洋食の高級食材といえば

白トリュフ

黒トリュフだけでも高級なのですが、特に貴重とされているのが白トリュフです。「世界三大珍味」のひとつとされ、世界一のキノコといわれています。黒トリュフと白トリュフは味や香り、食感も違います。ただ、どちらも最大の特徴は香りです。 新鮮な土の匂いや森の中の匂い、加熱しないと食べれないのが黒トリュフ。採れる量が少なく、生でも食べることができ、濃厚で上品な香り、恍惚で芳香な香り、スパイシーな香りと、人によって香りの感じ方が異なるのが白トリュフです。

キャビア

世界三大珍味のひとつ、キャビア。チョウザメの卵を塩漬けしたものです。見た目は黒い粒々、魚卵なのですがねっとりしていて濃厚な味がします。 キャビアにもいろんな種類があります。基本的には黒いのですが、色が薄くなるほど高級になります。ベルーガ、オセトラ、セヴルーガなどが超高級とされています。 稀に黄金色のキャビアが採れることがあるそうです。黄金色は高級を通りこし究極のキャビア。もちろんお値段も究極です。

フォアグラ

トリュフ、キャビアと続き、世界三大珍味の最後にご紹介するのがフォアグラです。こちらも高級食材として有名ですよね。結婚式などで食べることが多いと思うのですが、高級食材のため量も多くなく、結局、味が分からないって人もいるのでは。 フォアグラは、お肉ではありません。アヒルやガチョウの肝臓になるので、焼肉に例えるとホルモンに分類されます。こってり好きさんにはたまらない濃厚さ。あん肝をもっともっと濃厚にしたような独特の味わいです。

マンガリッツァ豚

もこもこの巻き毛に包まれたかわいらしいマンガリッツァ豚。流通することも稀なマンガリッツァ豚は、ハンガリーで国宝に認定されている「食べられる国宝」です。 マンガリッツァ豚は、脂肪率世界No.1の豚でもあり上質な脂身がとれ、その脂肪に包まれた肉は、赤く濃厚な味わい。現在、ミシュラン星つきレストランかハンガリー国内でしか食べることができません。 国宝を食べていいの?と思うのですが、食べる人がいるからこそ、飼育が可能な頭数が保たれているとこのことです。

ロバのチーズ

ロバのチーズは世界一高く、味も別格。「ドンキーチーズ」と呼ばれセルビア共和国でも特産品になっています。セルビアのなかでも一部の地域で年に一度、秋しか作ることができない希少価値の高いチーズです。 チーズにしてはお値段も超絶!1kgあたり10万円越えもあるとのことです。そんな価格帯でもアラブやイギリス、シンガポールの富裕層が好んで購入しているんだそうですよ。
Photos:1枚
薄い茶色の花柄模様が入った白くて丸いお皿に盛られたフォアグラのソテー
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ