ライター : macaroni公式

こんにちは。macaroniの公式アカウントです。最新の様々な情報をみなさんにお届けします。

おいしいごはんは水から違う?

Photo by macaroni

こんにちは、macaroni編集部の堀です。
突然ですがみなさんは、おいしいお米を炊くために気をつけていることってありますか?

私は、米どころで有名な新潟県の出身なので、お水にもめちゃくちゃこだわって炊いています。実は、炊飯に使う水によってお米の味が大きく変化するんです。

とはいえ、毎回ミネラルウォーターを使うとコストがかかり、かといって水道水だとお米の風味が落ちてしまう……。

そこで今回は根っからのご飯好きな私が、お米をおいしく炊けるとっておきのアイテムを紹介します。

編集部員が実際に使ってみた! お米をおいしく炊ける「ブリタポット型浄水器」

Photo by macaroni

今回、私が紹介するのはこちら。ブリタポット型浄水器「アルーナXL」です。一度に最大2.0リットルのお水を浄水でき、飲み水としてはもちろんコーヒーや紅茶を淹れたりと、さまざまな使い方ができます。

また、ブリタでろ過した水は料理にも最適! 特に、ブリタの水で炊いたご飯は格別の味わいです。噛むほどに旨味が口の中に広がり、一度食べたら忘れられないおいしさ。

キッチンやダイニングテーブルに置いておくだけでも様になる、飽きのこないシンプルなデザインもおしゃれ。重量602gと持ち運びもでき、旅行やアウトドアでもおいしいお水を手軽に味わえますね。

水が浸透しやすいからごはんがふっくら炊ける

Photo by macaroni

このアルーナXLをはじめ、ブリタのポット型浄水器はMAXTRA+(マクストラプラス)カートリッジを採用。このMAXTRA+(マクストラプラス)カートリッジが、水道水に含まれるカルシウムとマグネシウムといったミネラルを残したまま、お米の味を左右する不純物を効果的に取り除いてくれます。

まずは、洗米から。お米は、最初に触れる水を一番吸収するので、ここからブリタでろ過したお水を使います。水道水でお米を洗ったり炊いたりすると、カルキの臭いがお米の風味を妨げてしまうんです。浄水性能に優れブリタのお水なら、お米に水が浸透しやすくふっくらとおいしく炊き上がります。

ろ過したお水は、雑味が少なく口当たりが滑らかでとっても飲みやすい。カルキの臭いがなく、ミネラルウォーターに限りなく近い味わいです。炊き立てをみなさんに披露できるのが楽しみ!
〜数十分後〜

Photo by macaroni

蓋を開けた瞬間、ご飯の甘い香りが広がります。そして見てください!お米にしっかりと水が浸透しているので、粒が立ってツヤツヤな炊き上がりです!

それでは、ブリタの水で炊いたごはんをいただきたいと思います。

Photo by macaroni

もちもちとした弾力のある食感、ほのかな甘味、芳醇な香り……。ごはんだけでお箸が進みます。浄水ポットを使うだけで、水道水でもこんなにおいしいごはんを味わえるのは本当に嬉しいです。

いつもの料理をもっとおいしく

Photo by macaroni

私は以前まで、ごはんを炊く時は必ずミネラルウォーターを使っていました。アルーナXLに変えてから、節約になっています。

アルーナXLは蓋の液晶メモがカートリッジの交換時期をお知らせしてくれ、交換もとっても簡単。本体(蓋部分は除く)も洗えるので常に清潔に保てます。

リモートワークで自宅にいる時間が増えた今だからこそ、ブリタポット型浄水器 アルーナXLを使っておいしいごはんを楽しみましょう!

ブリタでおうち時間を充実!ぐっち夫婦の絶品レシピも公開中

Photo by macsaroni

ブリタ特設ページでは、ブリタのお水でおいしいおうち時間が楽しめるコンテンツを公開しています。

人気フードインスタグラマーである"ぐっち夫婦"が考案する、ブリタの水を使った炊き込みご飯やリゾット、雑炊などブリタのお水で簡単に作れる絶品レシピも見られるので、ぜひチェックしてみてください。

商品情報

ブリタポット型浄水器「アルーナXL」
サイズ:幅24.5×奥行14.5×高さ25.4cm
付属品:マクストラプラスカートリッジ1個
浄水部容量:2.0L(全容量:3.5L)
本体重量(kg):0.602
交換目安:200リットルろ過(1日3.5リットル使用の場合2ヶ月)
食洗機使用可

▼ブリタポット型浄水器「アルーナXL」の詳しい情報はこちら
▼アンケートのご協力をお願いいたします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS