ローディング中

Loading...

美容効果も高く、ダイエットもサポートしてくれる青パパイヤを食べたことがありますか?完熟する前の青パパイヤは普通のパパイヤより栄養が豊富で、女性にとって嬉しい食べ物なんです!青パパイヤの効能や調理法、おすすめレシピを紹介します。

青パパイヤとは

青パパイヤは、タイやフィリピン、沖縄などではポピュラーな野菜のひとつです。パパイヤというとフルーツを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、この青パパイヤは果実が熟す前に収穫して、野菜として調理されます。

スーパーなどで見かけてもなかなか手に取りづらい青パパイヤ。でも栄養豊富で、美容面でも健康面でも体にうれしい効果が期待できるんですよ。食感がやみつきになるという人もいるほど。試してみる価値ありです。

青パパイヤの特徴

皮は硬そうに見えますが、かぼちゃほどは硬くはなく、包丁で簡単に切れます。果肉は白く、切ると白い乳液状の果汁が出てきます。この乳液が手につくと、かぶれることがあるので肌が弱い方はちょっと注意が必要かも。洗い流すか、前もって手袋をするようにしましょう。だいたい常温で2週間ほど保存できます。

収穫時期や発祥地

青パパイヤは歴史をたどれば2億年前からあるとされています。16世紀はじめに、コロンブスによって南アフリカ大陸北西部で発見されました。船旅の途中、船員のひとりが体調不良をおこした際に、原住民にパパイヤを差し出され、回復したことに驚いて国に持ち帰り、そこから広がったと言われています。

国内の青パパイヤは、沖縄や、鹿児島で生産されているのが主ですが、そのほか愛知県や高知県でも栽培されています。もともとパパイヤは熱帯地帯で育つため、国内のものは年中出荷されるわけではなく、市場に出回るのは7月から11月初旬くらいまでです。輸入されたパパイヤであれば、年中お店で売られていますよ。

パパイヤとどう違うの?

パパイヤと青パパイヤは、基本的には同じ果実です。実が十分熟してからフルーツとして食べるのがパパイヤ、熟す前に収穫して野菜として食べるのが青パパイヤです。実が熟すにつれて多少栄養価も変わります。

青パパイヤの食べ方

青パパイヤをやさしく水で洗ったら半分にカットします。種がある場合にはスプーンなどで取り除きます。包丁、またはピーラーを使って皮を剥き、使いやすい大きさに切ります。あくが気になる場合は水につけてあく抜きをしましょう。千切りにするときは、千切り器やしりしり器(千切りより少し厚く切る器具)を使ってもOKです。

青パパイヤに含まれる栄養素

パパイン

青パパイヤには「パパイン」という、たんぱく質を分解する酵素が豊富に含まれています。お肉などのたんぱく質の分解を助けるだけでなく、脂質や糖質の分解にも働きかけるため、ダイエットにも効果があると言われています。またこれらの酵素は、老化の原因といわれる活性酸素を除去する働きもあるそうですよ。

ただ、実が熟すにつれてこのパパインの量は減ってしまうそうです。そういう点では、パパイヤよりも青パパイヤを取り入れたいところですね。

ポリフェノール

ポリフェノールは、抗酸化作用で老化防止することでよく知られていますね。ポリフェノールといえば赤ワインを想像される方が多いと思いますが、青パパイヤは、なんとワインの7.5倍の量が含まれているんです!

また血流をよくする働きもあり、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病を予防します。肩こりや冷え性の改善にも繋がり、女性にとっては特にうれしい効果がたくさん!

ビタミンC

青パパイヤにはたくさんのビタミンが含まれますが、中でもビタミンCが豊富です。レモンにも負けないほど多く含まれており、青パパイヤに含まれるビタミンCはほかの植物に含まれるビタミンCよりも熱に強いのが特長です。ビタミンCは美肌のためのコラーゲン合成や、抗酸化作用、免疫力アップなど美容にも健康にも必要な成分ですが、体内では生成されないので積極的に取り入れるようにしましょう。

青パパイヤの効果効能

生活習慣病予防

生活習慣病は、日ごろの食生活や運動不足から引き起こされるものなので、意識していれば予防することが可能です。生活習慣病の中でも、高血圧や脳卒中、心臓病などは血管や血流が大きく関わってきます。青パパイヤの栄養素が持つ抗酸化作用により血管の老化を遅らせるとともに、ポリフェノールによる血液サラサラ効果がこういった病気のリスクを抑えます。

ダイエット

青パパイヤに含まれる酵素がダイエットの鍵です。上記でもお伝えしたように、パパイヤの酵素には、脂質・糖質・たんぱく質を分解する作用があり、「食べたものをリセットできる」と言われています。ちょっとカロリーが高めの食事をしたいときやダイエット中に付け合せにするといいかもしれませんね。完熟したパパイヤよりもはるかに多くの酵素を含む青パパイヤはぜひ味方につけたい食材です。

美容効果

青パパイヤに多く含まれるビタミンCとポリフェノールは美容効果が高い成分です。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑えるために、肌のシミやくすみのトラブルを予防します。また、コラーゲンの合成を助けてくれるため、きめ細かい肌へと導いてくれますよ。

さらにポリフェノールも肌に効果的!血行をよくすることから肌の新陳代謝が活発となり、古い角質が剥がれ、生まれ変わるのをサポートしてくれます。

青パパイヤを使ったレシピ

タイ料理の定番、ソムタム

タイの定番料理のひとつソムタム。青パパイヤを千切りにし、トマトも食べやすい大きさにカットします。あとはみじん切りにしたにんにくとパクチー、調味料を和えるだけで簡単にできあがり!あっさりしていて、これならいくらでも食べられそうです。ちょっとこってりしたお料理の付け合せにいかがですか?

もしタイ風の味付けが苦手なら、お好みのドレッシングでサラダとして食べてもOK!生で食べるときは、事前にあく抜きをして使うのがおすすめですよ。

エスニックスープ

青パパイヤを使ったちょっとピリ辛なエスニックスープ。鍋に水と調味料を入れ沸騰したら、薄切りにしたパパイヤを入れて、すこし柔らかくなるまで煮ます。火が通ったら豆腐と残りの調味料を入れ、味を整えたら最後にパクチーを散らして完成です。スープで体を温め、青パパイヤがもつ血流促進作用でさらに代謝もアップ!ダイエットにもよさそうなスープです。お好みでライムを絞れば爽やかさがプラスされ、またひと味変わりますよ。

酵素は熱に弱く、効果を得るには生食が基本とされていますが、なんとこの青パパイヤは熱に強く、80〜90度でも作用を失わないのがすごいところです。そのためにスープにしてもOKですが、あまり強火で煮込みすぎないようにしてくださいね。

ピクルス

こちらは、おかずにもお酒のお供にもなりそうなひと品です。青パパイヤとパプリカを食べやすい大きさにカットし、容器にいれます。水と調味料を鍋で沸かし人肌程度に冷めたら、容器に流し入れます。2時間以上冷蔵庫にいれ、味を染み込ませたらできあがりです。簡単にできるので、多めに作り置きしておくと便利ですね。お弁当のひと品にもよさそう!

青パパイヤは女性の味方!

普段あまり馴染みのない青パパイヤかもしれませんが、これだけうれしい効果があると分かれば、今すぐにでも取り入れたくなりますよね。

普段食べるものって、だいたいワンパターンになっていたりしませんか?少し視野を広げてみると、栄養価が高く、体のために効果的に働いてくれる食べ物がたくさんあります。たまには挑戦したことのない食材を使ってお料理してみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 北海道 サラダ ラーメン まとめ

北海道で人気のご当地グルメ「ラーメンサラダ」を知っていますか?さっぱり食べられてヘルシーなので、暑い日や食欲のない日におすすめです。今回はおうちで楽しむことができる15のレシピをご紹介します。この夏、活躍する…

カレー レシピ

2017年5月25日放送の『あさチャン』で、マツコ推薦のカレー研究家・一条もんこさんが、自宅で作れる激うまカレーのレシピを教えてくれました。今回は、もんこさんオススメのカレーの名店と、自宅で簡単に作れる激うま…

アレンジレシピ レシピ まとめ

甘くてほろ苦いキャラメルソースは、作り方をマスターしておけば何かと使える万能ソースです。水以外の材料は2つだけと、とってもシンプルで簡単!この記事ではパティシエが教える基本のキャラメルソースや人気のアレンジレ…

カレー レシピ まとめ

カレーを自宅で食べるとき、いつも同じ味、同じ食べ方になってしまっていませんか?特に二日目のカレーはおいしいけど飽きてしまってスプーンが進まないってことありますよね。そんなときはカレーにトッピングを乗せて少し違…

お好み焼き レシピ まとめ

たこ焼きやお好み焼きを作る際の専用粉。どっちも常備されていることは少ないのでは?たこ焼き粉でお好み焼きは上手に焼けるでしょうか?お好み焼きが作りたいけど、たこ焼き粉しかない場合の対処の仕方をご紹介します!ふた…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

まとめ

"女性の果実"として古くから美容・健康に活用されてきた、ざくろ。「ざくろジュース」は簡単に手作りできて、アンチエイジング、美肌、ダイエットの効果が期待できます。見た目もあざやかな「ざくろジ…

うどん

うどんって、実はとても低カロリー。意外にも、炭水化物量が驚くほど少ないのです。今、そんなうどんを使った「うどんダイエット」が、無理なくやせられると話題になっています。今回は「うどんダイエット」のやり方や効果な…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...