ライター : 青木貴子

管理栄養士

フードスペシャリスト・全米YOGAアライアンスRYT200時間修了。短期大学にて栄養士の資格を取得。卒業後、4年制大学に編入し、食に関する知識を深めました。その後、保育園の栄養士とし…もっとみる

この記事を執筆したひと

管理栄養士 / kabataka
保育園の栄養士としてレシピ・献立の作成、調理、栄養相談などの仕事をしながら、フリーの管理栄養士としても活動中。仕事をしていく中で、離乳食、子どもの食事に関することをはじめ、食、健康にまつわる知識をさらに深めています。

とうもろこしは炭水化物が多い食べ物?

炭水化物量とは、食材に含まれる食物繊維と糖質の総量を指しています。
糖質量は炭水化物から食物繊維の量を引いた量になります。

生のとうもろこし1本(400g)の炭水化物量

生のとうもろこし1本(400g)の炭水化物量は67.2gです。

ほかの食材と炭水化物量を比べてみましょう。
・米……77.6g
・じゃがいも……17.6g
※すべて100gあたりで算出

とうもろこし100gあたりの炭水化物量は16.8gなので、じゃがいもの炭水化物量と大差はありません。米と比較すると、とうもろこしのほうが低いことが分かります。(※1,2,3)

コーン缶詰1本(150g)あたりの炭水化物量

コーン缶詰1本(150g)の炭水化物量は26.7gです。

ほかの缶詰1本分の炭水化物量と比較してみると、
・大豆水煮缶詰(140g)……10.8g
・ホールトマト缶詰(400g)……17.6g

ほかの缶詰と比べて、コーン缶詰は炭水化物量が多いことがわかりますね。(※1,4)

とうもろこしのカロリーと糖質量

生のとうもろこし1本(400g)のカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)……368kcal
糖質量……55.2g
※とうもろこし1本(400g)で算出

ほかの食材と比べてみると

炭水化物が多く含まれている、ほかの食材と比較してみると

・米
エネルギー量(カロリー)……358kcal
糖質量……77.1g

・じゃがいも
エネルギー量(カロリー)……76kcal
糖質量……16.3g
※すべて100gあたりで算出

とうもろこしのエネルギー量は100gあたりで92kcalで、じゃがいもより高いですが、米と比較するととても低いことが分かります。また、糖質量は100gあたり13.8gと意外にも低く、米やじゃがいもと比べて糖質が低い野菜なんですよ。(※1,2,3)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS