ライター : macaroni編集部レポート

macaroni編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

日本初!プライベートサロンで楽しむ「モロッコの朝食」

Photo by ララ ファティマ

東京・表参道にブティック&サロンを構える、完全紹介制パティスリー「ララ ファティマ」の姉妹ブランド『スーク ララファティマ』。


「モロッコの朝食を、もっと身近に」をコンセプトに、第一弾として展開されているのが紹介なしで予約できる「モロッコの朝食」コース。モロッコに精通したシェフが作る、リヤド(ブティックホテル)の朝食を個室で楽しめる……ということで、macaroni 編集部が体験してきました!

※同コースは、紹介なしで電話予約可能。詳細は記事末にてご紹介します

「ララ ファティマ」とは

2017年、当時(株)レスポートサックジャパン オーナー&ファウンダーであった柏原由佳氏が30周年の節目に立ち上げた紹介制パティスリー。“その奥深い歴史とともに醸成された美しい文化を、お菓子を通じて表現し、モロッコの魅力を世界に広めていきたい” との想いで生まれたブランドです。

商品を作るところから届けるところまで、すべての過程にこだわり、大量生産をせず一つひとつ丁寧に自社工房にて手作り。ダマスクローズやサフランなど、モロッコの豊かなスパイスやハーブを贅沢に使用しながらも、日本人の好みに合わせてアレンジしたお菓子が好評です。

一歩踏み入れた瞬間に広がる、エキゾチックな空間

Photo by ララ ファティマ

表参道駅から5分ほど歩いたところに店を構える「スーク ララファティマ」。階段を登って2階の個室に通された瞬間、思わず息を飲みました。

幾何学模様の窓、内壁に併設されたファウンテン(噴水)、耳に残る伝統音楽、これらが織りなすエキゾチックな雰囲気。

この個室を貸し切りにできるとは、なんとも贅沢です。営業時間は10:00〜18:00まで、ブランチや午後にも予約できるので、さまざまなシーンで活用できそうですよ。

完全貸し切りの「モロッコの朝食」コース

Photo by macaroni

コース料金ひとり 4,000円(税込)※貸し切り料含む 人数目安:2名〜6名まで
“幅広い層にモロッコの文化を伝えていきたい” という趣旨のもとはじまった「モロッコの朝食」コース。リヤド(ブティックホテル)の噴水やプールのある中庭で食べる朝食の豪華バージョンをイメージしているそうです。

別途貸し切り料金はかからず、税込みで4,000円というから驚き!それでは、めくるめくモロッコの朝食体験をご紹介していきましょう。

手搾り ジュ・ド・オレンジ

Photo by macaroni

モロッコで定番のオレンジジュース。同店では本場にならい、朝の搾りたてを提供しています。果肉のつぶつぶ感がフレッシュ。果肉と果汁の二段階でオレンジの甘みを感じられますよ。

空間に期待のボルテージが上がっていたなか、このひと口を飲んだ瞬間「モロッコの朝食がはじまる……」と、ますます胸が高鳴りました。

ハリラスープ

Photo by macaroni

2品目はラマダン(※)時期の朝食に欠かせないハリラスープ。モロッコでは、ゆで卵やシュバキアというモロッコのお菓子と一緒に食べることが多いそう。

同店のハリラスープは、玉ねぎやセロリ、トマトなどの野菜、ひよこ豆やレンズ豆、お米や牛肉で作られています。コリアンダーやターメリックなどのエキゾチックな香りがたまりません。

イスラム教の方々が断食を終えて、カラッカラの空腹の体にハリラを流し込む瞬間を思うと、なんともいえない滋味深さと尊さを感じました。スパイスが体に染みわたり、体がぽかぽかと温まります。

※イスラム暦9月の断食月のこと
Photos:14枚
モロッコ朝食の様子
ララ ファティマの内観
タジンとテーブルウェア
グラスに入ったオレンジジュース
オレンジ色のスープ
タジンとスプーン
オムレツをすくっているところ
何枚も重ねられた生地
はちみつやジャム
器に入ったデーツ
フルーツの盛り合わせ
ミントティーを入れているところ
銀食器とポット
バグリールやムスンメンの写真
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ