ローディング中

Loading...

柚餅子(ゆべし)とは、柚子やくるみなどを使って作られた和菓子のこと。この柚餅子、名称は同じでも全国各地でさまざまな作り方や形の異なるものが存在しているんですよ。今回はくわしく柚餅子について調べてみました。

柚餅子(ゆべし)とは?

柚餅子(ゆべし)には名前に柚が入っているので、必ずゆずが使われているかと思いきや、地域によっては入らないものもある様子。もっとくわしく柚餅子について調べてみましょう。

源平時代に生まれた柚餅子

まずは、柚餅子の歴史からみてみましょう。柚餅子が生まれたのは、11世紀末から12世紀ごろの源平時代といわれています。この時代の柚餅子は和菓子という位置づけではなく、保存食または携帯できる食べ物として広まっていたようです。どのようなものだったかというと、ゆずの実の中身をくりぬいた中に、米粉やお味噌・木の実などを詰めて蒸し、それを干して乾燥させたものでした。

ゆずの香りがたち、甘さとほろ苦さが混ざった何ともいえない奥深い味わいの柚餅子。現在でも、珍味としてお酒のつまみに重用されています。また、それとは区別してお菓子としても変化していったものもあり、地域ごとでさまざまなタイプの柚餅子が生まれていきました。

柚餅子の名前の由来

柚餅子という名前は、一説によると農家で子どものおやつとして食べられていたものに由来しているようです。そのおやつとは、お米の収穫時にできる壊れたお米を米粉にして、お醤油やお砂糖と合わせたものを丸めて蒸したもの。蒸す前に上から2本の指でぎゅっと押して飾りをつけていたそうです。”指で押した”というところから、”ゆべし”と名づけられました。

柚餅子の種類

和菓子としての柚餅子は、東日本・東北と西日本とでは味も見た目もまったく異なります。地域ごとで違う味わいの柚餅子をもっとくわしくみてみます。

くるみ柚餅子

和菓子としての柚餅子の中でポピュラーなのが、くるみ柚餅子ではないでしょうか。ゆずは使われておらず、くるみの餅菓子を指します。主に東北・関東で広まったのは、ゆずの産地から遠くて使えなかったので代わりにくるみを入れて作ったため。くるみの歯ごたえと素朴な味わいが魅力です。

丸柚餅子

丸柚餅子は、ゆずの中身をくりぬき、そこにもち米粉と柚皮や砂糖を混ぜたものを蒸して半年ほど乾燥させたもの。手間と時間のかかる貴重なお菓子です。代表的な産地は石川県輪島市。ほかにも丸柚餅子を作る地域はありますが、それは輪島塗の行商人がお土産として方々に広めていったためといわれています。薄くスライスして皮ごと食べられるほか、お料理の風味づけとして使うのもおすすめの食べ方です。

備中柚餅子

備中国はいまの岡山県。こちらの地域で広まった柚餅子を備中柚餅子(びっちゅうゆべし)と呼びます。主に高梨市と矢掛町で作られていました。ゆずの産地であるため、ふんだんにゆずが使用されています。

蒸したもち粉に細かくきざんだユズの皮と水あめを加えゆっくりと煮詰め、それを乾燥させたものが高梨の柚餅子の特徴。薄い板状の形で表面には砂糖がかかっています。矢掛の柚餅子はユズの中をくりぬき、ゆず風味の羊羹を入れて蒸しあげたもの。丸柚餅子と似ていますね。

棒柚餅子

米粉ともち粉にゆずと白味噌・砂糖を混ぜ、竹皮に包んで蒸しあげた柚餅子。竹皮ゆべしとも呼ばれます。主に愛媛県西条市が産地です。竹皮に包まれているので、棒のように細長い形状が特徴的。包みを開くと、ふわっとゆずとお味噌のいい香りが広がります。

柚餅子の作り方

白玉粉を使って、ご自宅でも柚餅子を作ってみましょう。蒸す作業は電子レンジにまかせたお手軽レシピです。くるみをたっぷり加え、黒砂糖と醤油であまじょっぱく味付けしたくるみ柚餅子。

まずは、くるみをレンジで2分加熱します。白玉粉と黒砂糖、しょうゆにぬるま湯を加えて混ぜ合わせたらレンジで加熱してよく混ぜます。きなこを混ぜたら再び2分加熱し、練り合わせたら冷やし固めて完成!おいしく作るコツは、とにかくムラなく混ぜることですよ。

柚餅子といえば福島「かんのや」

1860年に菅野文助が柚餅子を作ったことに始まる「かんのや」。それ以来、脈々と菅野文助が伝えた伝承の味を受け継いで今に至ります。機械で作るようになった現在でも、材料の配合やあんこの甘さ、柚餅子の生地は職人さんの経験と技が生かされこだわりが随所に感じられるお店です。

かんのや「家伝ゆべし」は独特の形とあんこの甘みがオリジナル

「家伝ゆべし」の独特の三角の形は、鶴が翼を広げたように見せたもの。福島県では柚餅子というと、こちらの形を指すことが多いようです。鶴をイメージしたお菓子なので、お祝いごとに購入してもいいですね。

そして、もうひとつ特徴的なのが中にあんこが入っていることです。もちもちとしたうるち米の生地に包まれた、やさしい甘さのあんこは上品な味わい。けしの実のぷちぷちした食感がいいアクセントとなっているそうですよ。
公式サイト内オンラインショップにて商品購入も可能です。

店舗情報

かんのや 本店文助
住所:福島県郡山市西田町大田字宮木田39
TEL:0247-62-2016
営業時間:8:30~18:00
定休日:年中無休
参考URL:http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7006513/
公式サイト:http://www.kannoya.co.jp/

柚餅子を食べるべし

柚餅子についてご紹介しましたが、いかがでしたか。地域によってまったく違う顔をもつ不思議なお菓子ですよね。全国各地でそれぞれ伝わる伝統の柚餅子を食べてみたくなったのでは?その土地に行かなくても、通販やデパートの物産展などでも手に入れることができますので、ぜひいろいろな柚餅子を食べ比べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ヨーグルト シフォンケーキ スコーン マンゴー ドリンク スイーツ まとめ

スターバックスコーヒーはアメリカ発祥の本格コーヒーチェーン店。ドリンクメニューも豊富でファンもたくさん。そんなスタバから、夏の新作スイーツが続々登場です。スコーン、ヨーグルト、シブースト、シフォンケーキ……早…

スイーツ

焼きたてチーズタルト専門店PABLO(パブロ)に、ウキウキするような夏メニュー「ミニチーズタルト クリームソーダ」と「パブロスムージー クリームソーダ」が登場!さっぱり爽やかな、見た目もかわいいスイーツです♩

プリン

日光の素材を使ったプリン専門店「日光ぷりん亭」が、日光東照宮・神橋近くにオープン!日光ぷりんの特徴は、日光霧降高原大笹牧場の牛乳と日光産の卵を使った、とろけるようななめらかな食感のプリンが楽しめるお店です。

お菓子 和菓子

和菓子に欠かせない「求肥(ぎゅうひ)」。大福の皮部分や、あんみつのトッピングに使われることが多いですよね。今回は、そんな求肥の作り方をご紹介!レンジでの簡単な作り方や、求肥を使ったお菓子のレシピもチェックして…

京都 スイーツ お土産

流行に敏感な京都女子がこぞって通う和菓子店「吉祥菓寮」。きな粉を使ったスイーツが話題となっていますが、中でも予約半年待ちにまでなった幻の商品「焦がしきな粉のはんなりロール」をご存知でしょうか?今回は人気の秘密…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

原宿 パンケーキ 渋谷 祐天寺 スイーツ まとめ

いま流行りのパンケーキをまとめています!それぞれ違ったパンケーキなので自分のお気に入りを見つけてみてはいかが!

まとめ イギリス スイーツ

イギリス料理はまずい、というイメージがありますが、本当なのでしょうか?確かに質素なものがおおいイギリス料理ですが、最近は様々な要素を取り入れて、昔よりはだいぶおいしくなったとか、そうでないとか……。そんなイギ…

お茶 生姜 まとめ

春の足音が聞こえる今日この頃。冷え性に悩まされている人はホッと一息つく季節ですよね。でもその一方で一年中冷え性に苦しんでいる人がいるのも事実。今回は、春から夏にかけても飲める、体が芯から温まる効果があるルピシ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

北海道 食パン パン パン屋

かわいい動物の顔がついた動物パンはたくさんありますが、「三月の羊」のひつじパンDXは別格。27cmもあるひつじ全身の形をした食パンなんです。使っている素材は塩以外すべて北海道産。どこで買えるのか?その評判は?…

いなり寿司 愛知 うどん

「おきつねバーガー」ってご存じですか?おきつねさまが大好きな油揚げを使った、豊川稲荷のご当地バーガーです。サクサクして軽い食感がたまらないと、Twitterでも評判なんですよ。中には何が入っているのか、どんな…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る