ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

シャリシャリ×とろ~りの贅沢ロールが誕生!

Photo by muccinpurin

2020年6月2日(火)、ローソンから「シャリトロール‐ブリュレロールケーキ‐」が発売されました。

シャリシャリ食感に仕上げたロール生地でブリュレクリームをやさしく包んだ、見た目にも豪華なロールケーキは、なんといっても “シャリ” と “トロ” というふたつの食感が味の決め手。普通のロールケーキと比べつつ、その味わいをレビューします!

SNSの反応は…

SNSでは「本当にシャリトロで予想を超えたおいしさだった…!」「ザラメのシャリシャリ感、長崎カステラっぽさがあってとてもいい!」と、発売間もないながらも高い評価を得ていました。

やはり、皆さんシャリシャリ食感に魅了されているようですね。

ローソン「シャリトロール‐ブリュレロールケーキ‐」

Photo by muccinpurin

「シャリトロール‐ブリュレロールケーキ‐」275円(税込)
すでにお気づきだと思いますが「シャリトロール」の名前は、 “シャリ” と “トロ” というふたつの相反する食感を合わせた造語です。「バスチー」や「カプケ」など、ここ最近のローソンは略したネーミングがブームのようですね。

蛍光カラーの派手なパッケージで、スイーツ売り場でかなり目立っていました。

Photo by muccinpurin

ブリュレクリームの部分がかなりやわらかいので、表面にフィルムを張ることで流れ出ないように工夫されています。小さいながらうれしい心遣いです。

ちなみに、プラスチックのトレーから皿に出して写真を撮影しようと試みましたが、ロール生地もブリュレクリームもかなりやわらかく、取り出すことを断念。それくらいふわふわのクリームということで、味は期待できそうです。

気になる味わいは…?

クリームとろっとろ!

Photo by muccinpurin

まずはブリュレクリームをひと口。ふわっふわのクリームは濃厚なコクがありつつも、しゅわっと口の中で溶けていくようなやわらかさです。生クリームとカスタードクリームを合わせたような、口当たりのいいクリームで、しっかりと “トロ” を表現していますね。

バニラの風味もしっかりと感じる、リッチなクリームです。

Photo by muccinpurin

次に、ロール生地とブリュレクリームを一緒にひと口。生地は卵をたっぷりと使った、カステラのような素朴な味わいです。はちみつのおかげで風味がいいうえにかなりきめが細かく、しっとりとふんわりを併せ持っていて口どけ抜群!

さらに、トップのカラメル部分のほろ苦い香ばしさが加わり、なんだかとても贅沢な味わいですね。カラメルは苦すぎないので、子どもでもおいしく食べられそうですよ。

ところで、シャリトロの “シャリ” の部分はどこなんだろう。トップのカラメルは、時間が経ってしっとりしていましたが……。

底までしっかりと味わって!

Photo by muccinpurin

クリームとロール生地をすくっているうちに、“シャリ” を発見!

ここは外せない部分なので、食べている途中の写真で失礼します。底部分に敷かれたザラメが “シャリ” の正体でした♪ シャリシャリ、ジャリジャリとした食感が、味と風味、食感のアクセントに。底の部分だけかき集めて食べたい気分です!

ザラメの甘さはすっきりとしているので、甘ったるさを感じることはありませんでした。ぜひ、スプーンで底の部分までしっかりと味わってくださいね♪

これはプレミアムロール越え…かも!?

Photo by muccinpurin

ローソンのロールケーキといえば、プレミアムロールが殿堂入り級の人気を誇ります。しかし、今回発売されたシャリトロールを食べてみて、ロールケーキの種類こそ違えど、新たなヒットの予感がしました。

ロールケーキとしては275円(税込)とややお高めな印象ですが、このリッチ感とシャリトロ食感を味わえるなら、そう高くはないかも!?
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
Photos:7枚
パッケージから出したローソンのシャリトロール‐ブリュレロールケーキ‐
ローソン シャリトロール‐ブリュレロールケーキ‐のパッケージ
表面のフィルムを手でめくる様子
ブリュレクリームをスプーンですくう様子
スプーンですくったローソンのシャリトロール
ザラメが敷かれたシャリトロールの底部分
スプーンですくったローソンのシャリトロール
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS