食べ過ぎない

前述したようにサーターアンダギーのカロリーや糖質量は高いため、食べる量に注意が必要です。ダイエット中は1日の摂取エネルギーも含めて、食べ過ぎないように意識しましょう。間食のカロリーは1日200kcalが目安のため、ダイエット中のサーターアンダギーは、1つまでにしておきましょう。(※1,5)

夕方以降に食べない

日中は体を動かして食べたエネルギーを消費できますが、夜になるにつれ活動量が減るため、カロリーが消費しにくくなります。また、夕方以降は脂肪合成を促すたんぱく質「BMAL1(ビーマルワン)」が増えるため、同じ量を食べても日中より太りやすくなります。サーターアンダギーを食べるときは、BMAL1が低下する14時~15時がおすすめです。(※6)

空腹時に食べない

サーターアンダギーの主な材料である小麦粉の主成分は、糖質です。空腹時に糖質が多いものを食べると、食後血糖値が急激に上がり、血糖値を下げるために「インスリン」がたくさん分泌されます。

インスリンは、血糖値を下げる過程で脂肪を合成するため、たくさん分泌されると太りやすくなってしまいます。血糖値の急上昇を避けるためにも空腹時にサーターアンダギーを食べるのは控えましょう。(※7)

ダイエット中におすすめ!サーターアンダギーのレシピ3選

1. フライパンで揚げ焼き、ヘルシーなサーターアンダギー

ダイエット中はサーターアンダギーを小さく作って、食べる量を調整するのがおすすめです。フライパンに油をひいて揚げ焼きにすることで、たっぷりの油で揚げるよりもヘルシーに仕上がりますよ。

2. 黒糖サーターアンダギー

油をカットしたい場合はホットプレートで作ってみましょう。たこ焼きを作るように転がしながら焼くことで、子供と一緒に楽しむことができます。また、砂糖の代わりに黒糖を使うとコクが増し、少量の甘さでも満足感が得られますよ。

3. おからサーターアンダギー

小麦粉のかわりに、おからを使って糖質量を抑えるレシピです。糖質量は低くなりますが、カロリーは高いため、食べ過ぎには注意しましょう。(※3,4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ