ローディング中

Loading...

端午の節句などで食べる風習のある「ちまき」。実はこのちまき、日本とほかの国では形も味も違うのをご存知ですか?今回はちまきの歴史や、どうしてこどもの日に食べるのかなどを調査してみました。これを読めば、明日からちまきについて語りたくなりますよ!

ちまきって何?

みなさんは「ちまき(粽)」を食べたことがありますか?ちまきとは、お餅またはもち米を三角形または円錐形に作り、笹の葉で包んでイグサなどで縛った食べもののこと。作ったちまきは笹の葉ごと加熱して、葉の部分をむきながら食べます。味つけはしていないので、笹の香りがついたおにぎりを食べているような味ですよね。

ちまき(粽)の歴史と由来

日本でのちまきは、平安時代の承平年間からすでに存在していました。ただ、日本独自で作り上げたものではなく、中国から伝わったという説が有力です。中国に存在していた政治家であり詩人であった人が5月5日に亡くなり、命日の供養のために彼を慕っていた人々が悪い龍に盗まれないよう供物を葉に巻いて用いたのが現在のちまきの原型といわれています。

ちまきはもともと、もち米を葉で包み、灰汁の中で煮込むという製法でした。これは、灰汁が持つ殺菌力や防腐作用がもち米の保存に適しており、江戸時代の戦が盛んに行われていたころ、武士が携帯して食べる食料として用いられていたからと言われています。

その後、ちまきは日本の各地で改良され、現在ではお餅の中にあんこを包んだり、お餅そのものの素材が変わったりと、主に和菓子へと変化。灰汁で煮込んだちまきは、匂いや風味で好き嫌いが分かれるので時代とともに廃れていきました。

ちまきという名前が付いた由来は、もち米を包む葉の種類から来ており、今のちまきはササに包むのが主流でしたが、昔は「チガヤ」というイネ科の葉で包まれており、「チ」ガヤで「巻く」食べ物ということから、ちまきと呼ばれるようになったといわれています。

こどもの日は、ちまきを食べる

では、「子供の日」になぜちまきを食べるのでしょうか?
童謡の「背くらべ」の中に、「柱のきずはおととしの 5月5日の背くらべ ちまき食べたべ兄さんが~」とあるように、5月5日の端午の節句(こどもの日)には、ちまきを食べる風習が日本にはあります。

この習慣はもともと中国から伝来したもので、今から2000年以上前に、中国に「屈原」という詩人がいたことから始まります。屈原は詩人でありながら、有能な政治家としての顔もあり、国王の側近として仕え、彼の愛国心は人々の心を動かし慕われていました。しかし、陰謀があり屈原は失脚、国を追われ最後は川に身投げをして死んでしまいます。彼が亡くなった日が5月5日なのです。

彼の死を悲しみ嘆く人々は命日に供物を投げて供養をするも、供物は屈原の元に届く前に龍に食べられてしまいます。そこで人々は、屈原へ供物を届けようと、龍が苦手にする「れんじゅ」と呼ばれる葉で供物を包み、邪気を払うとされる5色の糸で縛ってから投げたところ、無事に屈原に供物が届いたと伝えられています。これがちまきが始まった由来とされていて、5月5日はちまきを作り、災いを除けるという風習が中国から日本に伝来しました。

ちまきが5月に食べられる理由としてもう一説あるのが、旧暦の5月は、ちょうど暑さが始まる時期だということ。病気にかかる人が増えるということから、ちまきを食べて無病息災を祈願するというのも始まりと言われています。

日本と台湾と中国のちまきの違いとは

日本のちまき

日本のちまきは、主にお餅やもち米をササの葉で包んだものが一般的です。中のお餅は味がないので、砂糖やきなこを付けて食べます。かつてちまきは毒蛇とも例えられていて、ちまきを食べると悪い病気にもならず、災難も除けられると考えられたという説もあります。

台湾のちまき

台湾のちまきは、北側と南側で少し違い、それぞれ「北部粽」、「南部粽」と呼ばれています。どちらも生米を水に浸してから具を混ぜ調味、竹の皮に包んで蒸すという手順です。見た目はほぼ同じですが、使っている具材と調味料、そして製法がが少しずつ違います。まず、北部粽の方は米を五香粉、コショウ、醤油を加え加熱。火が通ったら、肉などと一緒に竹の皮につつみ蒸します。南部粽の方は、水に浸した米に肉や野菜などの具材を混ぜこみ、竹の皮で包んでお鍋で煮ます。台湾ではちまきを食べ、ドラゴンボートレースを観戦するのが端午の節句の過ごし方です。

中国のちまき

中国のちまきは、水に浸して水分を吸わせたもち米を葦の葉で包み加熱する方法が一般的な作り方です。もち米と一緒に包む具材としては、味付け肉や塩漬け卵、なつめや栗などがあります。小豆餡を入れた甘いちまきもあり、豪華なものではアワビやチャーシュー入りも。中国は屈原が亡くなった際の供養として川に投げたという言い伝えが今でも人々に伝来され、日本と同様端午の節句にちまきが食べられています。

横浜中華街の隠れ家中華料理「ちまき屋」

おいしい中華料理を求めて各地から訪れる人で毎日にぎわう横浜中華街。その中華街のメインストリートから少し路地に入った場所に、「ちまき屋」という台湾ちまきのお店があるのをご存知ですか?

お店の外観はプレハブ小屋のようで看板も小さく見逃してしまいそう。ただ、開店する30分前にはメインストリートに看板が出ますので、それを目安にお店を目指してください。このお店は持ち帰りがメインです。お店の中では食べられませんが、ちまきの種類に「できたて」「冷凍」「冷蔵」の3つがありますので、できたてを注文すると、食べ歩きも可能ですよ。開店の30分前から並べて、人気のお店で売り切れも早いですので、早めに並ぶことをおすすめします。

「ちまき屋」名物あつあつのちまき

ちまき屋で「できたて」と注文すると出てくるあつあつのちまき。台湾の家庭料理、お母さんの味を再現したちまきの中身は丁寧に調理された角煮、干し海老、しいたけ、ピーナッツがゴロっと入っています。ひとつのちまきは一般的なおにぎりの1.5倍!米と具のボリュームがバランスよく、ひとつ食べたら大満足です。お値段は1個470円です。

店舗詳細

■店舗名:ちまき屋
■最寄駅:JR根岸線石川町、みなとみらい線元町・中華街駅
■住所:神奈川県横浜市中区山下町186
■電話番号:050-7522-3635
■営業時間:11:00~18:00
■定休日:月曜日
■参考URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14047447/
■公式HP:http://chimaki-ya.com/

鹿児島ちまき「あくまき」はあま〜い!

鹿児島県には「あくまき」というちまきの一種が伝わり、現在でも地域の名産品になっています。

このあくまきは、薩摩藩の携帯食としても用いられていました。あくまきは、真っ黒い竹の皮に包まれています。皮を開くと、飴色をしたかたまりが。食べるときには、かたまりを切り分けて、きな粉などをつけて食べます。食感はわらび餅に近く、お菓子に近いイメージです。

あくまきの作り方は、日本で作られたちまきの原型にほぼ近く、もち米を灰汁にひと晩浸して竹の皮に包んだあと、3時間かけて茹でます。鹿児島県ではこのあくまきを端午の節句にちまきの代わりとして食べていて、ちまきと呼んでいるところもあるそうですよ。灰汁に浸しているため、1週間以上は日持ちがします。

おいしいちまきの作り方

ちまきの材料

具がたくさん入った、中華風のちまきの作り方をご紹介します!用意する材料は、もち米、チャーシュー、干し海老、干ししいたけ、たけのこ、にんじん、そして調味料とだし汁です。

だし汁は、干し海老と干ししいたけの戻し汁を活用するともち米に味が染みて、より本格的なちまきの味になりますよ!ちまきなので、包むようの竹の皮も忘れずに。

ちまきの作り方

まず、ちまきを作る30分以上前にもち米を洗っておきます。具材の乾物類は水で戻し、ほかの食材とともに1cm角くらいに切っておきましょう。もち米と具材の用意ができたら、ごま油を熱した鍋に全て入れて炒めます。もち米が透き通ってきたらだし汁と調味料を合わせて加えましょう。水分を飛ばすように炒め合わせたら、竹の皮で包み、タコ糸で結んで蒸し器に入れて、蒸します。これでちまきが完成です。ちまきの具は大き目の方が食べた時の満足感が上がりますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
小さいころから食べているちまきですが、その歴史や食べる理由、各国での違いなどを知ってる人は少なかったのではないでしょうか?歴史深いちまき、これからも端午の節句で食べるという習慣を大事に伝えていきたいですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

かぼちゃ レシピ

皮が固いかぼちゃは切るのが大変なイメージがありませんか?かぼちゃはレンジを使えば、安全に簡単に切ることができます。固いかぼちゃを上手に切るためのレンジの使い方をご紹介します。加熱することで、調理時間の短縮にな…

天ぷら 和食 レシピ まとめ

サクッと軽く食べられてうれしい天ぷら。定番の具材はもちろんですが、これまで揚げたことのない具材で、新鮮な天ぷらを楽しんでみませんか?ユニークな野菜系、主役級のお肉・お魚系、スイーツ系までご紹介します!

まとめ

お料理の下ごしらえの際、人参の皮って気になりませんか?なんとなくピーラーで皮をむいていても、実はむかずに食べても大丈夫なんです!今回は、人参の皮について解説します。皮ごと食べるレシピも併せてご紹介しますよ。

シュウマイや蒸しパン、さつまいもなど、蒸し器の上手な使い方ってご存じですか?蒸し器ってなんか面倒で難しそうと思われがちですが、コツさえつかめば簡単に使いこなせるのです。今回は蒸し器の基本的な使い方とポイントを…

豚肉 オクラ レシピ

ヘルシーでさっぱり食べられる豚肉料理「みょうがとオクラの豚肉巻き」をご紹介します。肉巻きの具材が、オクラとみょうが、大葉ととてもヘルシーなので、お肉を食べていても罪悪感なし!レンジのみで簡単にできるのでとって…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食べ歩き 秋葉原 ケバブ まとめ

萌えと電気の街、秋葉原。電化製品が安かったり、物色してるだけで色々と楽しめる街ですが、実は食べ歩きするのにも楽しい街なんです!今回はそんな秋葉原の食べ歩きグルメをまとめてご紹介!

群馬 お土産 まとめ

群馬県で購入するおすすめのお土産をご紹介します。名産品のこんにゃくやお菓子、大福など見た目がかわいく、センス抜群のお土産がずらり!世界遺産にもなった富岡製糸場、素晴らしい自然の尾瀬や榛名山、伊香保温泉などで遊…

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

まとめ バウムクーヘン スイーツ カフェ

ずーっと昔から特別なお菓子で、みんなに愛されてきた「バウムクーヘン」。時代は変わり少しづつ変化も取り入れながら、今なお愛され続けています。今回はそんなバウムクーヘンを「お取り寄せ可能」なものだけ集めてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

レシピ

コンパクトホットプレートで有名な「BRUNO(ブルーノ)」シリーズに、「グリルポット」が登場していることをご存知ですか?1台で「煮る・焼く・蒸す・揚げる」の4役をこなす電気鍋なんですよ!使用感やお手入れの様子…

親子丼 うどん

低価格でおいしいうどんが食べられることで評判の丸亀製麺。今回は丸亀製麺が提供する裏メニュー親子丼をご紹介します。販売は一部の店舗となりますが、作り置きではなく、できたて熱々で提供される親子丼を一度試してみては?

まとめ たまご

『ぐでたま』は、日本で大人気ですが、海を越えてシンガポールでも人気なんです。今回はかわいいデコキャラ料理で有名な、Little Miss Bentoさんのレシピからぐでたまモチーフのものをご紹介。簡単で作りや…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...