ダイエット中は注意?オレンジジュースのカロリーと選び方

今回は、オレンジジュースのカロリーを紹介します。老若男女を問わず飲みやすくて人気の定番ジュースですが、ダイエット中であればカロリーが気になる人もいるハズ。今回は選び方のポイントや、おすすめのおいしいオレンジジュースについても紹介しますね。

2019年7月31日 更新

オレンジジュースのカロリーと栄養素

ペットボトルや缶、紙パックなど、さまざまな容器で販売されているオレンジジュース。ストレートや濃縮還元タイプなど、いくつか種類があり、似ているようで違いがあるのが特徴のひとつです。製法の違いについては後でご紹介しますね。

気になるストレートタイプのオレンジジュースのカロリーは、100mlあたりで42kcalです。含まれる栄養素は、ビタミンC・ビタミンA・カリウム・炭水化物・リン・葉酸など。ビタミンCは美白&美肌やストレスをやわらげる働きがあるので、積極的に摂りたい栄養素です。(※1)

製法による違い

オレンジジュースと呼ぶものは、JAS法で果汁100%のみに表示できるという決まりがあります。果汁100%のみのオレンジジュースの製造方法は、ストレートと濃縮還元の2種類です。

ストレートを製造する際におこなうのは殺菌処理のみで、濃縮などの加工は施されていません。メリットは果実本来の香りを維持できることです。

一方の濃縮還元は果汁から水分を取り除き濃縮してつくられています。安価で購入できますが、香りがとぶ可能性もあるようです。

オレンジジュースは果糖に注意

皆さんのなかでも糖質制限ダイエットに取り組んでいる人もいるのでは?糖質とは食物繊維とあわせて炭水化物と呼ばれるものです。ストレートタイプのオレンジジュースに含まれる炭水化物の量は、100mlあたりで11g。

糖質を摂取し過ぎると生活習慣病の原因になったり、肥満を招いたりする原因になると考えられています。とくに砂糖類を加えたオレンジジュースは飲み過ぎに注意が必要です。

低カロリー順!おすすめオレンジジュース7選

1. 【28kcal】「テルヴィス 有機ブラッドオレンジジュース」

シチリア産の有機ブラッドオレンジのみを使用した、100%ストレートタイプのオレンジジュースです。濃縮還元されていないので、おいしさがまったく違います。有機認定工場で充填されており、有機JASマークがついているのも特徴のひとつです。(※2)

2. 【43kcal】「アサヒ バヤリース オレンジ」

保存料・着色料・人工甘味料不使用でつくられた、アサヒのバヤリースオレンジジュースです。60年以上もの果実の探求から誕生したジュースで、果実本来のおいしさが楽しめるといいます。とくに夏の暑い時期にサッパリと飲めるのが魅力です。(※3)

3. 【44kcal】「メグミルク Doleオレンジジュース100%」

果汁100%のメグミルクのDoleオレンジジュースです。酸味が少なめでマイルドなおいしさが特徴のひとつ。200mlと手に取り飲みやすいので、小さなお子さんにもおすすめです。仕事の休憩時間や家事の合間に、飲んでくつろぐのもあり!(※4)
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motomoto

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう