ローディング中

Loading...

ナッツの健康効果に注目が集まる昨今、栄養豊かなアーモンドでダイエットできる!きれいになる!と人気です。なぜ、アーモンドにそのような効果が期待できるのでしょうか?アーモンドの栄養や効果的な食べ方などをまとめて紹介します。

アーモンドは高カロリーでもやせる

最近、ナッツの健康効果に注目が集まっていますね。ココナッツ、マカデミアナッツ、くるみなど、よく話題にのぼるのでご存じの人も少なくないでしょう。

数あるナッツのなかでも、特に高い健康効果で知られているのが「アーモンド」です。アーモンドと聞くと、「高カロリーで太りやすい」とか「ニキビができてしまう」というイメージを持たれがち。でも、じつはダイエットしたい人にとっても健康志向の人にとっても、アーモンドはおすすめの食品なんですよ。

実際、アメリカのハーバード大学で、こんな研究がおこなわれたそうです。18歳〜50歳の50人を対象にして、適量のアーモンドを毎日の食事に取り入れた人の体重変動を確認したところ、多くの人が5キロ以上の減量に成功したのだとか。しかも、1年たってもリバウンドがなかったということです。

なぜでしょうか?

今回はアーモンドの栄養、効果についてまとめます。

アーモンドは栄養満点!

ビタミンE

100g中に31.2mg含まれており、全粒の穀物やナッツ類を含め、丸ごと食べられる食品の中で一番の含有量です。

ミネラル

必須栄養素のミネラルが多く含まれています。特に含有量が多いのは、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅の6種類です。

不飽和脂肪酸

アーモンドの脂質のほとんどは不飽和脂肪酸で構成されています。この油は「体にいい油」で、健康・美容に役立ちます。

食物繊維

100g中に10.4g含まれています。食物繊維の豊富な食品として知られるごぼうと比べても、なんと倍近い量です。

アーモンドの効果効能

ダイエット効果

まず注目したいのが、アーモンドのダイエット効果です。アーモンドの主成分はオレイン酸、リノール酸という「不飽和脂肪酸」。また、アーモンドには食物繊維も多いため、便秘をよくして体内の老廃物を排出したり、食後血糖値の上昇を抑えて、ブドウ糖を余分に吸収しないように働いてくれます。

美肌作用

アーモンドと聞くと肌荒れの原因になる、というイメージですが、実は美肌作用があります。美肌作りに必要なビタミンEを豊富に含んでおり、ニキビの改善によいとされるビタミンBもたっぷりです。

アンチエイジング効果

アンチエイジングに役立つ点も、アーモンドをとるメリットといえます。抗酸化作用を持つビタミンEが豊富なことに加えて、ここでご紹介したいのが「AGEの生成を抑えてくれる」というアーモンドの作用でしょう。

見慣れない言葉かもしれませんが、じつは老化や生活習慣病の原因になるとして、最近、とても注目を集めています。 AGEは日本語で「終末糖化産物」といって、タンパク質と糖が過熱されてできる物質のこと。AGEが血管内にたくさん溜まってしまうと、肌が老化してシワやシミを増やしてしまうだけでなく、体内の組織に作用するのでさまざまな病気を引き起こしかねません。アーモンドには、このAGEの生成を抑えてくれる作用が期待されています。

便秘の予防

食物繊維を多く含んでいるので、お通じの状態をよくしてくれます。便秘の予防・改善にぜひおすすめしたい食品といえます。

デトックス作用

多彩なミネラルは体内に溜まった老廃物の排出を促してくれます。体の中からスッキリして、体が軽くなるのを実感できるはずです。

むくみ予防

体内の水分代謝に関わるカリウムを含んでいます。そのため、体内の余計な水分を排出してくれるので、むくみの予防につながります。

貧血を防ぐ

アーモンドは鉄分と亜鉛を豊富に含んでいます。鉄分は貧血を防ぐ要の成分ですし、じつは「亜鉛欠乏性貧血」という言い方もあるほど、亜鉛不足も貧血の原因。その二つを含むアーモンドは、貧血の予防を促してくれます。

アーモンドの上手な食べ方

食べる量

アーモンドは、1日に20〜25粒を目安に食べるとよいそうです。

ちなみに、慶応大学医学部の井上浩義教授が以前、被験者32人(半年続けたのは19人)に対して、生活習慣を変えずに毎日、アーモンドを1日に25粒食べてもらいました。すると、平均して3.4キロのダイエットに成功したということです。

アーモンド25粒のカロリーは、およそ150キロカロリー。この分のカロリーが増えたにもかかわらず減量できたわけですから、アーモンドのダイエット効果は期待大!といえますね。

アーモンドの正しい選び方

アーモンドにはローストしたものと生のものがあります。生アーモンドのほうがビタミンも多く、より健康・美容効果を実感できるともいわれますが、アーモンドに含まれるビタミンは熱に弱くないため、どちらを食べてもあまり違いはないようです。

しかも生アーモンドの場合、体内の消化酵素の働きを抑える「酵素抑制物質」を含んでおり、この物質を取り除くには12時間ほど水に浸して皮を取り除く必要があります。アーモンドは皮の部分にも栄養をたっぷりと含んでいることを考えると、ローストのアーモンドでも十分に効果は実感できるはずです。

食べ方のコツ

アーモンドの細胞はとても硬くて厚いので、栄養の消化・吸収に時間がかかります。粒のまま食べた場合と、粉末にした場合の消化量を比べると、前者の消化量は後者の約半分程度しかないともいわれます。

そのため、粉砕してサラダにかける、アーモンドミルクにする、ペースト状にして醤油や味噌と混ぜるなど、細かくした食べる方法をおすすめします。

妊婦は食べてもOK?

上で述べたように、アーモンドは高カロリーの食材なので、1日に食べる量は20〜25粒。それをきちんと守れば、妊婦さんもアーモンドを食べて問題ありませんし、むしろ胎児の成長に欠かせない葉酸や、女性ホルモンの分泌を促すトコフェノール(ビタミンE)など、妊婦さんに必要な栄養をたっぷりと含んでいます。

アーモンドを食べる際の注意点

皮も一緒に食べる

アーモンドの皮にはポリフェノールが含まれており、この成分がアンチエイジングを後押ししてくれます。皮ごと食べるようにしましょう。

密閉容器で保存

アーモンドは空気に触れると少しずつ酸化していきます。せっかくのアンチエイジング効果が薄くなってしまうので、保存する際はビンや缶など密閉容器を使いましょう。

味付きアーモンドは控える

塩漬け、砂糖漬けのアーモンドでは、塩分や糖分の摂取量が大幅に増えてしまうので、逆効果になりかねません。素焼きアーモンドを選ぶようにしてください。

おわりに

ダイエットにも、健康・美容にも役立つアーモンドのすごい効果、いかがでしょうか?1日20〜25粒というと多いように感じられますが、細かく粉砕して料理に加えたり、ドリンクにすれば、じつはとっても手軽です。

ぜひアーモンドを毎日の習慣にして、健やかな生活を送ってください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は涼感たっぷり金魚鉢ドリ…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

サムギョプサル 京都 ランチ 韓国料理 まとめ

男性にも女性にも大人気の韓国料理「サムギョプサル」。雅やかな印象の京都ですが、京都にも絶品サムギョプサルが食べられる人気のお店があるんですよ!今回は京都に行ったらぜひ立ち寄ってみてほしいサムギョプサルが食べら…

スイカ スイーツ まとめ

夏といえばスイカを食べたい!ということで今回は、ノスタルジーでおいしいスイカスイーツを大特集!毎年大人気の夏季限定スイーツから、今年初登場のおすすめスイーツまでたっぷりご紹介します。お取り寄せや通販情報も一緒…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

東京

スターバックスコーヒーが2010年から展開している「スターバックス イブニング」が、アジア初展開として遂に東京丸の内にオープンします。スターバックスがセレクトしたアルコールドリンクとオリジナルのフードは必見で…

パスタ レシピ おしゃれ

うずらの卵を使ってかわいいネコちゃんが作れちゃいます。材料は、あと海苔とかまぼこだけというシンプルさ。簡単に作れちゃいますよ。ボンゴレスパゲティのレシピはほかのサイトを紹介されていますので、そちらから参照して…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る