脂質

ブラックサンダー1個あたりに含まれる脂質は、6.0gです。

脂質は、炭水化物・たんぱく質とともに三大栄養素のひとつで、1gあたり9kcalのエネルギーとなります。脂質は、体の中で作り出せない「必須脂肪酸」を含んでいるため、細胞膜やホルモンの材料として欠かせないものです。しかし、高エネルギーなので、摂り過ぎには注意が必要です。(※1,7)

ポリフェノール

チョコレートやココアの主原料となるカカオマスには、カカオポリフェノールが多く含まれています。高い抗酸化作用で活性酸素から体を守るほか、血圧のコントロールや善玉コレステロールを増やすはたらきが期待できますよ。

カカオポリフェノールは、カカオマス含有量に比例して多くなるので、ミルクチョコレートよりもダークチョコレートやピュアココアに多いのが特徴です。ホワイトチョコレートは、カカオマスを含んでいないため、カカオポリフェノールは多くありません。(※8)

ダイエット中にブラックサンダーを食べるコツ

食べる時間帯に気をつける

ダイエット中にブラックサンダーを食べる場合には、なるべく14時までに食べることをおすすめします。

これは、体内リズムをつかさどる体内時計と深く関わっているたんぱく質(BMAL1)に、脂肪合成を促進するはたらきが確認されているためです。BMAL1は、深夜2時頃をピークとし、日中にかけて分泌量が減少し続け、14時頃にもっとも少なくなります。以降は、徐々に上昇に転じるのが特徴です。

この特徴から、カロリーが気になる食べ物は、BMAL1がより少ない時間帯を選んで食べたほうが、脂肪として蓄積しにくくなります。(※9)

個数を決める

栄養的な面だけでなく、気分転換や生活のうるおいともなる間食は、一日200kcal程度が目安。ブラックサンダーは1個あたり112kcalなので、一日1.5個位までが適量です。

量を決めずにブラックサンダーを食べていると、気づかぬうちにカロリーオーバーということも……。そのため、ダイエット中に食べる際には、食べる個数を決めて楽しむのがおすすめです。(※1,6,10)

夕食は控えめに

時間や量に気をつけて間食をしても、どうしても甘いものは炭水化物や脂質が多くなりがち……。カロリーオーバーを避けるためにも、ブラックサンダーを食べた日の夕食は、炭水化物や脂質を控えめにしましょう。

また、不足しがちなビタミンやミネラル、たんぱく質を中心としたメニューにすると、栄養バランスが整いやすくなり、健康的なダイエットにもつながります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS