キムチのカロリーについて詳しく知ってる?ダイエット中に食べるポイントも

ピリ辛味でごはんが進んでしまうキムチ。そのカロリー、意識していますか?野菜の漬物だからと油断せずに、キムチの栄養やカロリーについて詳しくチェックしておきましょう。ダイエット中に食べるポイントも管理栄養士がご紹介します。

2020年1月24日 更新

この記事を執筆したひと

管理栄養士 / 渡辺りほ
学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学にもとづいたダイエット方法や食材の知識について発信中。

キムチのカロリーは高い?低い?

そもそもキムチとは、韓国風の味付けがされた白菜の漬物のこと。白菜は100gあたり14kcalと低カロリーな野菜ですが、キムチのカロリーは100gあたり46kcalです。また、白菜の塩漬けのカロリーは100gあたり16kcalなので、白菜の漬物のなかではキムチのカロリーは高めだといえます。(※1) キムチのカロリーが高くなるのは、味付けに使われる砂糖が原因です。砂糖を使わずにキムチを手作りすれば、カロリーをおさえることも可能ですよ。

キムチのカロリーと糖質量

キムチ1パック(200g)のカロリーと糖質量

Photo by macaroni

エネルギー量……92kcal 糖質量……10.4g(※1)

キムチ1皿分(40g)のカロリーと糖質量

Photo by macaroni

エネルギー量……18kcal 糖質量……2.1g(※1)

キムチの栄養や効果はなにがある?

代謝をサポートする「ビタミンB群」

キムチの発酵過程ではビタミンB群が作られます。そのため、キムチにはビタミンB2やビタミンB6、ナイアシンなどが生の白菜よりも多く含まれていますよ。(※1,2) とくにキムチに多く含まれるのは、ビタミンB2です。その含有量は生の白菜、同量の100gと比較すると約4.7倍。ビタミンB2は補酵素としてエネルギー代謝をサポートするほか、皮膚の健康維持に役立ちますよ。(※1,3)
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS