ローディング中

Loading...

ブロッコリーは冬のお野菜の代表です。小房に分けて花の部分を食べた後、茎はどうしていますか?この茎、実はあまみも詰まってとってもおいしい部分なんですよ!今回はブロッコリーの茎を使ったおいしいレシピのご紹介です。

1.明太マヨバターチーズ焼き

長いもをローストするとしゃっきりとろ~りとおいしくなりますね。
マヨネーズとチーズがからむ味わいにブロッコリーの茎も一緒に焼いてあげましょう。
ブロッコリーの茎は輪切りにして下ゆでしてから焼いていきます。
ブロッコリーの甘みと長いものとろみにめんたいマヨの風味をしっかりからめてアツアツのところを召し上がってくださいね。

2.ブロッコリーの茎の豚巻き

ブロッコリーひと株をあますところなく使えるレシピがこちらです。
茎の部分はお肉に巻いて焼きました。花房はゆでて飾りにしてひと皿に盛り合わせるととこんなにオシャレなブロッコリー料理になります。
肉巻を作る時のポイントは巻きおわりを下にして焼くこと。タンパク質が引っ付いてはがれにくくなります。
味付けは麺つゆですので超簡単、時短レシピです。

3.海老・ジャガ・ブロ茎のガーリック炒め

エビとガーリックって一緒にお料理するとどうしてあんなにおいしくなるんでしょう?って思いませんか?そのエビガーリックから出るお汁は一滴たりとも逃さず食べたいですよね。
そこで、おじゃがとブロッコリーの茎を一緒に炒めました。
おじゃがに絡むエビガーリック!ブロッコリーの茎の甘みとも相性ばっちりです。
栄養バランスもいいこのレシピぜひお試しくださいませ。

4.ブロッコリー茎きんぴら

ブロッコリーの花房を食べた後の茎部分でもう一品。あまり食材の定番といえばきんぴらです。
ブロッコリーもしゃきしゃきの歯ごたえと唐辛子のピリ辛、しあげにゴマをかければ、あわいグリーンのおいしいきんぴらの出来上がりです。
これが、とってもおいしいのです。
今まで捨てていたなんて!と思うおどろきのお料理になります。

5.ブロッコリーの柚子塩トマトマリネ

ブロッコリーの茎をお料理するときにはちょうどいい大きさがあります。
かたい外の皮はちょっと厚めにむいて、柔らかい部分は5ミリ程度の厚さがいいですよ。
するとかた過ぎず、歯ごたえもちょうどよくなります。
ゆで過ぎにも注意が必要ですが、ゆで上げた後自然に冷ますと水っぽくなりません。
サラダの場合は特にしゃっきり感を大切にするとおいしくできあがります。
ブロッコリー丸ごとで、それに塩トマトとピリッと辛みの効いた柚子ごしょうであえてあげると、おつまみにも前菜にもなるオシャレなレシピです。

6.ブロッコリーの茎で黒酢の胡麻和え

ブロッコリーの茎をむし煮にすると栄養分がぬけにくいのだそうです。
少なめのお水でむし煮にしたものを黒酢としょうゆのタレに揉み込むと体にやさしいごまあえになります。
黒酢は疲れを取る効果、血液をサラサラにする効果もありますので、体にもうれしいですね。

7.ブロッコリーのお漬物

ブロッコリーの茎はお漬物にもできます。
ぬか漬けにしてもいいのですが、あま味のあるみそ漬けにすれば、お子様にも、ご主人のお酒のおつまみ、お弁当に入れることもできます。
みりんとおみそをポリ袋に入れて1-2日つけ込むだけです。
ブロッコリー料理で残った茎でもう一品、ぜひ作ってみてください。

ちょっとした工夫で食品ロスをなくす

現在問題になっている「食品ロス」。
食べられるのにゴミとして廃棄処分してしまうことです。
日本では年間約1900万トン排出される食品廃棄物のうち500万~900万トンが食品ロスと言われています。
おいしく食べられる部分はちょっとした工夫でよりおいしくめしあがることができます。
ぜひ、今回のレシピを参考にしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 唐揚げ まとめ

菊芋って、あまり聞きなれないですよね。まだまだ珍しい食材ですが、菊芋とはどんな野菜なのか、どんな食べ方ができるのかをご紹介。加熱して柔らかくするのもよし、生のままサラダにするのもよし!今回は菊芋を使った人気の…

京都 まとめ

京都旅行はただ食べ歩きするだけじゃもったいない!旅のプランに和菓子体験を取り入れるのが通の歩き方ですよ。「甘春堂」や「老松」など和菓子作り体験教室を開催しているおすすめの和菓子店を10店舗ご紹介しますので、京…

バター レシピ

「新じゃが味噌バターコーン炒め」のレシピをご紹介します!ホクホクの新じゃが、味噌、バター、コーン……材料見ただけでもおいしくないわけがありませんよね!さらに鶏もも肉とアスパラを加え…

レシピ

ほっくほく食感の新じゃがいもと甘みたっぷりな新玉ねぎで作る「塩バター肉じゃが」のレシピをご紹介します!醤油ベースの肉じゃがに飽きたあなたにおすすめです♩ニンニクの香りと、バターのコク深い味わいがやみつきになり…

餃子 レシピ

皮を使わずに作る「新じゃがハサミ餃子」のレシピをご紹介します。なんと、タネを皮で包まずにスライスしたじゃがいもではさむだけなんですよ!丁寧に包む手間が省けて楽チン。ホクホク食感のじゃがいもと、ジューシーなタネ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ おつまみ まとめ ワイン

仕事から疲れて帰ってきたらお疲れ様の一杯♪そんな時にぱぱっと作れる、ビールやワインにぴったりなおつまみのレシピをご紹介します。どれもとっても簡単なので、ぜひ試してみて下さいね♪ホームパーティーやお家デートにも…

レシピ シチュー おでん まとめ

寒い日に温かいものが食べたい・・・そんな時、シチューが頭に浮かぶことはありませんか?定番のビーフシチュー、ホワイトシチューをはじめ、チャレンジしてみたいレシピまとめをご紹介します。今日の献立はシチューにしてみ…

レシピ 調味料 まとめ

ふきのとうと味噌で作った「ふき味噌」は万能調味料です。その基本の作り方とふき味噌を使った料理のレシピをいくつか探してきました。春の旬をふき味噌で味わってみましょう♪ご飯も進みすぎて箸がもうとまらないかも(笑)

サンドイッチ レシピ スイーツ まとめ

「生クリームサンド」がテレビで紹介されて話題になっているようです。スイーツパン・おやつパンとして最適な濃厚クリームが味わえる生クリームサンドを食べてみたいですよね♪では自宅で手作りしてみましょう!レシピを紹介…

まとめ レシピ おにぎらず エスニック

さいきんお昼はいつもおにぎらずを持参。でも、具材がワンパターン化してるんだよねー・・。そんなあなたにとっておきのアレンジレシピを紹介します。ちょっと変わったエスニックアレンジでおにぎらずをもっともっと満喫しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

日本酒

日本が世界に誇る日本酒ですが、そのなかに”生酒(なまざけ)”という種類があります。フルーティな味わいが魅力的で、お酒が苦手な方でも飲みやすい日本酒なんです。日本酒を始めたいと思っている…

仕事や家のことで忙しく、ストレスを感じてはいませんか?そんな人に食べてほしいのが「とち餅」です。日本昔ながらの味で、食べると素朴な味に癒されるといいます。体が喜ぶ健康効果もあり心と体に効くひと品。今回特別に簡…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...