「プレッセ」などで取り扱っているほか、オーストラリアやニュージーランド人が多い「ニセコひらふスキー場」のコンビニエンスストアでも、ジャムなどと並んで売られています。

▼「ベジマイト」はAmazonでも購入できます
http://macaro-ni.jp/33137

出典:www.amazon.co.jp

VEGEMITE ベジマイト 220g

¥388

Amazonで購入

怖からずに、まずは挑戦!

食文化は国によって違うので、最初から「マズい!」と言いきるのはよくないことですよね。もしかしたら、外国人は日本の納豆を不気味な食べ物だと思っているかもしれません。それと同じです。

ですが、最近では納豆を好きになる外国人も多いのだとか。ということは、日本人でベジマイトにハマる人が増えるかも知れないということでは?ぜひ、この機会にベジマイトを食べてみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

あしたば(明日葉)というと、健康食品を思い浮かべた人はいませんか?苦かったりクセがあったり……と食べにくいと思っている人も少ないはず。でも、食べ方次第で風味を消せるるようです!今回…

レシピ

新じゃがいもと鶏むね肉を使った「鶏肉の粒マスタードクリーム煮」」のレシピをご紹介します。鶏もも肉と間違えてしまいそうなほどジューシーな鶏むね肉、ホクホク食感の新じゃがを、マスタードの効いたクリームソースでいた…

レシピ

春から夏にかけて旬を迎える新じゃが。ほくほくとした食感が人気ですが、新じゃがは皮まで食べる?皮をむいて食べる?どちらもおいしくいただけますが、実際のところどうなのでしょうか。今回は、そんな新じゃがと皮の関係に…

レシピ

旬の新じゃがを使った「新じゃが丸ごとチキンカチャトラ」のレシピをご紹介します。濃厚な味わいの秘密は牛乳!トマトの酸味と絶妙にマッチして、後引く味わいですよ。新じゃがのホクホク食感、トロットロになるまで煮込んだ…

唐揚げ レシピ

唐揚げの衣は小麦粉と片栗粉、どちらを使ったらよいのでしょう?小麦粉、片栗粉、どの粉を使うかで唐揚げの食感は全然違います。カリカリにするかサクサクにするか、お好みの唐揚げが作れる粉の使い方テクニックをまとめまし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チーズケーキ スイーツ 大阪 ケーキ チーズ まとめ

大阪はたこ焼き、お好み焼きなど食事もおいしいですよね。しかし大阪にはおいしいスイーツもたくさんあるんです!忘れてはいけないのがチーズケーキ。大阪付近に住んでいる人はもちろん、旅行で来た時にも絶対食べたい「チー…

調味料 パン バター まとめ

バターは「太りやすい」という噂もありますが、マーガリンと比べてもカロリーはほぼ一緒。何よりバターは旨いです。そこでここでは、「このバターのためにパンを買いに行く」という気になるほどの極上バターを3つご紹介しま…

日本酒 合コン まとめ

若いころ飲んでいたお酒だと何となく今の自分に合っていないように感じる…そんな「大人女子」に、おすすめの日本酒を紹介します。お酒の話題で、飲み会での話の幅も広がり、上司受けや合コン受けが良くなるこ…

ハム ソーセージ まとめ

ハムやウィンナーなどの加工肉って朝食やお弁当のおかず、おつまみやお中元・お歳暮のギフトにもなるとても便利な食材ですよね。そんな加工肉にもお取り寄せの時代がきてます!こだわりぬかれた本物志向のハムやウィンナーを…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

おつまみ レシピ チーズ

ひと目を気にせずにまったりと楽しめる「家飲み」が人気です。しかし、そこで気をつけたいのが糖分のとり過ぎです。「乳製品」なら糖分ひかえめなので、食事への意識がゆるみがちなお酒のシーンにもおすすめ!乳製品を使った…

銀座 天ぷら まとめ

和食の代表格とも言える天ぷら。それを銀座で味わうとなると、ちょっと身構えてしまいますが、意外にもランチならリーズナブルに味わえるお店もあり、ディナータイムなら極上の味わいを堪能できるお店もあります。その両方の…

sakura

可愛い雑貨と綺麗なスイーツを見ると、つい買ってしまいます。あとコー...