牡蠣は悪くない!「あたる」理由と対策を知って美味しく食べよう♡

冬の美味「牡蠣」は鮮度が良いモノを食べてもお腹を壊してしまう事があるので、ちょっと難易度が高いイメージ…。しかし、あたる理由は牡蠣ではなく違う原因にあるんだとか!牡蠣に潜む「ノロウイルス」について知り、対策して美味しく堪能しちゃいましょう♡

牡蠣を食べると「当たる」のはナゼなのか?

冬がシーズンの「牡蠣」は独特の濃厚な磯の風味と、みずみずしいプルプルした食感がたまらないですね〜♪ 毎年冬が楽しみ♡ なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
“海のミルク”と呼ばれ栄養たっぷりの牡蠣。ちょっと高級ですが、奮発して食卓に並ぶ日もあったり♪ しかし「牡蠣美味しかった〜」なんて話そうものなら、必ずと言っていいほど
「当たらなかった?」「お腹大丈夫?」
という心配の声が返ってきちゃいますよね!美味しいけれど、品質や鮮度が良くないとお腹を壊してしまうという根強いイメージがあるのも事実ですよね。

お腹を壊してしまう本当の理由

では、なぜ「牡蠣」を食べると当たってしまうのでしょうか? 鮮度には気をつけているんだけどな〜という方にも、ぜひ知っていただきたい理由があるんです。
牡蠣は二枚貝に分類されます。二枚貝は、海水の取り込みと吐き出しを常時行っているため、二枚貝の中(中腸腺という内臓)にノロウイルスがどんどん蓄積され、濃縮されていくのです。

出典: tatujin.net

ノロウイルスは人の体内でのみ増殖します。下水処理を経て河川に流された後も、ウイルスは死滅せずに感染力を保ったまま海水中を漂い、プランクトンとともに貝類に吸収されていくのだそう。
原因はノロウイルスだったんですね!お腹を壊してしまう牡蠣が育つ背景には、鮮度ではなく水質に問題があるようです。
ちなみに、ホタテやアサリといった他の二枚貝も同様のリスクがありますが、内臓部分を含めて生で食べるのは「牡蠣」くらいなので、牡蠣=当たるというイメージになってしまったみたいです…。

牡蠣を食べても「当たらない」ために

1. ウイルスの数を減らすために「手洗い」

予防するには、とにかく手洗いをしてウイルスの数を減らすことが肝心です。ノロウイルスの感染経路には必ず人を介すので、調理する人は徹底的に手洗いが必要です!

2. 加熱して食べる

特集一覧

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Manami_in.

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう