ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

わたしはこの食事で元気をもらいました

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全世界の人々が大変な思いをした一年。長引く自粛生活や新しい生活スタイルのなかで、疲労やストレスがたまった人も多かったと思います……。

そんななかでも、人を元気にする、幸せな気分にさせる力をもっているのが “食” という存在。おいしいものを食べると、知らず知らずのうちに笑顔になってしまいますよね。

そこで本企画では、macaroni 編集部のメンバーに “今年一番元気をもらった食事” を聞いてみました。テイクアウト・デリバリー・手料理にいたるまで、さまざまな形で楽しんでいましたよ。

中野「マグロマート」のマグロチラシ

macaroni編集部 おでかけ担当ディレクター / みっちー
食・植物・音楽など、フリーダムに企画を担当。持ち前の好奇心と胃下垂によって新店調査も欠かさない。好きなジャンルは、カレー・スイーツ・ビストロ。インスタでグルメ情報を地道に発信中。

Photo by macaroni

テイクアウト「マグロチラシ」1,800円(税込)
「今年は不幸中の幸いというべきか、普段は食べられない人気店の味をテイクアウトで楽しむことができた年。しかも待ちナシで堪能できるのもテイクアウトの醍醐味、ということで訪れたのが中野の名店『マグロマート』でした。

高級感ある竹皮の容器に入ったマグロチラシは、美しく並んだ赤身・中トロ・脳天に一目でやられました。きれいに脂がのり、ねっとりと舌でとろける……至福のひとときだったことは言うまでもありません!

吉祥寺「コロニアルガーデン×生クリーム専門店MILK」のパンケーキ

macaroni 編集部 ヘルス&ビューティー担当ディレクター / はっとり
令和とともにmacaroniにあらわれた管理栄養士。ヘルス&ビューティー記事の強化に取り組む。プライベートでは、個性派パートナーと自由気ままな生活を送っている。

Photo by macaroni

デリバリー「究極の生クリームのミルクキャラメルナッツパンケーキ」1,200円 ※記載は参考価格であり、配送料等は含みません
「Uber Eatsが大好きなわたし……今年はとくにたくさん活用させてもらいました。そのなかでも一番元気をもらった、というか幸せな気分に浸れたのがこのパンケーキ。ミルクソースと生クリームをたっぷりかけて食べるひと品(THE カロリー爆弾!)。

おうちにいる時間が長い分、休日くらいは甘いもので疲れを癒やしたいと思ってよく食べていました。生クリーム専門店なだけあって、普段は食べきれない生クリームもぺろり。旦那と味違いをシェアして、夫婦団らんのときを楽しんでいました♪

「夫食堂」の俺の麺シリーズ

macaroni カメラマン / さねやん
広告、報道、雑誌などさまざまな分野の写真と関わったのち、macaroniに参加。フード撮影も人物撮影さながらに「かわいいね〜!」とほめるスタイルを貫く。

Photo by macaroni

「結婚する直前、世は自粛期間に突入。どこにも行けないねえ、とわたしがしょんぼりしていると、見かねた彼が『ラーメン王に俺はなる!』と急に手拭いを頭に巻いて “俺の麺” シリーズを始めました。

究極の一杯を追い求めた男の料理のため、手拭いを巻くところから麺にありつくまで毎回だいたい3時間はかかります(笑)。素人が見様見真似で作ったものなので、行列ができる名店には到底及ばなかったけど、本格的なラーメンはなかなか自分では作ろうと思わないので、ちょっとしたアトラクションのようで楽しかったな

しかし、3回目で急にパスタに路線変更してそのまま打ち切りに……。結婚10年記念のときにおだててまたお願いしようと思います」

「パルテノぺ 広尾店」のピッツァ パルテノペ

macaroni 編集部 料理家&広告制作ディレクター / ちゃん
料理の腕前と美貌をかねそなえた macaroni のマドンナ。テキパキと仕事をこなし、いつもニコニコしているが、ときたま見せる辛口な一面もまた魅力的なサバサバ女子。

Photo by macaroni

テイクアウト「ピッツァ パルテノペ」1,700円(税抜)
「もともとディナーで何度か足を運んでいた、パルテノぺ 広尾店。久しぶりに店の前を通ったら、テイクアウトをやっていたのでお持ち帰りしました。

最高級の水牛モッツァッレッラチーズとチェリートマトを使用し、窯で焼き上げているのでもっちもち。

もしかしたら、今まで食べたピッツァで一番感動したかもしれません。お店で食べるのと変わらないクオリティだったんです。しばらく外食を我慢していたので本当に幸せでしたね。思わず『Buono!』と叫びそうになりましたよ(笑)」

「クリスピーチキン&トマト」の韓国チキン

macaroni編集部 トレンド担当ディレクター / もちこ
編集部きっての鮨マニア。大手回転寿司チェーンから都内高級店まで、週3回は寿司を食す。家でも握りの研究を欠かさず、My寿司下駄を持っている。インスタ(@harumochi98)では東京グルメを日々紹介中!

Photo by macaroni

デリバリー「コチュマヨチキン フル」2,950円(税込) ※記載は参考価格であり、配送料等は含みません
「長引くおうち時間のなか、一番お世話になったのが韓国ドラマ。笑ったり、ときめいたり、嗚咽するくらい泣いたり……ひとりでもう大忙しでした。寝る間も惜しんで完走し続けましたよ。

そして観ているとね、カリカリの韓国チキンが食べたくなるわけですよ……。もともと大好きだったのですが、週1〜2でデリバリーするくらい頻度が増えました。

とくにクリスピーチキン&トマトの “コチュマヨチキン”(唐辛子とマヨネーズのソース)にハマって、無我夢中で食べていました。ああ、幸せだったなぁ。全国展開しているので、気になった人はぜひ!」
Photos:10枚
ビールを持つ男性
マグロのお弁当
笑っている女性
クリームがのったパンケーキ
カメラ越しの女性
ラーメンと豚丼
ひまわりとワンピースを着た女性
白い器に盛られたピザ
ストローで飲み物を飲む女性
チキンが詰まった箱
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS