アグー豚、石垣牛、沖縄料理などが勢揃い!沖縄旅行をもっとおもしろくするレストラン4選

夏の旅行先として圧倒的な人気を誇る「沖縄」。今回は、沖縄旅行の際にぜひ訪れたい沖縄旅行をもっとおもしろくするレストランをご紹介します。エメラルドグリーンの海に青い空、そしてまったりと流れる"ウチナータイム"に身を委ねれば、日頃の悩みなんてちっぽけなものに。

2019年8月30日 更新
この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。

あなたの「沖縄旅行」をもっとおもしろくするレストラン4選

夏の旅行先として圧倒的な人気を誇る「沖縄」。エメラルドグリーンの海に青い空、そしてまったりと流れる”ウチナータイム”に身を委ねれば、日頃の悩みなんてちっぽけなものに。

そんな旅行の思い出としても忘れてはならないのが「食」だろう。旅先での食事は、楽しい思い出の一つとして記憶に残る。
沖縄の食は全国的に親しまれている。ソーキそばやゴーヤチャンプルーなどがその代表格だ。となれば、せっかくの沖縄、現地ならではの食材と非日常感を味わうことに重きを置いてみてはいかがだろう。
今回は、そんなときにおすすめな店をご紹介。那覇もあれば石垣島もあるので、ぜひ旅先に応じて参考にしてほしい。

【那覇】幻の豚「アグー」を存分に堪能、『アグーしゃぶしゃぶみるく』

沖縄でしか味わえない幻の豚「アグー」。その優れた肉質と甘い脂は一度食べたら忘れられないほど。
そんなアグー豚を心ゆくまで堪能できると人気なのが、国際通りからほど近くにある『アグーしゃぶしゃぶみるく』だ。
落ちつきのある店内は、テーブルから個室、カウンターまでの55席を揃える。そもそも同店が希少なアグー豚を安定して取り扱うことができるのは、まだ取扱店が少ない頃から専門店として営業しており、生産者との信頼関係が築けているからである。
おすすめは、しゃぶしゃぶに沖縄料理の小鉢がついた「特選アグーしゃぶしゃぶ琉球セット」(写真上)。花びらのように華麗な姿で運ばれてくると、期待感もより高まる。
まずは自家製秘伝のだしにつけて食べ、アグー豚本来のやわらかい肉質や圧倒的なうまみ、口どけを堪能しよう。
そしてその後、コショウの効いた溶き卵に絡ませて食べるのが『みるく』流。濃厚な卵が肉に絡むことで生まれるうまみの掛け算に感動すること必至だ。

セットの料理は、自家製の島豆腐やラフテーなど。沖縄らしく泡盛と合わせて美味に浸ろう。
至高のひとときは、旅の忘れられない思い出になるに違いない。

店舗情報

住所:沖縄県那覇市松山1-33-2 ハマシンビル1F
電話番号:050-3476-4004(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間:
月・水~日
ディナー 17:00~23:00 (L.O.22:00)
定休日:火曜日
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/f401301/
上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

【石垣島】石垣牛といえばここ! 圧倒的な人気を誇るステーキハウス『パポイヤ』

きれいな海や豊かな自然が魅力の石垣島は、近年LCC(格安航空会社)の乗り入れなどによって、年々観光客が増加している。
そんな石垣島は豊富なグルメも大きな魅力で、その代表は石垣牛である。良質な脂と上品なうまみを堪能できる黒毛和牛だ。
島の中心街で石垣牛を扱う店は増えているが、「外したくない…」という方におすすめなのが、地元でも圧倒的な人気を誇る『パポイヤ』である。
店内に座席は48席あり、一組最大20名まで入れるが、とにかく人気が高いのであらかじめ予約はしておきたいところ。
そんな同店の1番人気は「特選石垣牛のサーロインステーキとテンダーロインステーキのハーフ&ハーフ」(写真上)。
なんと、サーロインとテンダーロイン、別々のメニューを一皿で食べたいという声に応えて誕生した裏メニューである。
まずは何もつけずに肉本来のうまみを味わったら、添えられている「山わさびのソース」「長ネギのソース」を付けて味変を楽しもう。

店からは、天気が良ければエメラルドブルーの海に浮かぶ美しい離島も眺められるという。せっかくの夏休み、素晴らしい絶景とおいしい石垣牛という贅沢なひとときを過ごしてみては。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

dressing

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう