4. 限定白桃かき氷「船橋屋こよみ広尾本店」

東京メトロ日比谷線 広尾駅から徒歩約2分。「船橋屋こよみ 広尾本店」では、名物のくず餅やおしるこ、和洋をかけあわせたオリジナルスイーツを楽しむことができます。文豪・芥川龍之介も通ったという和菓子の老舗「船橋屋」の創業200年を記念してつくられたお店です。

1階では、持ち帰りの和菓子を販売。2階はカフェスペースになっており、木のぬくもり溢れる空間で絶品スイーツを堪能することができますよ♪

くず餅乳酸菌(R)入りかき氷 白桃

980円(税抜)
広尾本店でしか食べられないのが「くず餅乳酸菌(R)入りかき氷 白桃」です。ふんわりと削られた純氷に、自家製の白桃シロップをかけていただきます。白ワインにつけた白桃、白桃果汁、白桃のすりおろしが入ったシロップは、白桃の甘みがぎゅーっと凝縮された濃厚な味わい。果肉入りというのが嬉しいポイントです!

かき氷は夏季限定で販売されています。白桃以外にも「苺ミルク」や「宇治抹茶」など魅力的なメニューがそろっていますよ。
店舗情報

【世田谷区】絶品かき氷店2選

5. 濃厚なかぼちゃのかき氷「雪うさぎ」

東急田園都市線 桜新町駅 南口より徒歩10分。きれいな盛り付けとこだわりの自家製シロップのかき氷をいただけるのが「雪うさぎ」です。

「女性のお客さんに喜んでもらいたい」という気持ちから試行錯誤し生まれたかき氷は、どれもきれいな見た目でスプーンで崩すのがもったいないほど。見た目だけでなく味も抜群で、フルーツの産地にまでこだわったシロップが絶品です。

かき氷は1年を通して食べることができますが、夏は行列ができるほどの人気。店頭においてある予約リストに名前を記入して待ちましょう。その場を離れても大丈夫ですが、選択した入店時間から10分を経過してしまうとキャンセル扱いになってしまうので、注意してくださいね。

かぼちゃキャラメル

1,000円(税抜)
常に人気がある定番メニューが「かぼちゃキャラメル」です。丁寧に裏ごししたかぼちゃに牛乳と生クリームを加えて煮詰めたシロップは、かぼちゃの風味が口いっぱいに広がる濃厚な味わい。ほろ苦さを少し感じるキャラメルソースとの相性が抜群です!

また、「柑橘ヨーグルト~エスプーマ仕立て~」をはじめ、お店のかき氷の特徴でもあるエスプーマ(泡状のムース)仕立てのソースがかかったひと品もおすすめ。気になった方は、ぜひ足を運んでみてください。
店舗情報

6. おしるこのかき氷「和キッチン かんな」

東急田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩約12分。世田谷公園にほど近い「和Kitchen(キッチン)かんな」は、旬の素材や和の食材を用いた自家製ソースと天然氷のふわふわかき氷が自慢のお店です。

店内はガラス張りになっており、開放感たっぷり。席と席の間隔も広く、まったりとくつろぐことができます。「夏だけでなく、1年中食べたくなるかき氷を提供したい」という想いから作られる、至福のかき氷をぜひ。

かんなの氷しるこ

レギュラーサイズ 800円/ミニサイズ 600円(いずれも税込)
常連ファンにも人気なのが「かんなの氷しるこ」です。なめらかなこし餡のソースは、特製牛乳のやさしい甘みが特徴。少し効かせた塩がアクセントになっています。

ほかにも「ティラミス」、「キャラメル苺カスタード」、「濃厚紫いも牛乳」など魅力的なオリジナルメニューがずらり。季節の食材を使った期間限定のメニューもありますよ!
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ