ライター : hiroko

フリーライター

食や子育てのフリーライターとして活動しています。趣味は食べることと写真を撮ること。実食のレビューや商品紹介などタメになる記事をお届けしていきます。

種類が豊富!業務スーパーの「焼き鳥」

Photo by hiroko

業務スーパーの冷凍焼き鳥は種類が豊富。鶏皮やつくね、ぼんじりなど、いろいろな部位がそろっています。調理方法も簡単なので、家でお手軽にお店気分を味わうことができますよ♪

この記事では、おすすめ商品を5種類ご紹介。大容量タイプから少量タイプまで、さまざまな種類をピックアップしました。

1. 神戸物産「ねぎ間串(50本)」

Photo by hiroko

1,382円(税込)
神戸物産のねぎ間串は、大きな箱に入った大容量の焼き鳥。50本入りで、1本30円以下というコスパ抜群の商品です。カロリーは100gあたり117kcal。

賞味期限はおよそ1年半あるので、安心して保存できます。冷凍庫に箱が入らない場合は、保存袋で小分けにすると場所を取らずに収納できますよ。

基本の調理方法

Photo by hiroko

鶏肉の大きさは大小さまざまですが、全体的に小ぶりな印象。

下味はついていないので、調理する際に味付けをしましょう。筆者は塩コショウをしてグリルで焼いてみました。持ち手の串が焦げないよう、事前にアルミホイルで巻いておくのがおすすめ。レンジやフライパン調理でもOKです。

タレ味にしたい場合は、フライパンで焼いたあとにタレをからめましょう!

鶏肉とねぎの食感が絶妙

Photo by hiroko

鶏肉はしっとりとやわらかく、ねぎのシャキシャキとした食感が絶妙!ねぎの香ばしさが食欲をそそります。小ぶりなので何本でも食べられそうな焼き鳥です。

青ねぎとみそと醤油を合わせるだけの簡単みそだれに付けて食べてみました。みそのコクが鶏肉とねぎと相性ばっちりですよ。

2. 神戸物産「鶏皮串(10本)」

Photo by hiroko

311円(税込)
神戸物産「鶏皮串」は10本入りの商品。多すぎず少なすぎず、ちょうど良い量なのが嬉しいですね。賞味期限はおよそ1年で、カロリーは100gあたり444kcalです。

基本の調理方法

Photo by hiroko

ひとつひとつの鶏皮は小ぶりですが、串一本にギュッと詰まっています。

レンジやフライパンで加熱するだけで完成。フライパンの場合は、凍ったままの状態でふたをして5~6分焼き、お好みで焼き目をつけます。急ぎの場合は、電子レンジで解凍後、フライパンで片面1分ずつ焼いてみてください。

フライパンで焼いてみるとあまり油が出ず、表面がパリパリに仕上がりました!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ