ライター : saki_rin0705xx

食べることが好きな20代女子

薬膳料理とは?

薬膳料理とは中医学の理論に基づいて食材、中薬を組み合わせた料理です。栄養、色、香り、効果、味、形などすべてがそろった食養生の方法です。 「膳」という言葉に料理の意味が含まれています。季節や体質、体調に合った食材を組み合わせた料理のことでもあります。 体質や体調に応じた食材を組み合わせた料理を食べることにより自然治癒力を高める効果があります。

【東京駅周辺】東京で薬膳料理が楽しめるお店3選

1. おいしい薬膳カレーが食べられるお店「クレセントカフェ」

JR総武線新日本橋駅4番出口より徒歩1分。総席数28席。店内はほっと落ち着くアットホームな雰囲気です。見晴らしがよく開放感があります。会社の部署内の懇親会や仲間内の飲み会などで部分的に貸し切りもできますよ。

日本橋薬膳スープカレー

薬膳スープカレーはパプリカ、たまご、ヤングコーンに骨付きの鶏肉がどんとのっています。鶏肉はほろほろとしているのでスープで簡単に身が崩れます。スパイスが香る漢方風味の味です。食べると身体がぽかぽかしてきますよ。

店舗情報

2. 一度食べるとやみつきになる薬膳カレーが人気「紅花 別館」

地下鉄日本橋駅より徒歩2分。総席数98席。昭和12年創業の一軒家レストラン。2フロアの構成となっており、1階は鉄板焼き、2階は西洋料理です。店内は赤いテーブルクロス、白い椅子でレトロで落ち着いた雰囲気です。

ココットカレー

1,500円(税抜)
ココットカレーはスリランカ産の30種類のスパイスを使用したチキンカレー、ライス、グリーンサラダ、薬味がついています。別名やみつきカレーともいわれています。食べると口の中にスパイスの香りが広がります。食べた後も胃もたれせずにすっきりします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS