牡蠣にあたる原因は?理由と対策を分かりやすく解説

プリッと濃厚な、海のミルク「牡蠣」。しかし、牡蠣はあたりやすいってよく聞く……。そこで今回は、牡蠣にあたる原因や症状、安全に食べるための対策など、安心しておいしく食べるためのアレコレをお教えします。これでもう、生牡蠣でも怖くない!

原因いろいろ。牡蠣にあたる理由

ひと言で「牡蠣にあたる」といっても、その原因はさまざま。なかでも主な原因となるのが、以下の通りです。

・ノロウィルス
・腸炎ビブリオ
・貝毒
・アレルギー


牡蠣にあたる人のなかでもっとも多いのが、ノロウィルスです。また、牡蠣を食べると毎回あたるという人は、アレルギーの可能性を疑う必要があります。

何日後?牡蠣にあたるまでの時間と症状

ノロウィルスの場合

ノロウィルスの潜伏期間は24〜48時間ほど。それを過ぎると、いきなり症状が出る場合が多いです。腹部の痛みや不快感ののち、嘔吐や下痢といった症状が見られます。大人の場合、症状はおよそ1〜2日で治りますが、それから数日間は便の中にウィルスが存在しているので、注意が必要です。

また、症状が出ている間に欠かしてはならないのが、水分補給です。ウィルスをなるべく早く外に出すため嘔吐や下痢は仕方のないことなのですが、その際に水分も一緒に出てしまいます。そのままだと脱水症状を引き起こしてしまうため、水分補給は欠かさないようにしましょう。

腸炎ビブリオの場合

腸炎ビブリオの潜伏期間は8〜24時間。主な症状は腹痛や下痢、嘔吐に加え、発熱などもよく見られます。人から人に移ることはありませんが、生物を置いたまな板から間接的に移ることがあるので、気をつけましょう。

貝毒の場合

貝はプランクトンなどをエサとしているのですが、なかには有毒なプランクトンも存在しており、貝が有害プランクトンを含んだ状態で我々が食べると、貝毒にかかってしまいます。

種類によって潜伏期間や症状はさまざまで、下痢や嘔吐などの症状が3日ほど続くものから、神経系の毒により死亡に至るケースも。基本的に貝毒は加熱調理をしても残るため、食べないことが一番の予防策と言えます。

アレルギーの場合

牡蠣アレルギーの症状は、腹痛や嘔吐が一般的。また、アナフィラキシーショックをしょういる場合もあり、牡蠣アレルギーを持っているかどうかあらかじめ知っておくことが大切です。

牡蠣にあたる確率とあたりやすい時期

平成28年の食中毒患者で考えると、ノロウィルスに感染した人に対し、魚介類が原因だった割合は約4.6%。ただしこれは魚介類全般の数字なので、二枚貝のなかの、さらに牡蠣に絞ると、かなり割合としては低くなることが分かります。

牡蠣にあたる確率は具体的な数字で表せませんが、きちんと下処理をおこなっていれば、心配しすぎる必要はありません。しかし、あくまでも適切な下処理をおこなった前提なので、食べる前の準備は怠らないようにしましょう。

あたりやすい時期は原因によって変わる

牡蠣にあたりやすい時期は、あたる原因によって変わります。例えばノロウィルスは、11〜1月の冬場にもっとも猛威をふるいます。温かいところで繁殖しやすい腸炎ビブリオは、7〜8月の夏場に注意が必要です。

牡蠣にあたると二度と食べられない?

「牡蠣に一度あたると、それ以降あたりやすくなる」という噂を聞いたことはありますか?まことしやかに言われていることですが、科学的根拠はありません。確かに免疫力などの関係で感染しやすい人としにくい人がいますが、それはあくまで体質の問題です。

ただし、牡蠣アレルギーの人はいつ食べても症状が出てしまうので、注意しておきましょう。

牡蠣を安全に食べるためには

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Manami_in.

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう