フッ素樹脂加工

フッ素樹脂加工のフライパンは、フッ素樹脂を使ってフライパン表面を加工したものです。フッ素樹脂加工もテフロン加工も同じ素材と加工方法なので、大きな違いはありません。強いて言えば、フッ素樹脂加工のほうが安価で、コーティングの剥げが早いと言われています。

テフロン加工

アメリカのデュポン社が発見し、商標登録をしたフッ素樹脂のひとつ。テフロン加工のフライパンは表面はつるつるとしており、食材がこびりつきにくいのが特徴です。ただし、ほかのコーティングに比べて熱に弱いので、高温調理や空焚きには注意が必要なコーティングです。

ダイヤモンドコート

ダイヤモンドコートは、フッ素樹脂に人口ダイヤモンドの粉を混ぜた加工のことをいいます。硬いダイヤモンドの粒子がフッ素樹脂に混ざることで、コーティングが剥げにくくなっているのが特徴です。油をひかなくても焦げ付きにくいので、ヘルシーなお料理の調理に向いています。

マーブルコート

ダイヤモンドコートと同じ加工方法で、フッ素樹脂に大理石の粉を混ぜて作ります。ダイヤモンドに負けずとも劣らない硬い粒子の大理石がコーティングされているので、こちらも剥がれにくく、磨耗に強いのが特徴です。

チタンコート

コーティングの中で一番強いとされている、チタンコート加工。こちらもフッ素樹脂にチタンを混ぜて加工したものです。チタンは酸や塩分にも強いので、サビづらく耐食性にすぐれているのが特長です。

セラミックコート

表面がつるっとして硬い、コケつきにくいことで評判のセラミックコート。フライパンの表面にセラミックが塗られたもので、耐熱温度は400度以上とも言われています。 また、白や青、赤などカラフルでおしゃれなものが多く、フライパンのデザインにもこだわる人に人気が高いコーティングです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS