ローディング中

Loading...

連載:キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー

冬は多くの柑橘類が旬を迎える時期。なかでも小粒で可愛らしい「金柑(きんかん)」は、美肌作りやむくみ予防、腸活におすすめの果物です。今回はそんな金柑の驚くべきビューティーパワーと、バレンタインギフトにもおすすめの簡単スイーツレシピをご紹介!

金柑ってどんな果物?

金柑(きんかん)は中国原産の小さな小さな柑橘類。その中でも「金柑属」として独立しているのが特徴です。
みかんや八朔などほとんどの柑橘類が苦みのある皮を剥いて甘い果実だけを食べるのに対して、金柑は皮が甘く果実はやや酸っぱく、丸ごと食べるのが一般的です。
旬は11月中旬~2月中旬。薄くて甘い皮部分にはむくみ予防や美肌作り、便秘予防に嬉しい栄養素がギュッと詰まっています。

おいしい金柑の選び方は?

選ぶ際は皮にツヤとハリがあり、傷のないものを選びましょう。
ずっしりと重みがあるものがジューシーでおいしいですよ!

金柑のビタミンC含有量はトップクラス

金柑には可食部100gあたり49mgのビタミンCが含まれています。
レモンのビタミンC含有量は可食部100gあたり50mg。まさにレモンに匹敵するくらいの豊富なビタミンCを金柑は含んでいるんです。
特にオレンジ色の皮部分にビタミンCが多く含まれているので、皮ごと生食にしたりスライスしてはちみつ漬けにしたりするといいですよ。

ビタミンCはコラーゲン生成をサポートしたり、メラニンの沈着を予防したりする働きがある美肌作りの強い味方!また免疫力UPや抗酸化作用も高いので、風邪の予防やアンチエイジングにもおすすめです。

生活習慣病予防にも◎

金柑の皮だけでなく、筋皮部分にも注目すべき栄養素が含まれています。
特に「ビタミンP」と呼ばれるビタミン様物質(※ ビタミンと同様の生理作用が認められている物質)、フラボノイドの一種「ヘスぺリジン」が豊富です。

フラボノイドはポリフェノールの一種で、植物に含まれている色素・苦み・辛味成分のこと。抗酸化作用や血圧・コレステロールのコントロールなど様々な効果があるといわれます。

またへスぺリジンは血流の改善効果が期待されており、動脈硬化や心筋梗塞の予防におすすめです。いつまでもキレイ&健康でいるためにもサラサラ血液は欠かせません。

その他のビタミン類もたっぷり

金柑にはビタミンC以外にも、美容と健康にうれしいビタミンが豊富に含まれています。
ビタミンB1
・糖質の代謝をサポートし、脂肪が溜まりにくいカラダを作る。
・疲労物質「乳酸」の代謝を促進し、疲労回復効果が期待される。
・脳や神経の働きを正常に保つ。
ビタミンE
・ビタミンC同様、抗酸化作用が高く細胞の老化を防ぐ。
・血流を促進し巡りを良くする。→血色の良いお肌作り、冷え予防に◎
βーカロテン
・ビタミンAの一種で、皮膚や粘膜の健康を維持する。→目の健康の維持、肌の乾燥防止に◎

むくみや便秘解消効果も

ほかにも、むくみ予防や高血圧症状の緩和に効果的なカリウムや、腸内環境を整え便秘解消に効果的な食物繊維もたっぷり含まれています。

特にカリウムは、柑橘類の中ではトップクラスの含有量!冬は冷えて血流が滞りやすくなるため、むくみが気になるという人も多いですよね。むくみが気になる時は、朝食時のフルーツやおやつ代わりに金柑を食べてみてはいかが?
インナービューティーの強い味方、金柑をおいしく食べられる2種類のレシピをご紹介。どちらも簡単に作れる金柑スイーツです♩

【レシピ】金柑チップス

スライスしたらあとはオーブンでじっくり加熱するだけの簡単&ヘルシーおやつです。金柑の甘さを活かし、砂糖は使いません。ダイエット中のおやつにもおすすめ。

材料

・金柑 …適量

作り方

1. 金柑はよく洗ってから水気を拭き取り、約3ミリの厚さにスライスします。種は取り除いてください。
2. 天板にオーブンシートを敷き、1を重ならないように並べます。
3. 100度のオーブンで60分焼きます。
4. 裏返して、さらに30分焼けば完成。
〈ポイント〉
■ オーブンで水分を飛ばしたドライチップスは、金柑の甘みが凝縮されて生食とはまた違ったおいしさが楽しめます。オフィスでのおやつにもおすすめ!
■ お好みで湯せんで溶かしたチョコレートをかけてもおいしいです。

【レシピ】金柑パウンドケーキ

バター、お砂糖控えめのヘルシーなパウンドケーキは、爽やかな金柑の風味とはちみつのやさしい甘さがポイント。チョコレートが苦手な方へのバレンタインギフトにもおすすめです。

材料

・金柑 …2個
・無塩バター …60g
・三温糖 …60g
・卵 …1個
・薄力粉 …120g
・コアントロー …小さじ1/2
・はちみつ …大さじ1

作り方

1. 金柑はみじん切りにします。
2. バターを耐熱容器に入れて電子レンジ(600W)で1分加熱し、ゴムベラで滑らかなクリーム状になるまで練り混ぜます。
3. 2に砂糖を加え、滑らかになるまでゴムベラですり混ぜます。溶いた卵を2〜3回に分けて加えよく混ぜ、さらにコアントローと1の金柑を加えてよく混ぜ合わせます。
4. 薄力粉をふるいながら2〜3回に分けて加え、その都度よく混ぜます。粉っぽさがなくなりツヤが出ればOKです。
5. 型の底と側面にオーブンシートを敷き、生地を流し込んで180度のオーブンで40分焼きます。
6. 焼きあがったら表面上部にハケではちみつを塗り込んで完成です。
〈ポイント〉
■ オーブンシートは型から少し飛び出すように敷くと、焼きあがったあとに取り出しやすくなります。
■ 生地は四隅にしっかり行きわたるようゴムベラで詰め、膨らみやすい真ん中部分を少し凹ませておくとキレイに焼きあがります。
■ 焼きあがり後、20~30cmの高さからタオルの上に型ごと落とすと焼き縮みを防げます。

おわりに

いかがでしたか?
金柑は冬のキレイと健康を維持するためにピッタリの柑橘類。小さな粒に栄養がギュッと詰まっていて、手軽に丸ごと食べられるのが嬉しいですよね。

今回はスイーツレシピをご紹介しましたが、スライスしてほうれん草や春菊のお浸しに和えたり、刻んで牛肉やラム肉のグリルにソース代わりに添えたり、半分に切って肉の煮込み料理に加えたり……こんな風にお料理に使うのもおすすめです。

ぜひ色々な食べ方で旬の金柑を楽しんでみてくださいね!

次回予告

知っているようで知らないレモンの栄養価と食べ方をご紹介します。お楽しみに。
(写真&スタイリング/國塩亜矢子)

《キレイは中から。あなたに贈るインナービューティー》の記事一覧

レシピ まとめ

冬を代表する柑橘のひとつ「ゆず」。さわやかでどこか懐かしい香りのするゆず、大好きな人が多いはず。でもイマイチ使いこなせていない。。。という人が多いのでは?そこで今回は柚子の栄養ポイントとゆずを使った簡単レシピ…

みかん

冬のフルーツと言えばやっぱりみかん!みかんは美肌作りや風邪予防に欠かせないビタミンCや食物繊維など、栄養の宝庫。今回はみかんの栄養と、ホリデーシーズンに使える簡単レシピをご紹介。美容と健康のために、旬の果実の…

レシピ

小粒なアーモンドには美容と健康にうれしい、ビタミンEや食物繊維などの栄養素が豊富。良質なオイルは美肌づくりのサポートに欠かせません。今回はそんなアーモンドのインナービューティーポイントと、覚えておくと便利な簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ まとめ

時は春。別れと出会い、新生活をスタートする季節ですね。春と言えば桜の花が日本人の心にしみついていますが、この季節にだけ獲れる旬の食材のひとつが桜えび。桜えびの味を活かす、かき揚げやパスタ、炊き込みご飯など人気…

そうめん レシピ まとめ

夏の定番メニューそうめん。食欲のない時でも食べやすいそうめんですが、ひと品おかずがあるとよいですよね。そうめんに合うおかずってなんでしょう?そうめんだけだとちょっと物足りない食卓も、もうひと皿加えるだけでずい…

國塩亜矢子

【旬食美人学】主宰 「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援した...

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/

ページTOPに戻る