ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

すぐにできる!ひなまつりの簡単テーブルコーデ

Photo by macaroni

3月3日は桃の節句、ひなまつり。女の子がいるご家庭では、ちらし寿司や潮汁を作ってお祝いする方が多いのではないでしょうか。そんなお祝いの席はちょっとだけ工夫して、すてきなテーブルコーディネートをしてみませんか?

ひなまつりのテーブルコーデのコツとアイデアをプロのフードスタイリストさんに教わりました。100円ショップで叶えられる、手軽でかわいいアイデアは必見です!

教えてくれる人

フードスタイリスト・フードコーディネーター / 小坂 桂さん
書籍、雑誌、広告、商品パッケージなど、さまざまな媒体でフードスタイリングを担当。和食、洋食、スイーツなどおしゃれなものから定番のものまで幅広いスタイリングを手がける。スタイリングを担当した書籍に『クセになる!パクチーレシピブック』(パルコ出版)、『ロッジ発スキレット絶品レシピ』(イカロス出版)など多数。著者に『おいしいかわいい料理写真の撮り方』(イカロス出版)がある。
小坂さん:
「女の子の健やかな成長を祝うひなまつりのテーブルコーデは、とにかくかわいく!しかし、“かわいい”とひと言でいっても、エレガント、ナチュラル、ポップなどテイストはさまざまです。

洗練されたテーブルに仕上げるには、テイストをそろえることがとても重要。そこで今回は、“ポップなかわいい”雰囲気のパーティーテーブルを作るコツとアイデアをご紹介します」

コツ1:2色でまとめる

Photo by macaroni

黄色の食器を差し色にし、全体はピンクをベースにまとめた小坂さんのテーブルコーディネート
小坂さん:
「色はあれこれ使わず、2色までと決めましょう。ひとつの色でも濃淡が違うと使える色はかなりあるので、いろいろ組み合わせるとテーブルに立体感が出ます。ちなみに、無彩色と呼ばれる白や黒、グレーなどは1色にはカウントしません。

今回はひなまつりのテーブルなので、女の子が好きなピンクを基調に黄色を差し色として使いました。色の組み合わせ方は、メインカラーが暖色なら差し色も暖色にしたほうがまとまりやすいです。メインカラーが寒色のときは、同じように寒色を差し色に。色の比率は、7:3から8:2くらいのバランスがちょうどいいと思います。

また、パーティーのときはキラッと輝くカトラリーを取り入れると華やかになります。暖色のテーブルには、ゴールドのスプーンやフォークを合わせるのがおすすめ。逆に寒色の場合は、シルバーがいいですね」

コツ2:柄物を1種類だけ取り入れる

Photo by macaroni

ゴールドのボーダー柄がかわいいストローは小坂さんの私物。テーブルに敷いたクロスは、100円ショップで購入した包装紙
小坂さん:
「よほどの上級者でない限りは、無地のアイテムでそろえるのが無難です。ただ、無地ばかりだとのっぺりとした印象になってしまうため、1種類だけ柄の入っているアイテムを取り入れるのがおすすめ。柄が入ることで、メリハリがつきますよ。

今回は“ポップでかわいい”がテーマなので、写真のようなペーパークロスとペーパーストローを用意しました。同じテイストの柄でそろえると、違和感なくまとまります。でも、例えばここにドット柄のストローを合わせると、途端にチグハグな印象になってしまうので要注意です!

柄のアイテムの数は、1〜2個までに。数が多すぎるとごちゃついて見えるので、ポイント使いを心がけてください」

コツ3:クリアなアイテムを使う

Photo by macaroni

100円ショップで購入したプラスチック製のクリア容器にお菓子を入れて。蓋つきなので、食べきれなくても保存ができるので便利
小坂さん:
パーティーテーブルには、透明アイテムをぜひ取り入れてください。グラスやカップに光が当たるとキラキラと輝くので、シャイニーな雰囲気になってテーブルが明るくなるんです。

小さなお子さんがいるご家庭だと“ガラスは子どもが割ってしまいそうで不安……”と思われる方もいらっしゃると思います。そういう場合はもちろん、プラスティック製でもいいですよ。

ひなあられとひなまつり用のお菓子を入れたこの容器も、じつは100円ショップで購入したプラスチック製です。安全だと思えるものを少しだけでも置けると、華やかさがアップすると思います!

コツ4:生花を飾る

Photo by macaroni

グラスに100円ショップで購入したカラービーズを入れて桃の花を生けた。高さのある花を生けても、ビーズが重しになってグラスの転倒防止になる
小坂さん:
造花でもいいのですが、もし用意できるのであればやはり生花がおすすめ。ほかをプチプラのアイテムでそろえても、テーブルの質が一気に上がります。

生花はたくさんは要りません。一輪挿しでもいいですし、枝物であれば小分けに切って生けてください。ひなまつりなので今回は桃の花を用意しましたが、スイートピーやラナンキュラス、カーネーションなどでもかわいくなると思います!

生けるときは、花瓶を用意しなくても高さの違うコップをいくつか組み合わせるといいですよ。立体感が出て見た目が楽しくなります
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ