7. オーブンで焼く

Photo by 上原 花菜

発酵が完了したら、岩塩を振ります。230℃に予熱したオーブンで、12分焼きます。オーブンの焼き時間は、様子を見て調整してください。

Photo by 上原 花菜

焼きあがったら、流れ出したバターをハケで表面に塗ります。ケーキクーラーにのせ、粗熱がとれたら完成です!

保存期間・保存方法

塩パンは室温で2日ほどで保存可能です。袋に入れるかラップに包んで、乾燥しないよう注意してくださいね。

すぐに食べない場合は、冷凍保存がおすすめです。1個ずつラップに包んで、冷凍庫に入れ2週間以内を目安にお召しあがりください。

管理栄養士のコメント

塩パンには欠かせないバターですが、脂質が多く1gあたり7kcalと高カロリーな食品。脂質は身体にとって重要な栄養素ですが、摂り過ぎは肥満につながるおそれがあるため注意が必要です。

この記事で紹介する塩パンは、バターの量を通常より減らしてカロリーを抑えていますが、バターは濃厚な味わいのため少量でも満足感があります。

バターを巻き込まなければ、シンプルなロールパンとして楽しめますよ。その場合、よりカロリーを抑え117kcalになります。(※2,3)

ヘルシーな塩パンのレシピ3選

1. 全粒粉が香ばしい♪ カリッと塩パン

食物繊維が豊富な全粒粉を使う、塩パンのレシピです。全粒粉は、小麦を丸ごと粉状にしたもので、独特の香ばしさとやさしい甘みが楽しめます。このレシピでは1個あたり8gのバターを巻き込んでいますが、バターの量を減らせばカロリーを抑えることができますよ。

2. ふすま粉で糖質控えめ!ヘルシー塩パン

強力粉の一部をふすま粉に置きかえる、糖質控えめな塩パン。ふすま粉とは、小麦の一番外側の皮をひいて作られる粉です。食物繊維が豊富で、低糖質なのが特徴。ふすま粉の香ばしさと濃厚なバターがマッチし、やみつきになるおいしさです!

3. ごまたっぷり。ロールパン

黒すりごまをたっぷり練り込むロールパンです。バターを巻き込めば、塩パンとして楽しめますよ。生地の砂糖とバターの量は控えめですが、黒ごまが風味豊かで物足りなさはありません!ごまには、食物繊維やカルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれていますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ