栄養が失われにくい「コールドプレス製法」など

摩擦熱が発生しない「コールドプレス製法」、しぼりたてのジュースを低温保存して詰めた「ストレートタイプ」、果肉や繊維を含んだ「あらごしタイプ」は、栄養素が失われにくい加工方法です。賞味期限が短く価格が割高ですが、栄養価を重視している人には、おすすめのにんじんジュースと言えます。

おすすめにんじんジュース6選

1. JAふらの「富良野にんじん100」

ITEM

JAふらの 富良野にんじん100

¥2,985

内容量:160g×30本 原材料:濃縮にんじん(北海道)、レモン カロリー:45kcal/1缶160gあたり

※2020年8月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

砂糖・塩・着色料が不使用だから安心して味わえる

使用しているのは、JAふらの管内で収穫したにんじんのみという、こだわりの詰まったにんじんジュースです。臭みやえぐみがないので、にんじんが苦手な人やお子様でも飲みやすいひと品。砂糖や塩、着色料なども入っていないので、安心して飲むことができるのもイチオシポイントです。

2. カゴメ「プレミアムキャロット」

ITEM

カゴメ プレミアムキャロット

¥4,148

内容量:160g×30本 原材料:濃縮にんじん、レモン カロリー:61kcal/1缶160gあたり

※2020年8月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

とろっとした食感と素材自体の味が楽しめる

こちらは、同量のにんじんと比べてβ-カロテンが1.2倍も含まれている、栄養価が高い商品です。β-カロテンは、生のにんじんから摂るよりも、ジュースからのほうが吸収率が高いと言われています。食塩・砂糖・香料は不使用なので、とろっとした食感や素材自体の味を楽しめるのが特徴です。(※3)

3. カゴメ「高β-カロテンにんじんジュース」

ITEM

カゴメ 高β-カロテンにんじんジュース

¥2,721

内容量:720ml×15本 原材料:濃縮にんじん、レモン カロリー:58kcal / 180mlあたり

※2020年8月31日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS