こんな人におすすめ

どんな調理方法にも対応できるステンレス素材のフライパンは、フライパンをたくさん持ちたくない人におすすめ!炒め物や焼き物、煮物だけに止まらず、揚げ物や蒸し物もできちゃうので、ひとつ持っているととても便利です。

鉄は硬くて丈夫。傷がつきにくく、焦げがついても取り除くことができるので、長く愛用することができる素材です。強火での調理にも向いており、炒める、焼く、揚げるなどの調理に適しています。 ただし、使う前の下準備や使用後の空焚きなど、お手入れを面倒に感じる人も多い素材です。また、重さがあるので、購入するときはフライパンの大きさについても配慮したほうがいいでしょう。

こんな人におすすめ

熱伝導性にすぐれ、ムラなく温められる鉄素材。高温に強いので、おうちで中華料理や揚げ物をよくするという人におすすめの素材です。

銅性のフライパンは、熱伝導率がよく温度調整が簡単にできることから、プロの料理人からの支持が厚いのが特徴です。また、錆びにくく、たとえ焦げたり汚れたりしても、やわらかいスポンジでふき取るだけでお手入れできます。 しかし、鉄と同じくらいの重さがあるので、長時間片手で扱うことや、腕力に自信がない人には少し扱いにくい素材かもしれません。

こんな人におすすめ

プロからの評判もいい銅素材のフライパン。金属に比べて熱伝導率がよくムラも生まないので、ステーキや煮込み料理など、素早くじっくりと熱を通すようなお料理をしたい人に便利な素材です。

もっと詳しく!コーティングについて学ぼう

コーティングなし

コーティングなしのフライパンとは、鉄や銅の素材のフライパンのことを指します。素材の特徴でもご紹介した通り、強い火力で調理できたり、お手入れをすれば、長く愛用できます。 難点としては、使う前と後のお手入れや油をしっかりと引いてから調理しなければならないなど、コーティングありと比べると多少手間がかかることが挙げられます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS