ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

一度見たら忘れられないアンチョビ缶

Photo by akiyon

世界中のレストランで使われているという「スカーリアさんのアンチョビフィレ」。瓶詰めやチューブタイプがあるなか、缶詰タイプのパッケージがとびきりかわいいと大人気なんです!つい写真を撮ってSNSに投稿したくなってしまうほど、箱のイラストが印象的なんですよ。

評判を聞いてついパケ買いしてしまった筆者。しかしふと、「三ツ星レストランのシェフも愛用しているくらいだから、絶対おいしいはず!」と、その味わいにも期待がふくらんできました。さっそくみなさんに、どんな商品なのか詳しくレポートしたいと思います。

かわいいパッケージは缶タイプだけ!

Photo by akiyon

398円(税込)23g(総量45g)
すでに「スカーリアさんのアンチョビ缶」として名の通っている、アンチョビフィレの小さな缶詰。この缶詰タイプだけ、ユニークなウサギのイラストが描かれた箱に入って販売されています。

魅かれてしまうのはその色合い。ブルーの海や空と真っ赤な船のコントラストがきれいなんです。しかも、とても味わい深いタッチで描かれているんですよね。ウサギがシェフの格好をしているのも、黒猫が釣りのお手伝いをしているのも、なにもかもが愛らしいんです!

Photo by akiyon

中の缶は逆に驚くほどシンプルで、上部に賞味期限が刻印されているのみ。プルトップを引き上げて開けるタイプの、銀色の普通の缶詰です。缶を開けてみると、筆者が購入したものには長さ約10cmのアンチョビフィレが7枚、たっぷりのひまわり油に漬け込まれて入っていました。

素材はシチリア産のカタクチイワシ、ひまわり油、食塩の3種類だけと、シンプルな材料で作られています。獲れたてのカタクチイワシと純イタリア産のひまわり油を使って、丁寧に熟成された逸品です。

ふっくら肉厚!上質な油で臭みなし

Photo by akiyon

アンチョビフィレを取り出してみると、ふっくら肉厚!ひとつひとつの大きさがそろっていて、形もきれいです。上質な油を使っているためか、あまり生臭さを感じません。

そのまま食べてみるとしっかりとした塩気があり、濃厚な旨みが口に広がります。風味がとてもよくて、熟成されているのにフレッシュ感あり!

クセがあまりないので、アンチョビに苦手意識がある方にもおすすめしたくなりました。

アンチョビってどう使うの?おすすめアレンジ

アンチョビはとても塩気が効いているので、いろいろな食材と合わせて食べるのがおすすめ。いつもの料理に少し加えるだけで味わいのアクセントになり、劇的に旨みがアップしますよ♪

半熟卵にトッピング「アンチョビたまご」

Photo by akiyon

とても簡単なのに、アンチョビの味わいをじっくり堪能できる「アンチョビたまご」。半熟にゆでたたまごを半分にカットして、包丁で叩いたアンチョビフィレと黒コショウをトッピングします。

まったりとした味わいの黄身と、旨みのあるアンチョビがベストマッチ!ピリっとした黒コショウがアクセントになっています。お酒のおつまみに最適ですよ♪

相性抜群!「アンチョビキャベツ炒め」

Photo by akiyon

キャベツにアンチョビを加えて炒めるだけで、キャベツの甘みが引き出されてとてもおいしいおかずになります。缶に残っている油を使うと、さらに風味がアップしますよ。

そのまま食べるのもよし、パスタの具にするという王道の活用法もはずせません。ただの炒めものとあなどるなかれ!無限に食べられること間違いなしです。
Photos:8枚
開けたアンチョビ缶と外パッケージ
アンチョビの箱パッケージ
アンチョビ缶の中身
アンチョビフィレのアップ
アンチョビと黒コショウをのせた半熟卵4つ
アンチョビキャベツ炒め
アンチョビ缶を器にして作ったアヒージョ
アンチョビをのせたゆで卵4つとアンチョビのパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS