【元町・中華街エリア】横浜でおすすめのレストラン3選

13. 地野菜と魚介をたっぷり「オイノス」

石川町駅から徒歩1分、元町・中華街駅から徒歩6分の場所にあるイタリアンレストラン「Oinos(オイノス)」。イタリアにあるおしゃれなお店のような雰囲気で、ゆったりとくつろげる空間です。店内にはテーブル席だけでなくカウンター席もあり、オープンキッチンを眺めながら食事や会話を楽しめます。

地野菜を贅沢に使用したパスタ「神奈川産地野菜たっぷりのペペロンチーノ」

1,080円(税込)
「オイノス」では、市場や漁港から直接買い付けた新鮮な食材を使用しています。「神奈川産地野菜たっぷりのペペロンチーノ」は、ランチはもちろんディナーでも人気のメニュー。地元神奈川県産の新鮮な野菜が贅沢に使用されており、ボリュームも満点です。

そのほかのメニュー

三崎港直送のホウボウやイサキなどの鮮魚を、好みの調理法で提供してくれるのが「オイノス」の魅力です。石窯グリルやソテー、フリットや煮込み料理などさまざまな調理法から選べます。イタリアンで長年修業してきたシェフが腕を振るう料理はどれも絶品です。
店舗情報

14. 開放的なおしゃれ空間「ベントベーラ」

日本大通り駅から徒歩4分、元町・中華街駅から徒歩4分の「KAAT神奈川芸術劇場」内に「VENT VELA(ベントベーラ)」はあります。天井高7mと開放的な店内は、船をモチーフとしたおしゃれな空間。昼は大きな窓から太陽の日差しが入り、あたたかくリラックスした時間を過ごせます。ソファー席やテラス席も用意されており、座席は全50席です。

魚介の旨みがたっぷり「鮮魚のアクアパッツァ」

1,190円(税抜)
「鮮魚のアクアパッツァ」が人気のメニュー。神奈川の市場から直接仕入れた魚介類が使用されており、素材の新鮮さにもこだわっています。魚はふっくらと炊きあがり、スープには魚介の旨みがギュッと凝縮され、まさに絶品。厳選されたワインとの相性も抜群です♪

そのほかのメニュー

ランチタイムに楽しめる「特製タリアータ丼」は、がっつりお肉を食べたいときにぴったりのメニュー。ボリューム満点のひと品ですが、さっぱりとした赤身肉なので女性の方でもペロっといただけます。サラダバーとパンビュッフェが付いて1,580円(税抜)とコスパもばっちりです♪
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS