ライター : asuka_ikeda

管理栄養士

大学卒業後、管理栄養士として治験コーディネーター業務に携わる。その後、食品メーカーにて料理教室運営や商品・メニュー開発などに従事し、現在は食と健康関連のコラム執筆を中心に活…もっとみる

ドライフルーツのカロリーや糖質量

ドライフルーツ100gあたりのカロリーと糖質量

・マンゴー
エネルギー量(カロリー)……320kcal
糖質量……79.0g(※1)

・バナナ
エネルギー量(カロリー)……299kcal
糖質量……71.5g(※2)

・いちじく
エネルギー量(カロリー)……291kcal
糖質量……64.6g(※2)

・レーズン
エネルギー量(カロリー)……301kcal
糖質量……76.6g(※2)

・いちご
エネルギー量(カロリー)……302kcal
糖質量……79.8g(※2)

生の果物と比べると

ドライフルーツのカロリーや糖質が高いのかどうか、生の果物と100gあたりで比較してみましょう。

・マンゴー
エネルギー量(カロリー)……64kcal
糖質量……15.6g

・バナナ
エネルギー量(カロリー)……86kcal
糖質量……21.4g

・いちじく
エネルギー量(カロリー)……54kcal
糖質量……12.4g

・ぶどう
エネルギー量(カロリー)……59kcal
糖質量……15.2g

・いちご
エネルギー量(カロリー)……34kcal
糖質量……7.1g

ドライフルーツは、乾燥する過程で水分量が減少し、栄養素が凝縮されます。そのため、生の果物に比べて糖質が多く、カロリーが高くなります。

例えばぶどうの場合、ドライフルーツであるレーズンは、カロリー、糖質ともに生のぶどうの約5倍になります。少量でエネルギーが補給できるという点で優れていますが、食べ過ぎには注意が必要ですね。(※2)

ドライフルーツの栄養

糖質

果物に含まれる糖質は、単糖である果糖とブドウ糖です。吸収された果糖は、多くが肝臓に運ばれて代謝されます。ブドウ糖と違ってインスリンを必要とせず、血糖値を上げにくいという特徴があります。

しかし、ブドウ糖と同じように、果糖も摂り過ぎると肝臓で中性脂肪に変換されてしまいます。果物は食べ過ぎないよう、量を決めて楽しみましょう。(※3,4,5)

食物繊維

ドライフルーツには、食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は不溶性と水溶性の2種類があり、これらを2:1のバランスで摂るのが望ましいとされています。果物は不溶性・水溶性どちらも含むものが多いので、食物繊維の不足を補うことができますよ。

食物繊維は腸内で善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので、便秘の対策に役立ちます。(※2,6,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ