庫内の掃除方法

ついつい見落としがちな庫内にも、全面に油はねの汚れが付着します。汚れが付いた状態はニオイのもとになってしまうので、使うたび、庫内もきれいに拭き上げておくことで、お手入れがラクになりますよ。

必要な道具と材料

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

・重曹……小さじ2杯
・水……300cc
・ラップ……適量

掃除の手順

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

重曹と水を合わせてスプレーボトルに入れ、庫内全体に吹き付けます。濡らして硬く絞ったタオルで庫内全体を拭きましょう。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

落ちにくい汚れがあるときには、たっぷりと重曹水を吹き付けるか、ペースト状にした重曹を置いて貼り付けるようにラップを敷き、30分置くことで汚れが取れやすくなります。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

扉も同じように重曹水で汚れを拭き取ります。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

ガラスは水滴跡が残りやすいので、最後にキッチンペーパーでしっかりと水分を拭き取るようにしましょう。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

蓋の上部や取っ手もきれいにしておくと、気持ちよく使えますよ。

魚焼きグリルのニオイを取る方法

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

どんなに手入れをしていても、ニオイの元が消えないこともあります。そんなときは、茶葉やコーヒーの出がらしを使用しましょう。トレーの上にアルミホイルを敷き、出がらしをのせ、5分程度グリルします。出がらしがない場合は、大さじ2杯程度の茶葉やコーヒーをのせ、同量の水を振りかけて使用しましょう。

魚焼きグリルの汚れを防ぐ使い方

焼き網

Photo by オリーブオイルソムリエ /MARI

魚を焼く前に、キッチンペーパーなどで焼き網に油を薄く塗ります。このままのせて焼くと焦げ付きやすいので、一度5分程度、しっかりと焼き網を熱した状態で魚をのせて焼き上げます。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

こうすることで、焼き上がったあとに魚と網がくっつきにくくなりますよ。

受け皿

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

トレーに片栗粉でといた水を入れます。トレーやグリルの形状によって分量が異なりますが、水50ccに対して片栗粉大さじ1杯が使いやすい分量の目安です。この分量を覚えておくと、便利ですよ。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

トレー全体に行き渡るように、水で溶いた片栗粉を流し入れます。

Photo by オリーブオイルソムリエ/MARI

使い終わったあとは、しっかりと冷ますことで汚れを吸着した片栗粉がかたまります。

※写真は、粗熱が残った状態なのでかたまりきっていません。しっかりと冷ますとお箸でするっと取れる硬さになります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS