ライター : La Briller Aki

世界のお茶マイスター

「おうちでおいしく可愛くティータイムを楽しめるようになる」世界のお茶教室「Flower&Tea Room La Briller(ラブリエ)」主催。紅茶コーディネーター、世界のお茶マイスター、世界のお茶…もっとみる

紅茶コーディネーターが選ぶ紅茶ギフト

リラックスタイムのお供にうれしい紅茶は、おしゃれなパッケージの商品が多く贈り物にもぴったりです。

世界のお茶専門店勤務歴10年、紅茶コーディネーターの資格も持つ筆者が、ギフトにブランド紅茶を選ぶときのポイントやおすすめ紅茶ギフトをご紹介します。

ギフト用に♪ ブランド紅茶の選び方

予算をチェック

メーカーや茶葉の内容量にもよりますが、1,000〜4,000円位で華やかなパッケージのブランド紅茶を選ぶことができます。また、1,000円以内で購入できるティーバッグのプチギフトも多くの紅茶ブランドから出ています。

紅茶がお好きな方への贈り物にはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも紅茶ギフトはおすすめです。

国に注目

世界には数えきれないほど多くの紅茶ブランドがあります。紅茶の国イギリスには、老舗紅茶ブランドが多数存在し、嗜好品として紅茶を楽しむ文化のフランスは、華やかに香るフレーバードティーをそろえるブランドが多い傾向に。また日本にも多くの紅茶ブランドがあり、近年国産の紅茶「和紅茶」が注目されています。

飲み方で選ぶ

同ブランドで同じ価格帯ならば、基本的にリーフタイプのほうがティーバッグより内容量が多く、たっぷり紅茶を楽しめます。日常的に紅茶を楽しまれている方やご家族が多い方へのギフトには、リーフタイプがおすすめです。

ティーバッグの魅力は、マグカップがあれば紅茶を楽しめる手軽さ。忙しい方やひとり暮らしの方にも、気軽にティータイムを楽しんでいただけます。

茶葉の種類で選ぶ

世界三大銘茶のひとつダージリンは香り高く上質なものと伝わる茶葉なので、目上の方やお年を召された方へのギフトにもぴったり。紅茶らしい味わいのセイロンは、ストレートのほか、フルーツやスパイスを入れるアレンジティーでも楽しめるため、贈る相手を選びません。

フレーバードティーのおすすめは、定番のアールグレイや、りんご・ももなどのフルーツが香る紅茶。好みが分かれにくく、どなたでも楽しんでいただけます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ