ライター : 戸田千文

愛媛県出身のフリー編集ライター。転勤族の夫・愛犬2匹とともに広島・東京・福岡と西へ東へ移動を繰り返しながら、各地でグルメ情報誌や観光ガイドブックなどの制作をお手伝いしています…もっとみる

久留米ラーメンの特徴とは?

※写真はイメージです
福岡県久留米市で愛されている「久留米ラーメン」。実はとんこつラーメン発祥の地は久留米市なのです。1937年、屋台で営業していた「南京千両」から生まれた澄んだとんこつスープ。その後、1974年にオープンした屋台「三九」によって、今の白濁スタイルが生み出されました。

久留米のラーメンといえば、スープに特徴があります。減ると別の釜で作ったスープを足していく「継ぎ足し」「呼び戻し」といった製法で作られるスープは、濃厚で香りがしっかり。

そのため、うま味たっぷりでパンチが効いた、こってり系イメージをもつ人が多いのではないでしょうか。ですが、店によってスープは濃厚だったり、意外とあっさりだったりなんです。

これまでの久留米ラーメンのイメージを変える若手のお店も奮闘しているので、ぜひいろいろと食べ歩いて、お気に入りを見つけてくださいね。

1. とんこつラーメン発祥「南京千両」

九州のとんこつラーメン発祥の店として知られるのが「南京千両」です。1937年に屋台からはじまった店で、当時の店主が長崎県のちゃんぽんと、横浜で流行していた支那そばからヒントを得て生まれました。

九州とんこつラーメンの元祖のお店として、遠方からわざわざ訪れるファンの姿も珍しくありません。

ラーメン

550円

南京千両のおすすめは、シンプルな「ラーメン」。アルカリイオン水と豚の頭骨をたっぷり使ったスープは、臭みを抑えたあっさり系で、コクがあるのに飲みやすいと好評です。

チャーシューは細かく刻んでいるので、麺と絡めながら味わうのがおすすめ。「紅ショウガは合わない」という初代店主の思いを受け継ぎ、代わりにメンマをトッピングするのも南京千両流です。
店舗情報

2. 人気チェーン店「大砲ラーメン」

久留米ラーメンのチェーン店といえば「大砲ラーメン」。1953年に屋台からスタートし、現在は久留米市だけでなく県内外に店を構え、多くのファンを持つお店です。

ミシュランガイドでビブグルマンを受賞したことがある実力派。スープは、釜を空にせず継ぎ足して仕込む「呼び戻し」といわれる技法で作られ、コクとうま味が詰まっています。

昔ラーメン

うま味とコクたっぷりの濃厚な豚骨スープに、ラードで作る揚げ玉・通称カリカリをトッピングした「昔ラーメン」。豚骨のみを使ったスープは、職人が昔から変わらない味で作っています。

チャーシューは、ジューシーでやわらかな豚バラ肉を使用。大砲ラーメンでは、数種類のラーメンがありますが、豚バラ肉のチャーシューが味わえるのは昔ラーメンだけです。
店舗情報

3. 安くて、うまい!「丸星ラーメン」

1958年創業の「丸星ラーメン」は、国道3号線沿いにあり、地元の人はもちろんドライブやツーリングの途中に立ち寄る人も多い店。今や定番ともいえる紅ショウガのトッピングは、丸星ラーメン発祥ともいわています。

ラーメンが提供されるまでの待ち時間には、おでんを楽しむのがおすすめ。味が染みておいしいと、ラーメンに負けず劣らずの人気です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ