ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

マルチな保存容器「stasher(スタッシャー)」とは

Photo by akiharahetta

1,500円(税別)
「stasher(スタッシャー)」は100%天然の素材で作られたマルチ保存容器。環境に配慮した、安全で繰り返し使える特許取得のプラスチック代替品です。

生まれたのは、環境や健康への意識が高いことで知られるカリフォルニア州。かわいく楽しく機能的なうえ、使い捨てではなく繰り返し使える容器として、今、大注目の製品なんです。

スタッシャーのココがすごい!

環境や人にやさしいプラチナシリコーン製

Photo by akiharahetta

「スタッシャー」の原料は食品用品質として認められている100%ピュアプラチナシリコーン。プラスチック製品とはまったくの別物なんです。

プラスチック製品は、熱した際にBPA(ビスフェノールA)などの危険な化学物質が溶け出し、ガスが発生します。この問題を解決してくれるのが「スタッシャー」なんですね。

特許技術のピンチロックシステム

Photo by akiharahetta

画期的な特許技術のピンチロックシステムが採用されており、食材の栄養素や旨味を閉じ込めて、鮮度を保ちます。液体も漏れることなくしっかり密封できるんですよ。食材を入れたら、中の空気を抜きながらしっかり閉じます。

ただし、厚みのある素材で口が大きく開けにくいので、無理に広げて壊してしまわないよう注意しましょう。

幅広い温度に対応

Photo by akiharahetta

「スタッシャー」の耐熱温度は250℃耐冷温度は-18℃です。とても広い温度に対応しています。つまり、冷凍できるし、調理もできるんですね。

また、水性マーカーでラベル書きをすることが可能。日付を書き込んでおけばひと目でわかり、冷凍庫のストックに便利ですよね。

スタッシャーの使い方1「保存する」

冷蔵保存

Photo by akiharahetta

「スタッシャー」で保存できる食材はじつにさまざまで、フルーツ・野菜・肉はもちろん、汁物も保存可能です。

洗った野菜は乾燥を防いでシャキシャキ感を保てますし、カットしたアボカドなら変色を防いでくれます。また、パセリやカットレモンなどの保存にも重宝しそうです。

冷凍保存

Photo by akiharahetta

家庭用冷蔵庫の冷凍室の温度は、JIS規格により-18℃と決められています。「スタッシャー」の耐冷温度は-18℃で、冷凍庫の温度に合わせて開発したのでしょう。チルドルームでの使用ももちろん可能ですよ。

液体を漏らさず冷凍できるので、アイスクリームやシャーベット作りにも便利です。「スタッシャー」ごと手でモミモミすれば、道具も少なくて済みますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS