トッピングはいくらと山椒

Photo by china0515

仕上げにトッピングするのは、なんと「いくら」と「有馬山椒」。いくらの旨みが広がり、山椒のピリッとした味わいがアクセントになります。

濃厚クリームと海鮮のマリアージュ…

Photo by china0515

完成したもんじゃは魚介のいい香りが広がり、食欲をそそります……。きらきら輝くいくらが目をひきますね。

さっそく実食!口の中で海鮮の風味が広がり、具材のごろごろ感がすごい……食べごたえ抜群です。ホワイトソースはバターのコクたっぷりで濃厚、まろやかな味わいですね。

Photo by china0515

海鮮は8種類も入っているので食べる場所によって、味わいも食感も変わるのが楽しい♪ とくにホタテや牡蠣はプリッとした食感が残り、口に入れた瞬間に旨みがダイレクトに伝わってきます。

鮭は骨がほとんどなく食べやすいのが、地味にうれしいポイント!いくらとの相性は言わずもがな。

有馬山椒のピリッとした辛みが、またいい仕事をしてくれるんですよね。

山形牛ポルチーニもんじゃ

Photo by china0515

1,990円(税抜)
器からはみ出るほど大きく、きれいなサシが入った牛肉。A5ランクの「山形牛リブロース」がのった贅沢もんじゃです!

きめ細やかな肉質とサシが特徴で、脂身の甘い風味を豊かに味わえるとのこと。もんじゃにするとどんな味わいになるのでしょうか。

Photo by china0515

山形牛の上にはポルチーニ茸がゴロゴロとのっています!乾燥されたポルチーニ茸は見かけることがありますが、生で食べるのは珍しいのでは……?

山形牛とポルチーニ茸の組み合わせに期待が高まります。

明太子×焦がしバターでコクをプラス!

Photo by china0515

トッピングの「明太子」と「バター」を追加すると、よりマイルドでコク深い味わいになるとのこと!最初はそのままで、あとからトッピングを少しずつ加えるのがおすすめですよ。

山形牛の甘みとポルチーニ茸の香りで大人な味わい

Photo by china0515

ひと口食べてみると……山形牛は甘みと旨みが広がりながら、舌の温度で溶けていきます。ポルチーニ茸は “キノコの王様” と呼ばれるだけあり、ほかのキノコに比べても香りの強さが格段に違います。

なんとなく「濃い味付けなのかな?」と思いましたが意外にもさっぱりした味。くどさがまったくないので、最後までぺろりと食べられてしまいますよ。

Photo by china0515

明太子とバターを加えると、濃厚に変化!焦がしバターの香ばしさ、明太子のピリッとした辛みとつぶつぶ食感が加わります。まるでさっきとは違うもんじゃのよう。ワインと合わせたくなりますね。

サルシッチャもんじゃ

Photo by china0515

1,890円(税抜)
ほかにもおすすめのもんじゃがたくさん。「ハーブ香るサルシッチャ」は “サルシッチャ” という、極太なイタリア風生ソーセージが3本ものっています。

サルシッチャの下にはレンズ豆の煮込みがたっぷり。トッピングは、和からしとねぎというのが通っぽいですね。
Photos:21枚
テーブルの上に置かれたもんじゃ焼き「昔ながら」の材料
こぼれやの内観
KOBOREYA 月島から見える夜景
鍋に入れられた鶏がらや豚骨、ねぎなどの出汁の材料
大量の揚げ玉
KOBOREYA 月島のこぼれや海鮮クリームもんじゃ
KOBOREYA 月島のこぼれや海鮮クリームもんじゃのあさりアップ
KOBOREYA 月島のこぼれや海鮮クリームもんじゃのトッピングのいくらと山椒
KOBOREYA 月島のこぼれや海鮮クリームもんじゃの完成
KOBOREYA 月島のこぼれや海鮮クリームもんじゃをはがしですくっているところ
KOBOREYA 月島の山形牛ポルチーニもんじゃ
KOBOREYA 月島の山形牛ポルチーニもんじゃのポルチーニアップ
KOBOREYA 月島の山形牛ポルチーニもんじゃのトッピングのバターと明太子
KOBOREYA 月島の山形牛ポルチーニもんじゃの完成
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS