ローディング中

Loading...

麦茶に、ちょっと変わった飲み方があるってご存じですか?実は、かなり多くの地域で砂糖入りの麦茶が飲まれています。そして、砂糖を入れることにはどうやら意味がある模様……。今回は、この麦茶と砂糖の関係性と、砂糖入り麦茶の効果と味をご紹介します。

知る人ぞ知る、砂糖+麦茶

「夏に飲むものといえば?」と訊かれたら、おそらくは大多数が「麦茶!」と答えると思います。私たち日本人にとっては幼い頃から親しんでいる、本当になじみ深いお茶ですよね。

しかし、それをどう飲むかというと、あなたが思っている方法ばかりではないかもしれませんよ。

なんと、麦茶に砂糖を入れる地域がけっこう多いってご存じでしたか?

麦茶に砂糖を入れる地域は

昔、おじいちゃんおばあちゃんの家へ遊びに行って、甘い麦茶を出されて驚いた!なんて経験がある方もいるのでは。あるアンケートによると、関東よりも北には、麦茶に砂糖を入れる地域が多いようです。

東日本の山形、新潟、静岡、山梨、栃木あたりには入れるところが多く、関西ではほぼ認知されていません。四国では、香川でのみ親しまれている様子。また、九州では麦茶に砂糖は入れませんが、沖縄には入れるところが多いといいます。

こうして見ると、これといって規則性があるわけでもなさそうで、どういう風にこの飲み方が広まったのか、不思議ですね。

ちなみに、さらに遠くの台湾では、麦茶に砂糖を入れて飲むことが多いようですよ。

どうして麦茶に砂糖を入れるのか

はっきりとした由来はわかっていませんが、どうやら現代人がスポーツドリンクを飲むように、運動後や疲れたときに、砂糖入りの麦茶を飲んでいた模様。

昔の人にとって、汗で失ったミネラルと、すぐにエネルギーに変わる糖分を同時に補給できる、手軽な飲み物だったのでしょう。

また、砂糖を入れた麦茶は来客への特別なおもてなしだったという説もあります。甘いものでお客様をもてなすというのは、私たちにとっても理解しやすい話ですよね。

砂糖入り麦茶の効果

デカフェ(カフェインレス)が流行のきざしを見せている昨今では、子どもや妊婦さんの体にやさしい飲み物としても注目を集めている麦茶。

水分だけでなく、ミネラルも補給できる飲み物なので、美容のために意識して飲んでいる方もいるかもしれませんね。では、そんな麦茶に砂糖を入れるとどうなるのか。

ひと言でいうと、体への吸収が早くなります。

これって実はすごいことで、まさにスポーツドリンクのようにスムーズな水分補給が可能になるんです。そのため、体を動かしたあとに飲むという目的で麦茶を作るなら、ぜひ砂糖を入れてください。砂糖の量は、コップ一杯分の麦茶にひとつまみくらいでいいそうですよ。

砂糖入り麦茶はどんな味?

とはいえ、なじみのない人にはすこし抵抗があるかもしれませんね。でも大丈夫、むしろおいしくなると考えている方が多いんですよ。甘くすることで麦茶の香ばしさが際立って、なんとなく高尚な味に変わるのだとか。

麦茶をやや濃いめで煮出しておいた方が、よりおいしく仕上がるでしょう。

多少風味は違いますが、紅茶やコーヒーに砂糖を入れてもおいしいのですから、恐れることはありません!

ほかにもある!麦茶の変わった飲み方

麦茶の変わった飲み方は、砂糖を入れる以外にも複数あります。調べた限りでは、牛乳を入れる地域と塩を入れる地域があるようですよ。

牛乳入り麦茶

麦茶の濃さにもよりますが、カフェオレのような風味になります。砂糖を入れると、より近くなりますよ。

実際、味を数値化できる味覚センサーで、麦茶に牛乳と砂糖を入れたものとコーヒー牛乳を比べると、ほとんど同じ味になるのだとか。

塩入り麦茶

特に夏の暑い盛りは、汗と一緒に体の塩分が失われやすいので、塩を入れた麦茶を飲むというのは理にかなっていますね。塩の量にもよりますが、麦茶の味はそれほど変わらず、ちょっと塩気がついいたかな?というくらいに仕上がるはず。

ちなみに、塩入り麦茶を飲んでいた地域は、北海道の一部と、京都周辺に多いようです。

おわりに

いかがでしたか?麦茶+砂糖、試してみたくなったのではないでしょうか。

甘いものを摂りすぎるのはおすすめできませんが、目的をもって飲むようにするなら、砂糖入りの麦茶を飲むメリットはたくさんあります。

麦茶の新たな魅力を発見する機会になるとも思いますので、ぜひ「麦茶+砂糖」や「麦茶+牛乳+砂糖」、「麦茶+塩」を試してみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日本酒のラベルによく見かける大吟醸ですが、大吟醸がどんな意味か、みんさんはご存じでしょうか?日本酒に詳しい方は、大好きという方も多い大吟醸とは?吟醸酒との違いやおすすめの飲み方など、日本酒をあまり知らない方に…

バー

2017年6月8日(木)、六本木の某所で行われた第3回「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」のテーマは「カミュ」。ブランデーの最高峰・コニャックは、女性の好みにこそピッタリな、意外なくらいいろいろな…

まとめ

コンビニやスーパーでもらったレジ袋、適当にまとめて仕舞っていませんか?そこでご紹介したいのが、レジ袋のたたみ方。これを覚えておくだけで、レジ袋はさらに便利に!さらに収納にもこだわれば、あなたの部屋がおしゃれな…

ぶどう フルーツ

罪なフルーツ、ぶどう。食べる手が止まらなくなるほどおいしいのに、皮が薄くて食べづらい。でも実は、そんなぶどうの皮を手軽に除けるむき方があるんです。ぶどうを食べる時にもう手を汚したくないあなた!必見です。

バーボンを飲んだことはありますか?高価なお酒というイメージがありますが、どんな飲み方をすればおいしく飲めるのでしょうか。おすすめ銘柄は?今回は、バーボンの基礎知識や飲み方、おすすめ銘柄など、余すことなくご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

キラキラの雪が舞うガラスの置物といえば「スノードーム」。一度は触れたことありますよね。そんなスノードームが手作りできるということを、みなさんご存知でしょうか?ジャムの空き瓶があれば簡単に作れますので、ぜひ一度…

うなぎ 寿司 まとめ さんま

「土用の丑の日」は夏だけかと思いきや……実は秋にも存在するって知ってましたか?今回はそんな秋の土用丑についてご紹介します。実は中国の古代思想に根付いているようですよ。また松坂屋上野店で開催中のフェアについても…

ushi3

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真...

ページTOPに戻る