ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

現役女子学生。macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生…もっとみる

スターバックスの新作ビバレッジは「LOVE COFFEE」!

Photo by china0515

スターバックスは今年、日本上陸25周年!2021年4月14日(水)から25周年サマーシーズンスタートがします。

“The Power of Coffee. The Power of Connection. (コーヒーの力はつながりの力)” をメッセージとして、3つのテーマが展開されます。

第1弾のテーマは「LOVE COFFEE」。コーヒーの新たな魅力や楽しみ方を知れるビバレッジが3種類も登場します。きっとみなさんもお気に入りが見つかるはず♪

筆者はひと足先にビバレッジを試飲!この記事では3種類すべてのレビューをお届けします。

1. コーヒー ティラミス フラペチーノ®

Photo by china0515

価格:テイクアウト 669円(税込)/店内利用 682円(税込)※Tallサイズのみ
ひとつ目は「コーヒー ティラミス フラペチーノ®」。マスカルポーネチーズや卵黄を使ったカスタードベースに、アイスコーヒーをスポンジに染み込ませたコーヒーケーキクラムを加えてホイップクリーム、ダークフラペチーノパウダーをトッピングしたフラペチーノ®です。

コーヒーケーキクラムに染み込ませているアイスコーヒーは店内で抽出しているとのこと。上にかかったダークフラペチーノパウダーによって、ティラミスを思わせる見た目ですね♪

まごうことなき “飲むティラミス”

Photo by china0515

ひと口飲んだところで、思わず目を見開いてしまいました。味わいがティラミスそのもの……!カスタード風味とコーヒーケーキクラムが口いっぱいに広がり、本当にティラミスを飲んでいるようですね。

カスタードベースの部分は甘みがしっかりあります。コーヒーケーキクラムはふわっとした食感で全体に溶け込んでおり、コーヒーの苦みや華やかなエスプレッソの香りも楽しめます。

甘さのなかにコーヒーの風味を感じられ、大人な味わい。

デザート感が増す!おすすめのカスタマイズは2種類

「コーヒー ティラミス フラペチーノ®」のおすすめカスタマイズは2つ……!

ひとつ目は「チョコチップ追加(テイクアウト 54円(税込)/店内利用 55円(税込))」です!チョコチップのカリッとした食感がプラスされて、よりデザート感覚で楽しめますよ。

2つ目は「チョコソース(無料)」追加です。ホイップクリームの上からかけるだけで、濃厚さもアップしデザート感満点!さらにチョコチップと合わせるのもおすすめ。

2. コールドブリュー コーヒー フラペチーノ®

Photo by china0515

価格: テイクアウト Short ¥486 / Tall ¥529 / Grande ¥572 / Venti® ¥615(税込) 店内利用 Short ¥495 / Tall ¥539 / Grande ¥583 / Venti® ¥627(税込)
2つ目は「コールドブリュー コーヒー フラペチーノ®」。こちらはなんと、今後は定番商品になるのだそう!暖かい日にゴクゴクと飲みたくなるフラペチーノ®ですよ♪

2倍の濃さで抽出したコールドブリューコーヒーに、スターバックス ミルクを合わせた1杯です。ポイントはブラウンシュガー、コーヒーのコクと香りが引き立つのだそう。

コールドブリューコーヒーは各店舗で14時間抽出したものを使っているという本格さ……!コーヒー好きは絶対に飲みたいビバレッジですね♪

コーヒーの香りとキャラメルのような甘みが特長

Photo by china0515

シャリっとした氷とコールドブリューコーヒーが合わさり、飲み心地がいいですね。芳醇な香りが漂います。まろやかなコクと甘みを感じ、苦みは控えめなので飲みやすいですよ。
Photos:9枚
スターバックスの新作ビバレッジ3種
スターバックスのコーヒー ティラミス フラペチーノ®
スターバックスのコーヒー ティラミス フラペチーノ®を上から
スターバックスのコールドブリュー コーヒー フラペチーノ®
スターバックスのコールドブリュー コーヒー フラペチーノ®のアップ
スターバックスのダブル トール ラテ シェケラート
スターバックスのダブル トール ラテ シェケラートのアップ
スターバックスのコーヒーティラミス
スターバックス インドネシア ウエスト ジャワのパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ