ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

稲毛海浜公園内に新時代のグランピング施設がオープン!

Photo by 株式会社ワールドパーク

2021年4月22日(木)、自然と共生しながら楽しむライフスタイルの体験ができるグランピング施設「small planet CAMP&GRILL(スモール プラネット キャンプ&グリル)」が、千葉県・稲毛海浜公園内に誕生しました。

上質なナチュラルさを意味する “ナチュール”、本物・本質といった贅沢な体験価値の “リュクス”、自然と人が共存し循環する “サステナブル” がコンセプトの新時代のグランピング施設です。

このたびのオープンにあたって、macaroni 編集部もさっそく潜入。おもに食事シーンにフォーカスを当ててご紹介していきます。

自然との共存を体験できるグランピング施設

Photo by 株式会社ワールドパーク

公園内に作られたグランピング施設は、自然との共存を体験できる快適な空間。恵まれた自然環境を活かしたつくりで、モダンかつボタニカルな佇まいです。

グランピングは全8棟。そのうち1棟は、周囲から完全に独立したプライベートな空間で、まわりを気にせずペットと過ごすことも可能ですよ。

Photo by 株式会社ワールドパーク

施設内のテントはすべて、北欧発の歴史あるアウトドア用品ブランド「ノルディスク」のもの。広々とした室内で、過ごしやすく洗練された雰囲気です。

テントエリアの中心にあるFire Pitでは、焚き火を眺めながら会話やお酒を嗜むことができますよ。

フレンチシェフが振る舞うオーベルジュダイニング

Photo by 株式会社ワールドパーク

small Planetでの食事は、千葉ならではの “千産千消(地産地消)” をテーマに、採れたての食材をふんだんに取り入れた料理を楽しめます。それもフレンチ出身の専属シェフが考案した、まるでオーベルジュのようなメニュー。

グラスやカトラリーなどの食器類が使い捨てではないのも注目すべきポイント。環境に配慮された結果、海外のガーデンBBQのようにおしゃれな雰囲気が醸し出されています。

ベジタリアン、ヴィーガン対応のBBQメニュー

Photo by macaroni

ベジタリアン、ヴィーガン対応のBBQメニューがそろっているのも、small planetの魅力のひとつ。千葉の豊かな大地で育てられた野菜のグリルや、炊き込みご飯が提供されます。

メニューの一部である、ソイミートを使った唐揚げは米粉使用のサクッとした食感。豆特有の緑臭さがなく、ジューシーで食べごたえのあるひと品でした。下味がしっかりついているので、物足りなさを感じないことに驚きです。もしかしたら、鶏肉よりも好きかも……?

野菜の旨みをたっぷり含んだ炊き込みご飯

Photo by macaroni

数種類の野菜の出汁がたっぷり染み込んだ、特製の炊き込みご飯。オリーブが絶妙な塩梅でコクを生み出しており、野菜だけとは思えないほどの深みを感じました。

お米は千葉県で化学肥料に頼らないお米作りをしている、株式会社理想郷のもの。STAUBで作る炊き込みご飯に合うよう、千葉の独自品種である大粒「プレミアムふさこがね」を用意したとのこと。

千葉の大地をまるごと味わえるグリル野菜

Photo by macaroni

BBQで使われる野菜は、千葉県若葉区で高梨農園のもの。菜種や煮干し、蟹の甲羅など、千葉県内の各地から集めた恵みを活かし、ほかとは違う特別な土づくりをおこなう農園です。

スーパーでは出会うことのない珍しい品種、みずみずしく色鮮やかな野菜。じっくりグリルすることによって、素材の甘みが引き出されていましたよ。
Photos:15枚
スモールプラネットのポスター
森の中のテント
テントの中
テーブルコーディネート
唐揚げをあげている
野菜の炊き込みご飯
グリル野菜の盛り合わせ
数種類のナチュールワイン
食事をしている
コンポストをしているところ
土を掴んでいる
エシカルなグッズ
外にお風呂とサウナが置いてある
波打ち際
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ