ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

コスパ抜群の中華料理店「餃子の王将」

餃子の王将の歴史は50年ほど前に、京都の四条大宮で1号店を開業したのがはじまりです。いまでは日本全国に直営店が500店以上、フランチャイズ店が200店以上ある一大チェーン店となり、大阪と兵庫、京都に東京の順に店舗数が多くあります。 外食チェーン店によくありがちな、工場で作ったものを再加熱する調理法ではなく、お店ごとに臨場感あるオープンキッチンで、手作りするスタイルが人気の秘密。昨今の人手不足により、手包みしていた餃子を工場で作るようになったのは仕方のないところですね。

「餃子の王将」と大阪王将は別会社!

一般的に王将と呼ばれることがほとんどで、両店を混同している人も多いようですが、餃子の王将と大阪王将はまったく別の企業が運営しています。創業者の親族が大阪で開業した、大阪に本社を置くお店が大阪王将です。 本記事の「餃子の王将」は京都市山科区に本社を置く中華料理店であることから、大阪王将に対して「京都王将」とも呼ばれています。

安心安全!餃子の王将のこだわりとは?

すでに紹介したオープンキッチンでの手作り調理だけでなく、餃子の王将には料理に対して多くのこだわりがあります。なかでも一番の看板メニューである餃子は、小麦粉が北海道産、ニンニクは青森産と、すべての材料に国産食材を使用。 ほかの商品もほとんどが国産食材で、徹底した品質管理で冷凍保存などせずに、安心・安全を追求するこだわりようです。また店舗ごとにある程度の裁量が認められていて、独自のメニューやサービスなどが来店客に評判となっています。

餃子の王将でおすすめの人気メニュー

1. 創業からの看板メニュー「餃子」

1人前6個入り 240円(税抜)お持ち帰り可
店名に冠しているだけあって、餃子が当店でダントツの一番人気メニューです。豚ひき肉と野菜たっぷりの餡がつまった焼餃子は、パリッとした皮の食感とニンニク香るジューシーなおいしさが評判。匂いが気になる人には、ニンニクが入っていない餃子をおすすめします。

2. あっさり味が評判「醤油ラーメン」

480円(税抜)
塩や味噌などのいろんな種類のラーメンがありますが、そのなかで一番カロリーが低いのがこの醤油ラーメンです。北海道産小麦粉100%の麺は、醤油味のあっさりしたスープと相性抜群♪どんな料理とも合いますし、具だくさんな内容とお手頃な価格でも人気があります。

3. 中華料理では外せない!「炒飯」

450円(税抜)お持ち帰り可
中華では定番中の定番料理で、当店でもご飯物では一番人気の商品です。強い火力でパラパラに炒められた炒飯には、チャーシューと玉子、刻みねぎも入っていて、家庭とはひと味もふた味も違うプロの味わい。中華の鉄板メニューとして、常に幅広い支持を集めています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS