ライター : グッチジャパン

京都グルメライター

京都の情報誌の営業・制作を経て、2018年に男性版情報誌の編集長に就任し、飲食店の立ち上げやプロデュースなどを兼務。昼夜問わず年間300軒以上の飲食店へ足を運ぶ。京都で人気のお店…もっとみる

1. 出版社プロデュースの餃子酒場「餃子と煮込み/魚屋鮨しん」

Photo by グッチジャパン

お店は阪急電車「四条駅」直結でアクセス抜群。2019年にオープンした京都経済センタービルの1F施設「SUINA室町」に入っています。

店名そのままに、餃子と煮込みなどの酒場メニューが楽しめる居酒屋と、寿司や海鮮丼が食べられる鮨屋がひとつにまとまっていますよ。京都で話題のネオ大衆酒場です。

焼き餃子

Photo by グッチジャパン

6個418円(税込)
餃子メニューは3種類あり、一番人気は焼き餃子。ひと口サイズでニンニク不使用なので、女性でも食べやすいと評判です。外はパリっと中はふっくらしており、いくつでも食べれるほどクセになる味わい。

タレはオリジナルの酢胡椒とニンニク入りタレの2種類があるので、味の違いも楽しめますよ。

ほかの餃子メニューは、京都のラーメン店とコラボした「麺屋優光餃子」と肉汁たっぷりの「肉汁餃子」です。
店舗情報

2. キスをイメージした餃子!?「京都 夷川(えびすがわ)餃子なかじま」

Photo by グッチジャパン

お店は地下鉄丸太町駅徒歩6分、西洞院夷川の住宅地に佇んでいます。印刷会社を改装した店内は、昔ながらのレトロな雰囲気です。

餃子は、「ディープ」「フレンチ」と名付けられた2種類。そのほか、ポテトサラダやエッグチャーシューなど酒場メニューがラインアップしています。有名人の名前がプリントされたグラスも面白いと話題になっていますよ。

餃子ディープ

Photo by グッチジャパン

5個297円(税込)
ネーミングが特徴的な餃子は、キスの感触をイメージして作られています。「ディープ」はニンニク入り、「フレンチ」はニンニクなしです。

薄めの皮は、外はカリっと中はもっちり。小ぶりですが、肉や野菜の旨味が十分感じられます。青森県産ニンニクの風味が効いており濃い味なので、タレをつけなくてもご飯やビールが進みますよ。
店舗情報

3. ミシュラン店の新業態「モトイギョーザ」

Photo by グッチジャパン

烏丸や河原町から徒歩5分の柳馬場四条上ルに、2020年11月オープンしたお店です。なんと、富小路二条にあるミシュラン一つ星店レストラン「MOTOI(モトイ)」の新業態。

きっかけは、オーナーシェフが娘さんのために作った餃子。食べたお客さんからの反響が大きく、この店のオープンに至りました。

4種類のギョーザやサラダ、よだれ鶏など、フレンチの技が生きたメニューも味わえます。

モトイ

Photo by グッチジャパン

8個600円(税込)
定番の「モトイ」は、豚肉とキャベツとニンニクのシンプルな餃子です。パリパリな羽根とジューシーな餡がたまりせん。タレは、だし醤油や酢、ラー油がおすすめです。

また、豚肉やキャベツ、ニラ、海老とパクチーが入った餃子「プレミアムパパ」は、塩やオリーブオイルでいただくフレンチ仕様ですよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS