ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

一緒に楽しめるのは今だけ!マックフルーリー®「キットカット®×超オレオ®」

Photo by china0515

全国のマクドナルドに、新作のマックフルーリー®が登場。2021年1月27日(水)~3月下旬(予定)の期間限定で、「マックフルーリー®キットカット®」が新発売されました。

「マックフルーリー®キットカット®」は、2020年2月に期間限定商品として7年ぶりの復活を果たした大人気フレーバー。今年も満を持して再登場しました。

定番フレーバーの「マックフルーリー®超オレオ®」も通常通り発売。キットカットフレーバーと、オレオフレーバーを一緒に楽しめるのは今だけなのです……!筆者はこの機会に食べ比べを決行。気になる味わいをご紹介します♪

マックフルーリー® キットカット®

Photo by china0515

290円(税込)
ソフトクリームにクラッシュ状のキットカット、クーベルチュールチョコレートを使った特製ソースを混ぜ込んだマックフルーリー®です。キットカットの食感がどんな仕上がりになっているのか、気になります……!

カップのデザインが、キットカットのパッケージなのもかわいいですね♪ カップは数量限定なのではやめにゲットするのが吉。

チョコレートの甘みたっぷり♪ サクサクウエハースの食感も抜群!

Photo by china0515

食べずに見るだけでも、特製ソースとキットカットがたくさん入っているのがわかります……!甘い香りに食欲をそそられます♪

では実食……ミルクのコクたっぷりなソフトクリームと、濃厚なチョコレートが相性抜群。甘く、とろっとしたくちどけのチョコレートが口いっぱいに広がります。

Photo by china0515

ウエハース部分のサックサクな食感が楽しい!ソフトクリーム、特製ソースと一緒に溶けてなくなっていくのがわかります。

しっかりと甘みがありますが、後味がすっきりしているのでさっぱりと食べられるフレーバーです♪

マックフルーリー® 超オレオ®

Photo by china0515

定番のマックフルーリー®超オレオ®は、オレオクッキーをこれでもか!と増量した、食べ応えのあるフレーバー。ソフトクリームとオレオクッキーを合わせたシンプルな仕上がりですが、ファンにはたまらないのでは……?

青色のオレオクッキーパッケージも、インパクト大!こちらのカップも数量限定です。

ザクザク感がクセになる!ほぼオレオ

Photo by china0515

オレオクッキーがたっぷり入っていて、クッキー&クリームを思わせるフレーバーです。

ひとくち目からザクザク感にびっくり……!クッキーの大きさがばらばらなので、さまざまな食感が楽しめます。もうこれはほぼオレオ。

オレオクッキーのほろ苦い味わいとソフトクリームのミルキーでやさしい甘みがよく合いますね。

Photo by china0515

増量したオレオクッキーを見て「いくらなんでも多すぎるのでは……?」 と思っていましたが、クッキーとソフトクリームのバランスが絶妙。

たっぷり入っていることで、最後のひとくちまでオレオクッキーの食感と風味を堪能できます。オレオ好きにはたまらない食べ応えのあるフレーバーでした♪

あなたはどっち派?食べ比べしてみる価値あり!

Photo by china0515

サクサク食感とクーベルチュールのくちどけが贅沢な「マックフルーリー®キットカット®」、ザクザク食感がたまらない食べ応え抜群な「マックフルーリー®超オレオ®」どちらも甲乙つけがたい、味わいでした……。

2種類を一緒に食べられるのは今だけ!「どちらかだけなんて選べない……」という人も少なくないはず。ぜひこの機会に食べ比べして、自分のお気に入りを決めてみてください♪
Photos:8枚
マクドナルドのマックフルーリー® キットカット®とマックフルーリー® 超オレオ®
マクドナルドのマックフルーリー® キットカット®を持っているところ
マクドナルドのマックフルーリー® キットカット®を上から
マクドナルドのマックフルーリー® キットカット®をスプーンですくっているところ
マクドナルドのマックフルーリー® 超オレオ®を持っているところ
マクドナルドのマックフルーリー® 超オレオ®を上から
マクドナルドのマックフルーリー® 超オレオ®をスプーンですくっているところ
マクドナルドのマックフルーリー® キットカット®とマックフルーリー® 超オレオ®を正面から
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ