濃いめの味つけが卵黄に合う

Photo by akiyon

たしかに作り立てではなく、“ひと晩寝かせた” ような濃厚な味わいがします。旨みまで凝縮されていて、卵黄と合わせるとさらにすき焼きっぽくなりました。

少しとろみがあって、ご飯に染みすぎないのが食べやすくていいですね。牛肉のしぐれ煮にも似た味わいでご飯がどんどん進み、気づけばお腹いっぱいに!忙しいときやおかずが何もないときに便利ですよ。

ITEM

食べる、すき焼き

¥1,150

内容量:130g カロリー:189kcal(100gあたり) 保存方法:直射日光、高温を避け常温にて保存

※2020年11月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

第1位 鮭本来の旨みを堪能できる「やみつきシャケ」

Photo by akiyon

南極料理人・西村淳氏監修の「やみつきシャケ」は、北海道産の白鮭を芳ばしく焼き上げてほぐし、ホタテやにんにくなどと合わせて瓶詰めにした商品。ご飯のおともとしてだけでなく、炒飯やサラダ、トーストなどに活用できる万能食材でもあります。

テレビで紹介されたこともあり大変話題になっているアイテムですが、初めて食べてみた筆者はその味わいに感動!なんとも言えない旨みでご飯が止まらなくなってしまい、ランキング第1位に決定です♪

食材も調味もシンプル!

Photo by akiyon

具材は白鮭、ホタテ、玉ねぎ、にんにくの4種類。加えられている調味料は、菜種油、清酒、塩、砂糖、唐辛子、酵母エキスと、とてもシンプルです。封を開けたときに香るのは上質な鮭の風味で、にんにくのニオイはあまり感じませんでした。

内容量は150gで、ガラス瓶入り。保存は10℃以下で冷蔵する必要があります。カロリーはひと瓶あたり473kcalです。

鮭の旨みを活かす絶妙な塩加減

Photo by akiyon

さっそくご飯にのせて実食!まず、鮭そのものの濃厚な旨みがガツンときます。次にホタテの風味や旨みがじんわりと口いっぱいに広がりました。素材の味わいを損なわない程度の塩加減が絶妙で、玉ねぎの甘みやにんにくの風味がほんのり香り、とても食べやすいですよ。

食べ続けるほどに口の中で旨みが蓄積し、これぞやみつきの味わい!調味液がすぐにご飯に染みわたるので少しシャバシャバしますが、おいしさのあまり夢中で掻き込んでしまいました。

あとでパスタや炒飯にも使おうと思っていましたが、その前にあっという間に使い切ってしまいそう。

ITEM

南極料理人 やみつきシャケ

¥1,080〜

内容量:150g 賞味期限:解凍より90日 カロリー:473kcal(ひと瓶150gあたり) 保存方法:要冷蔵(10℃以下)

※2020年11月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

手軽さが魅力の「ご飯のおとも」

Photo by akiyon

小腹が空いたとき、主婦のお昼ご飯、受験生の夜食など、ちょっとおかずがほしいときに大活躍する「ご飯のおとも」。

ご飯に合う工夫がいっぱいで、食べたあとに大満足できるところがいいですよね。どんどん魅力ある商品が出てくると思うので、今後も目が離せません♪
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS