ライター : hiroko

フリーライター

食や子育てのフリーライターとして活動しています。趣味は食べることと写真を撮ること。実食のレビューや商品紹介などタメになる記事をお届けしていきます。

カインズの「焦げ付きにくいフライパン」で頑固な焦げとおさらば!

Photo by hiroko

カインズホームの「焦げ付きにくいシリーズ」はIH&ガス対応のフライパンのほか、IH対応、ガス火専用、取っ手が外せるフライパンと数多くのタイプがそろっています。

IHとガス両方に対応している「IH&ガス対応焦げ付けにくいフライパン」は20cm、26cm、炒め鍋28cm、エッグパンの4種類。この記事では26cmのフライパンを実際に使用したレビューをご紹介します!

「焦げ付きにくいシリーズ」の3つの魅力

焦げ付きにくいから長持ち

Photo by hiroko

アメリカのふっ素樹脂のブランドであるテフロン。焦げ付きにくいシリーズは、そのなかでも最高級グレードのテフロンプラチナプラスを使用しています。傷に強く、高い耐久性を持っている証のテフロンプラチナプラスのマークが目印です。

焦げ付きにくさが長持ちするので、長く使うことができるフライパンですよ。

軽くて手に馴染みやすい

Photo by hiroko

見た目は重厚感があるデザインですが、26cmで約790gという軽さが魅力です。IH対応の商品は取っ手部分がステンレス鋼で見た目もおしゃれな印象。中が空洞になっているので、持ち手が熱くなりにくいんです。

重さが気にならず、手に馴染みやすいためフライパンをふる炒め料理も楽にできちゃいます!

お手入れが簡単スムーズ

Photo by hiroko

一般的にフライパンは使っていくと表面のコーティングが剥がれやすくなりますが、焦げ付きにくいフライパンは剥がれにくい構造のため、表面のコーティングを長く維持できます。

そのため、日々のお手入れがとても楽でゴシゴシ力を入れて洗う必要もなし。調理からお手入れまでスムーズにおこなうことができます。

実際に目玉焼きを焼いてみると……

Photo by hiroko

さっそく、焦げ付きにくいフライパンで目玉焼きを焼いてみます!筆者は普段目玉焼きを焼くときは油をしいていますが、油をしかずに焼いてみました。

火が通ってくると白身が少し浮いてきて、べたっとフライパンにくっついている様子はなし。これは仕上がりが期待できます。

Photo by hiroko

少量の水を入れてフタをしておくと、水がフライパンの表面でパチパチとはじけます。

目玉焼きをフライ返しではがしてみると、くっつくことなくするっとはがれました。目玉焼きは焦げ付くことなく、フライパンの表面もつるつる!さすがテフロンプラチナプラスです。

Photo by hiroko

くっつくことなくフライパンからはがれるので、フライ返しでフライパンを傷つけてしまうこともありません。傷がついてコーティングを剥がしてしまう心配もなさそうです。

フライパンが焦げ付かないことによって、忙しい朝でもお手入れが楽なのが嬉しいですね。

焦げ付きが心配な料理にもチャレンジできちゃう

Photo by hiroko

焦げ付きにくいフライパンなら、普段であれば躊躇してしまいがちな料理にもチャレンジできそうです。いつもフライパンの底に焦げ付いてしまっていた照り焼きの料理も、焦げ付くことなく仕上がりました。

次はどんな料理に挑戦しようと料理の楽しみが増えますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ